さわらのちょっと工夫した料理と定番料理は?旬の季節はいつ?

   

 
171 さわらのちょっと工夫した料理と定番料理は?Top
 
 
冬~春のサワラは、寒鰆と呼ばれて一年で一番美味しくなる時期ですが、そんな旬にどうやって食べようか悩みませんか?
有名な料理なら、西京焼きや塩焼きが挙がりますが、他にも食べ方は色々あります。そこで、どんなサワラ料理があるのか紹介しますね。
 
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

さわらの旬の季節の定番料理は?

サワラ料理を紹介する前に、どんな魚か紹介しますね。
 

◇サワラとは?

サワラの字は、魚辺に春が合わさって「鰆」と書きます。つまり春が旬の魚となります。
でも捕れる場所によって、旬の時期が変わり、夏、産卵前の春、冬と、様々な季節がしゅんと呼ばれているんですよ。
その中でも、冬にとれる寒鰆は絶品といわれているし、産卵前が美味しいのはどんな魚でもお決まりのこと。
因みに、サバ科の一種で、学名はSkombros homorosで、サバに似ているという意味なんですよ。
 

◇どこで捕れる魚?

ほぼ日本全国の北海道から九州で捕れますが、瀬戸内海、長崎付近、北陸で多く水揚げされているんです。お買い物をするとき、ちょっと産地を確認してみてはいかがでしょうか?勿論、他の漁港で水揚げされたサワラだって新鮮であれば美味しいですよ。
 
サワラについて詳しくは「サワラ鰆という春を告げる魚の名前の由来と語源」を参照してください。
 

◇サワラの定番料理

171 西京焼き
 
定番中の定番の3種類の料理方法があります。
1、塩焼き・・・魚料理の基本!塩で食べるのが一番おいしい魚です。
2、西京焼き・・・西京味噌に浸けた後、焼き上げれば完成!
3、刺身・・・意外かもしれませんが、新鮮なサワラは刺身が美味しいんですよ。
 
 

さわらのあらを使った鍋!

171 あら鍋
  
刺身や塩焼きは確かに美味しいですよ。でもいつもそんなに新鮮なサワラが手に入るとは限りません。
また、刺身にするために3枚におろした後の残った中骨や、塩焼きで食べ終わった後の骨や頭を使ってもうひと料理できるんです。
 

◇サワラの味噌鍋

※材料
サワラ
サワラのアラ
水菜
白菜
長ネギ
生シイタケ
えのきだけ
山芋
 
昆布
みそ
 


作り方

1、魚の下ごしらえ
・3枚にさばいて、頭、中骨を鍋に入るサイズに適当に切る
 
2、野菜の下ごしらえ
・野菜をざく切りに、椎茸は石突をおとす
 
3、ワタも利用!
もし1本買ってきてワタ入りなら、捨てずに利用するといいですよ。
ちょっと手間が掛かりますが、何度か経験すればどうってことありません。
・「胃袋と腸」を縦に切って、中を水でよく洗う。
・「ぶつ切り」に切り分ける
 
4、出汁をとる
・鍋に水をと昆布を入れる
  
5、具材を入れる
・沸騰前に昆布をだす
・具材を鍋に入れる
 
6、味付けをして完成
・みそを溶きながら入れる。分量はお好みでどうぞ
 
※山芋はそのまま切って入れても構いませんが、コツはおろしして鍋に加えると独特の風味が出ます。


 
 

スポンサードリンク

さわらを使ったレシピの炊き込みご飯!

171 炊き込みご飯
 
サワラの身を焼いたり、刺身にしたり、たたき(表面を焼く)にしたりしますが、「あらに残った身」「皮をはいだときに残った身」「身そのもの」などをご飯に入れて炊くだけ!
 

◇サワラの炊き込みご飯の作り方

※材料 お米3合の目安
サワラ・・・適量
お米・・・・3合
ごぼう・・・ニンジンと同量
にんじん・・1/2本
コンニャク・・1/2
 
しょうゆ・・・大3
みりん・・・・大2
料理酒・・大1
 


作り方
 
1、昆布ダシ
・水から昆布ダシをとって冷ます
※沸騰前に昆布を出すのがコツ!
 
2、野菜の下ごしらえ
・ささがきごぼう(千切りでも可)
・ニンジンとコンニャクを千切り
※ごぼうとコンニャクはアクを抜くといいですよ
 
3、魚の下ごしらえ
・3枚におろして腹骨をそぎ落とす
・適当に細く切る
 
4、炊く準備
・お米を研いで昆布出汁を入れる。足りなければ水を加えてね。
・具材をすべて入れる
・味付けする
 
5、スイッチを入れて蒸らして完成!
・炊き上がったらよく蒸らして混ぜてください

 
 

さわらを使ったレシピ!余った野菜でアレンジ!

171 ちゃんちゃん焼き
  
鍋だと簡単にあまり野菜が処分できますが、ご飯のおかずにはちょっと物足りないですよね。それなら「ちゃんちゃん焼風」に野菜とサワラを蒸し焼きにして、最後にみそだれを加えてみてはいかがでしょうか?
 

◇ちゃんちゃん焼き風・余り野菜蒸し焼き


1、下ごしらえ
・サワラを3枚におろす(サクでも構いません)
・野菜を3~4cmくらいに切る(何が入っても構いません)
※例えば
キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、もやし、ねぎ
 
2、フライパン/鍋に具を入れる
・最初に野菜を入れる
・野菜の上にサワラを乗せる
・料理酒を少し入れて、焦げ防止
 
3、火にかける
・蓋をして中火にかける
・サワラに火が通ったら完成!
※味噌をみりんと料理酒で延ばして、タレの完成!

 
 

最後に・・・

サワラは焼き魚のイメージが強いと思いますが、たたきや刺身で美味しく食べられます。つまり、程よく脂がのっているんですよ。
 
それでは、旬のサワラ料理に挑戦して、お腹いっぱい堪能してくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 料理

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。