ズワイガニとセコガニは似ているけど何が違う?呼び名と産地について

   

 
183 ズワイガニとセコガニは似ているけど何が違う?Top
  
冬になると、期間限定でセコガニという高級なカニが登場して美味しいと評判ですが、見た目はズワイガニそっくりなんです。他にも、松葉ガニや香箱ガニのように見た目が同じだけど呼び名が違う、そんなカニ事情について紹介しますね。
 


 
スポンサードリンク


ズワイガニとセコガニ見た目はそっくりだけど何が違う?

「セコガニ」というカニをご存知でしょうか?一部の地域ではとっても有名なんですけど、全国的に見ると珍しいカニではないでしょうか?
 
それでは、「松葉ガニ」はご存知でしょうか?東京周辺では、この呼び名の方が知名度があるかもしれないですね。どちらも「ズワイガニ」の別名(商品名)になるんですよ。
 

ズワイガニとはどんな種類のカニ?

ズワイガニとは、十脚目(エビ目)・ケセンガニ科・ズワイガニ属、学名Chionoecetes opilio、北太平洋と北大西洋の寒冷水温地域に生息するカニのことです。
 

セコガニと松葉ガニの違いは?

セコガニと松葉ガニの呼び名は、どちらも日本海・京都~鳥取・島根周辺で捕れるズワイガニになります。
カニの種類でいうと、どちらも”同じカニ”ですが”性別”が違います。
「セコガニとは→ メスのズワイガニ」
「松葉ガニとは→ オスのズワイガニ」
 

松葉ガニは更に地域ごと呼び名が分かれている

広い範囲で「松葉ガニ」と呼ばれていますが、更に「隠岐松葉ガニ」や「鳥取松葉ガニ」のように、地域名が入っているので、産地の区別がしやすくなっている場合があるんですよ。
 
他にもズワイガニのことだけど、違う名前で呼ばれているカニ達がいないのか?というと、結構いるんですよ。それでは引き続き、他の呼び名のズワイガニ達について紹介しますね。
 
 

スポンサードリンク

セコガニの呼び名は色々!他の産地では?

セコガニこと、ズワイガニは地域によって呼び名が変わるんですよ。なぜそんなに呼び名があるのかというと、各地で捕れるズワイガニに商品名を付けたからなんです。
また、正式には「本ズワイガニ(ズワイガニ・楚蟹)」「大ズワイガニ(大楚蟹)」「ベニズワイガニ(紅楚蟹)」等、生息していますが、呼び名とは関係ありません。
 

産地はどこが有名?

北から順番に産地を挙げていきますね。これだけズワイガニに名前が別々につけられているんです。
「山形・庄内産」「新潟産」「石川産」「福井産」「京都・丹後町・間人産」「兵庫・津居山産」「兵庫・柴山産」「島根・鳥取産」「その他・輸入カニ」
 

産地と商品名

「山形・庄内産」→ オス「よしガニ」、メス「クボガニ」
「新潟産」→ オス「ズワイガニ」、メス「メガニ」
「石川産」→ オス「加能ガニ」、メス「香箱ガニ」
「福井産」→ オス・メス「越前ガニ」
「京都・丹後町・間人産」→ 「間人ガニ・たいざガニ」
「兵庫・津居山産」→ 「津居山ガニ・ついやまがに」
「兵庫・柴山産」→ 「柴山ガニ(しばやまガニ)」
 
「京都~島根の広範囲」→ オス「松葉ガニ」、メス「セコガニ」
「京都・兵庫付近」→ メス「親ガニ」「コッペガニ」
「その他・輸入カニ」→ 〇〇産と記載された輸入ガニも多く流通しています
 
 


ズワイガニ・別名セコガニの種類について!

大きく分類して、日本ではズワイガニ、ベニズワイガニ、オオズワイガニなどが多く流通しています。
 
国内産は、日本海とオホーツク海周辺で捕れたズワイガニが流通していて、他にもベーリング海等などアラスカ周辺、カナダ周辺の水深約100m~3000mで捕れたカニが輸入されているんです。
 

トゲズワイガニとミゾズワイガニ

この2種類のズワイガニは数が少ないため、滅多にとることができません。昔は希少なカニとしてとっていたといわれていますが、現在はこの2種類のカニ漁を行っていません。だから市場に流通することは無いと思った方が良いでしょう。
 
例外で、他の魚やカニを捕ったとき、稀にまぎれていることが”あるらしい”といわれています。
 

丸ズワイガニはズワイガニではない?

丸ズワイガニという商品名で流通しているカニは、オオエンコウガニ科というワタリガニに近い種類になります。ズワイガニとはかなり遠縁のカニなので、購入するときには気を付けてくださいね。
 
  


最後に・・・

「セコガニ」をお店で見かけたら「ズワイガニ」のことですよ。また、ちょっと紛らわしいですが、呼び名が色々あっても、ここでご紹介した通りズワイガニの別名のことが多いので、「何ガニだっけ?」と迷ったときの参考にしてくださいね。
 
それでは、春手前の2月頃までズワイガニは流通しているので、美味しい間に食べてくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の諸々話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。