事八日は何をする行事?針供養と目籠と一つ目小僧の話!

   

 
180 事八日は何をする行事?Top
 
 
古い習慣で、事八日(ことようか)という行事が12月8日と2月8日に行われます。実は起源がはっきりしていませんが、針供養をしたり、目籠を外に出したり、妖怪伝説があったり、全国的に行われています。そんな年中行事の事八日について紹介します。 
 
 

スポンサードリンク


事八日とはどんな行事?

事八日とは、12月8日と2月8日に「事始め」「事納め」を行う日です。残念ながらこの「事」とは何について示しているのかが曖昧なんです。
そして、二通りの考え方があって、12月8日を事始めとするのか、2月8日を事始めとするのかによって、それぞれ全く違った解釈になってしまいます。
 

◇12月8日に事始め・2月8日に事納めとは?

12月8日にお正月の行事を迎えるための準備を始める日で、2月8日にお正月に行われた全ての行事を納める日です。
つまり、お正月のことを指していると考えれられます。
 

◇2月8日に事始め・12月8日に事納めとは?

2月8日に農業の仕事を始める日のことで、12月8日に一年の農業の仕事を納める日と考えられています。つまり、農作業のことを指していると考えられます。
 

◇「事」とはどんな意味で使われる?

習い事、祭事・斎事のコト、関西付近の春ごと、石川付近のアエノコト、祝い事など、様々な使われ方をしています。だから、この「コト」とは、実際に何を指して事八日と呼んでいるのか、明確な起源が判明していないんです。
 
そこで、祝い事や春を迎える事など、様々な「コト」を突き詰めると、この「事八日」とは「お正月行事か農作業に関わる行事」となります。でも、どちらを優先しているのか地域で異なるので、お住いの地域の習慣に沿うといいですよ。
 
 


事八日に針供養とはどんなことをする?

事八日の日に、裁縫が上達するように、針仕事中怪我がないように、使い古した古い針を供養します。少し地域差がありますが、12月と2月の両方行う地域とどちらか一方だけ行う地域がありますが、どちらでも構いません。
 

◇供養の仕方は?

この日には針仕事を休んで、「豆腐・こんにゃく・餅」などに「折れた針・曲がった針・使い古した針」を刺して、神社に収めて供養してもらいます。
 
また、川に流すという習慣があったとも伝わっています。※現代では危険なので、針は流さないでくださいね。
 
 

スポンサードリンク

事八日と一つ目小僧と目籠はどんな関係?

事八日にはもう一つ別な面があります。分かりやすくまとめると「物忌み」という考え方で、更に「妖怪」に繋がってきます。
※物忌み・・・一定期間、日常の行動を控えて災いを避ける・穢れを落とすこと
 

◇どんな妖怪が来るの?

全国的に広まっているのが「一つ目小僧」ですが、他にも全国各地を見ると色々いるんです。
例えば、「妖怪かるた」「八つ目小僧」「ミカワリ婆さん・ミカリ婆さん」「大眼」「一つ目鬼」「マナグセンリョウ」など、他にも目に特徴のある鬼が来るといわれています。そして、これらの妖怪や鬼は全て「災い」に置き換えられて考えられてきました。
 

◇目の多いものを置く・吊るす

事八日になるとザルや目籠など「目」の多いものを外に置く、または外の玄関前に高く吊るす習慣があります。先ほど紹介した、家にやって来る目に特徴のある妖怪や鬼を除けるためで、「目の多さに驚いて逃げる」「どんなに目の多い妖怪でもザルの目の数には勝てなくて逃げ出す」などの為に置いておくんです。
また、この日は節分と同じように柊(ひいらぎ)も玄関の外に飾ります。「目に刺さると痛いから逃げ出す」というためですね。
 

◇行動を控える日

目に特徴のある妖怪や鬼がやってくるから、この日は外出は極力避ける。外の用事は入れない・減らすようにする。子供は連れていかれないように早寝させる。このように、事八日は全国的に行動を控える日でもあったんですよ。
 

◇小正月の火祭りの始まり?一つ目小僧の災いと道祖神

12月8日になると一つ目小僧がやってきて、翌年に村を回って災いをもたらす家を帳簿につけます。この帳簿をもとに、後日疫病神が災いをもたらします。村中回って帳簿をつけ終わった一つ目小僧は、翌年の2月8日に取りに来る約束をして、その村の道祖神に預けていきます。ところが道祖神は、1月15日にこの帳簿を燃やして村人を守ることにしました。
 
そして、2月8日に一つ目小僧が来たときに、道祖神は自分の家と一緒に帳簿が燃えてしまったと伝えます。帳簿が無ければ村人に災いを起こせないので、その村は1年間災いに見舞われずに過ごすことができました。これが「小正月」の始まりという説もあります。
 
 


最後に・・・

残念ながら、この古い習慣は戦後になって廃れてしまいました。流石に、この時代に外出を避けるなど、私生活を控えることはできないですよね。
 
それでも、目籠をベランダや玄関の外に置いておく、玄関に柊を飾っておく、早めの帰宅、夜は一家団欒と思って外出を控えるなど、事八日を迎えてみませんか?
 
それでは、古い習慣を楽しみながらお過ごしください。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。