おせち料理のエビの選び方と料理をするとき気を付けること?

   

 
185 おせち料理のエビの選び方と料理をするとき気を付けることは?Top
 
お正月にはおせち料理がつきもので、その中でもエビは豪勢で目も舌も楽しませてくれる、外一品ですよね。そんなエビですが、なぜ正月にエビを食べる?何エビを用意したらいい?エビを料理や海老選びで気を付けるこは?などについて紹介しますね。
 
 

スポンサードリンク


正月のおせちの海老はどんな種類を買えばいい?

一言でお正月の”エビ”といっても様々な種類がありますよね。買ってきたエビに合わせて料理を考えるのか、料理に合わせてエビを選ぶのかは本人しだいですが、いずれにしてもお正月にはエビがいないことには始まりません。
 

どんなエビの種類がある?

「車えび」
車海老、車蝦と書きます。クルマエビ属の一種で体長は約15cm、別名でホンエビやマエビとも呼びます。天ぷらや、エビフライに合いますよ。
 
「ブラックタイガー」
正式名は「ウシエビ・牛海老」でクルマエビ属の一種ですよ。体長は約30cmで、熱帯地域から亜熱帯地域のインド洋や太平洋などに多く生息しています。残念ながら日本付近では滅多に捕れません。塩焼き、汁物に最適!
 
「伊勢海老」
イセエビ科・イセエビ属の一種で、日本周辺の浅い岩場で捕れる大型のエビになります。また、昔からお正月のエビといえばこの伊勢海老のこと。足はあるけどハサミはありません。オーブンやお魚焼きグリルで姿焼きか茹でてくださいね。
 
「ロブスター」
アカザエビ科・ロブスター属のことで、伊勢海老の近い種類と言われることがありますが、実は結構遠い関係なんですよ。違いは大きなハサミがあるかないか。伊勢海老と同じで、直火で焼くか丸ごと煮てください。
 
※桜エビやシバエビは、小さすぎて調理すると(する前から?)更に小さくなるので、お正月には避けたいところです。
 

お正月にはどんなエビを用意したらいい?

お正月の定番のエビといえば、「伊勢海老」が筆頭に挙がります。よくデパートのおせち料理のカタログの表紙でも目すると思います。食べられる部分が少ないけど、見た目と味を楽しめるのが「伊勢海老」!
 
そして、「ロブスター」は尻尾の他にハサミも食べられます!また、伊勢海老同様見た目も豪勢なのでおすすめですよ!
 
お腹いっぱい食べたい!という人は「ブラックタイガーの塩焼き」「ブラックタイガーのフライ」「車えびのてんぷら」などがおすすめ!
 
種類は分からないけど、小さな「むきエビ」を買ってしまった人は片栗で溶いて「エビの豆腐あんかけ」や、「エビのかき揚げ」「むきエビの酢の物」はいかがでしょうか?
 
 


正月のエビを買うとき気を付けたい有頭エビとは?

185 有頭エビなど
 
買い物をしていると「有頭エビ」や「無頭エビ」「むきエビ」という表示を見たことがあると思います。ご存知だと思いますが、これらの表示はエビの種類ではありません。加工してあるかないかの表示のことなので、決して「有頭エビ」という種類がいるわけではありません。
 

有頭エビとむきエビの違いは?

頭がついているエビは全て「有頭エビ」となります。反対に頭を落としてあるエビを「無頭エビ」または「むきエビ」といいます。
例えば、「クルマエビのむきエビ」「ブラックタイガーの有頭エビ」+ 「〇〇産と産地の明記」
  

種類と産地を確認

稀に「有頭エビ」とだけ記載されているものが出回ることがあります。滅多に変なものが販売されるこはありませんが、産地と品種を明記する決まりになっています。ちゃんと納得したものを買ってくださいね。
 
 

スポンサードリンク

正月のエビを料理で気を付けることは?

185 背中が曲がっている
 
普通の海老フライや海老の天ぷらは、叩いたり、切れ目を入れて真っすぐにして料理します。
ところがお正月は「真っすぐしたらダメ」なんですよ。お正月は「背が曲がっている」海老が基本なんです。
 
お正月のエビは「背が曲がるほど長生きする」という縁起物としておせち料理に名前を連ねています。だから、”真っすぐ”にしたら、縁起物にならないんですよ。
 
そこで、「伊勢海老やロブスターは尻尾を丸めて焼く・茹でる!」「天ぷらやエビフライにするときは、背を丸めて揚げる!」と、このような調理や盛り付けが必要になります。
 
お節のエビは基本からそれて「背中を丸めたまま」、でもこれがお正月の”基本”のエビ料理ですよ!
 
 


最後に・・・

お正月に豪勢な伊勢海老やロブスターがあれば、先ず目から楽しめますよね。また、子供と一緒におせち料理を食べるとき、エビフライやエビの天ぷらが山盛りがあれば、最初に箸をつけると思いますよ。
  
でもどんなエビを選んでもお正月の縁起もの。作り人が食べたい!と思う海老を選んでお節料理に挑んでくださいね。勿論、「小鉢に桜エビの山盛り」なんて冗談で新年早々驚かすのもアリです。※もめない程度の悪戯にしてくださいね♪
 
それでは、健康に長生きを願って、おせち料理のエビをたらふく食べてください。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 料理

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。