アジが大量にあるときに挑戦してみたい料理レシピ!節約にもなる?

   

 
169 アジが大量にあるときに挑戦したくなる料理レシピ!Top
 
アジは1年中捕れますが、暖かくなる頃が一番美味しくなる旬の時期です。そして定番料理といえば、刺身や開きの塩焼きやアジフライですが、それでは物足りないという場合もあります。沢山のアジを消費しますが、ちょっと手を加えたアジの伝統料理を紹介します。
 
 

スポンサードリンク


アジのなめろうレシピ!作り方は?

「なめろう」という料理は、ネギトロのマグロのように包丁で叩いて細かくします。
更に叩き続けて粘り気が出てきたら完成!という料理のことです。
 

◇どこの郷土料理?

主に房総半島、千葉県周辺の郷土料理となります。
九十九里ではイワシ、銚子ではサンマ、南房総では、マサバやイサキ、富津ではバカガイ、外房ではサザエやアワビなど、その土地で捕れる海産物を叩いて作るんですよ。
 

◇なぜなめろうと呼ばれる?

あまりにも美味しくて皿まで”なめる”ほど、だから「なめろう」になったといわれています。
 
やや好みが分かれるようで、「それほどでも・・・」という意見と、「激ウマ!」という意見に分かれています。こればかりは個人の好みなので、食べてみて判断してくださいね。先ずは食べるところから・・・・。
 

◇作り方

※材料: アジ、長ネギ、しょうが、しその葉、味噌

1、下ごしらえを済ませる(鱗をとる、三枚におろす、ワタを抜く)
 
2、三枚に下ろしたら、「腹骨部分をとりのぞく」「皮を剥く」
 
3、アジ、しょうが、しその葉、ネギをみじん切り
 
4、アジと野菜を一緒に包丁叩き、味噌を加える
 
5、粘りが出るくらいまで叩いて、盛り付けたら完成!
 
※味噌味とアジのうまみで食べるのでタレはなし
 
※味噌はスプーン小1~大1の間くらいの量、基本的にはお好みで
 
 


アジのさんが焼きレシピ!作り方は?

「さんが焼き」という料理は、なめろうを焼いた料理のことです。
 

◇さんがの始まり

千葉の海女がアワビを捕ったあと、その殻に魚を詰めて浜の焚火で焼いたのが始まりで、アワビの殻で焼くと味が出て美味しいくなるからなんですよ。
 

◇作るときのコツは?

アジなど青魚を詰めるときは、薬味や野菜を多く入れるとクセが抑えられます。イサキのように淡白な魚のときは、薬味が少なくすること。
 

◇作り方

※材料:なめろう、小麦粉、卵、しその葉(なめろうとは別)、油(焼くとき)

1、「なめろう+ 小麦粉(つなぎ)+ 卵」を混ぜる
 
2、ハンバーグのように作る。
 
3、フライパンに油をしいて両面を焼く青じそで挟んで焼くといいいですよ!
 
4、蓋をして中まで火が通り、焦げ目がついたら完成!
 
※味噌味がついているのでタレはなし。別途タレをかけてもOK!
 
 
 

スポンサードリンク

アジでさつま揚げのシンプルな作り方?

さつま揚げを作るなら、代表的な原料はタラやハモなどですが、他にも白身魚を使います。
でもちょっとアレンジして「アジ」で作る「さつま揚げ」を紹介します。
 

◇作り方

※材料:アジ、ごぼう、ニンジン、卵、味噌、油(揚げ用)

1、下ごしらえを済ませる(うろこをとる、三枚におろす、ワタを抜く)
 
2、三枚に下ろしたら、「腹骨部分をとりのぞく」
 
3、アジを細かく切って、滑らかになるまでフードプロセッサーにかける
 
4、千切りのニンジン、ごぼう(ささがきでもOK)、卵、みそを合わせ混ぜる
 
5、お好みの形と大きさにして、油で揚げて完成!
 
※味噌はスプーン小1~大1の間くらいの量、基本的にはお好みで
 
※ニンジンとごぼうの分量は、魚の1/4~1/3くらい以内に収めるといいですよ
 
 


おまけでアジの骨せんべい?の作り方は?

三枚におろしたら、中骨が残りますよね。頭は仕方ないので焼いて食べるか捨てるか、出汁として使ったあと捨ててください。
 
この「中骨料理」に「アジの骨せんべい」という料理があるんです。
魚も肉も「一番おいしい部分は骨の周り」といわれているので、捨てるなんて勿体ない!
 

◇作り方

※材料:アジの中骨(尻尾付きでOK)、しょうゆ、油(揚げ用)

1、中骨についている背びれを切りとる
 
2、血合い部分をよく洗って、しょうゆに浸ける 約30分
 
3、水分をとって、風通しの良い場所で陰干し 約1時間
 
4、油で揚げて完成!
 
※油で揚げたくない人は、お魚焼きグリルの中火で焼いてもOK!
 
※尻尾が焦げないように要注意!
 
※味付けはお好みでアレンジしてみてください。実はそれが一番楽しいかも・・・・。
 
 


最後に・・・

春になる少し前頃からアジがお店に出回るようになります。地域によってその時期が異なるので、”いつ”と限定できないのが残念・・・。
 
それでは、春頃~初夏にかけて、旬のアジを色々料理して楽しんでくださいね。
 
 
参考:旬の地魚料理づくし
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 料理

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。