正月の最終日と正月飾りを飾る最終日はいつ?二十日正月とは?

   

 
173 正月の最終日と正月飾りを外す最終日Top
 
お正月というと3日までがお祝いで1月7日までという説、15日や20日という説もあります。また松の内の期間が、一般的に正月飾りを飾る期間ですが、いつからいつまでのことなのでしょうか?そんなお正月の最終日と正月飾りを外す日について紹介します。
 
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

正月の行事が終わる日はいつ?

普段の生活の中で旧暦の習慣がありますよね。例えば節分や〇〇の節句などがありますが、その中でも代表的なのがお正月です。
 

◇正月とは?

旧暦で1月から12月のうち、1月の旧名・睦月(むつき)の別名のことを指しています。また、近年では松の内の期間中を指してもいます。
因みに三が日は、お正月を3日間祝うことで、元旦(1月1日)のみ祝日となります。
 

◇松の内とは?

松の内とは「門松を飾る期間」のことです。
 
門松は神様(歳神様)の依り代なので、玄関や門の前に置いて家に迎え入れるためです。神様がお越しになる期間飾っておきますが、平安時代から鎌倉時代の頃から行われている習慣なんですよ。そして、鏡餅やしめ縄飾りなどのお正月飾りを飾る期間でもあります。
 

◇正月飾りの期間

正月飾りは、松の内の間「門松・鏡餅・しめ縄飾り」を飾ります。ところが、「1月7日までという地域」と「1月15日までという地域」と「1月20日までという地域」があります。
 
なぜこのような違いが起こったのでしょうか?その違いについて、説明を続けますね。
 
 

スポンサードリンク

二十日正月とは何のこと?松の内の期間とは?

二十日正月も松の内もあまり使われなくなってきた言葉ですよね。
 
例えばニュースで、「今日は二十日正月となりますが、恒例の〇〇行事が・・・」「これから松の内に入りますが・・・」などという言い方は一般的ではなくなっています。
 
それでは、お正月期間に直結する「松の内の期間」について簡単に説明します。
 

◇松の内の期間はいつからいつ?

松の内は「1月1日~1月7日」と「1月1日~1月15日」
 
このように2通りありますが、本来は「1月1日~1月15日」を松の内と呼んでいましたが、江戸時代初期に正月飾りが火元で、江戸の城下町の約6割以上の家が消失した、という大火事が伝わっています。
 
それ以降、幕府から正月飾りは「1月7日」までと定められて、現在も「1月1日~1月7日」がお正月飾りの期間となっています。
 
「1月1日~1月7日」・・・火災事件後、江戸時代に設定された、正月飾りの期間
「1月1日~1月15日」・・・新年から小正月の期間。本来の松の内の期間のこと
 
※「江戸の大火事、明暦の大火(めいれきのたいか)」や「松の内について」、もう少し詳しくは「鏡餅を飾る期間はいつからいつまで?」をご参照ください。
 

◇二十日正月とは?

この「二十日正月(はつかしょうがつ)」とは、「正月行事が全て終わる日」のことです。地域によって異なりますが、鏡餅を下げて食べる日です。また、小正月には農作物に似せた飾りを作って、豊作祈願をする日でもあります。
 
ミズキの若い木に餅を付けて、粟に見せた「アワボ(粟穂)」、まゆ団子(マユダンゴ)、稲架(イナバセ)、豆木(マメキ)など、どれも豊作を願った飾り付けで、この飾り付けをオサクタテ(お作立)と呼んで1月15日~20日まで飾り続けます。
 
このお供えは、年神様・歳年神にお供えすることで、その年が豊作になるようにお願いする行事なんです。つまり正月明けとは、1月20日のことを指しているんです。因みに、1月20日は恵比寿や大黒を祀る日でもあります。これは全国的に多い習慣で、正月が明けるときに豊作を祈願するところからきているんですよ。
 

◇正月の認識について

一般社会で、お正月とは「正月休み」のことを指していることが多くなりましたが、松の内を正月期間としています。その最終日が「一般的な7日まで」なのか、「小正月の15日まで」の違いとなります。
正式には、二十日正月で正月行事が終わる日なので、「1月20日」までを正月というのが、古い習慣なんですよ。
 
それでは、正月飾りをとる日は?というと今までの話をまとめると分かりやすいでしょう。
 
 


正月飾りをとる日はいつ?

つまり正月飾りを外す日は二つに分けられます。「松の内」「二十日正月」のどちらで外すか、という問題になります。
これは、何が正しいかというより、「地域ごとの習慣」や「各家庭での好み次第」で構いません。
 

◇正月飾りを外すのはいつ?

松の内が終わったら→ 1月7日、1月15日
正月行事が終わったら→ 1月20日(あまり一般的ではありません)
 

◇どんど焼きに合わせるのが一般的

正月飾りを外すのは、一般的な7日や15日だと、一般的な15日の「どんど焼き」で燃やせます。
松の内以降いつ外しても構いませんが、地域の行事を確認して、どんど焼きに合わせたらいかがでしょうか?
  
  


最後に・・・

お正月明けの認識がちょっと変わるような、1月20日の二十日正月があります。そう考えたら、1月15日も古い習慣で、1月7日が一般的なのかもしれませんが、もしかすると、1月3日までが一般的なんて未来がおとzすれるかもしれないですね。
 
それでは、お正月飾りを飾って、今年こそ豊作(人間関係や収入も?)になるといいですね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。