寄せ書きの色紙を年上へ贈るときの渡し方と書き方は?

   

 
209 寄せ書きの色紙を年上へ贈るときの渡し方と書き方は?Top
 
卒業や引っ越しや転職して、様々な人たちが次のステップに移っていくとき、感謝の気持ちを色紙にこめて贈りますが、お世話になった人や年上の人に失礼なことはできないですよね。そこで、年上の人へ色紙を贈るときのマナーについて紹介しますね。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


色紙に寄せ書きをして年上へ贈るときの渡し方は?

色紙に寄せ書きするとき、多くの人が「メッセージ内容」をどうしようか悩むと思います。
 
ところが、書き込むことに気を取られ過ぎて、ついうっかりそのまま手渡ししてしまった!なんて人もいるのではないでしょうか?
  

年上へ色紙を渡すときのマナーは?

二つのどちらかの方法で渡します。忘れずにご用意くださいね。
 
●封筒や大きな茶封筒に入れる
●包装紙など、紙に包む
 

色紙の寄せ書き以外にも年上へ贈り物を渡すときのマナー

ビデオレター、プレゼント、寄せ書きレター、簡単なアルバムなど、様々な贈り物を年上の人に贈るときがあります。
 
年上の方へこのような贈り物をするときは、大抵お世話になった人たちへ感謝を込めて贈ると思います。そんなときむき出しだったら、相手はちょっと残念に思うものです。
 
「お店のビニール袋に入れるだけ」「むき出し」「皺だらけの包み方」などは厳禁!ですよ。
 
※多少の細か事は気にしないで構いませんが・・・・
大らかな方、場をわきまえている方、紳士的な方は、”厳禁”な渡され方をしても、笑って流してくれます。また、気持ちに対して感謝しているので、形式など気にしません。
 
でも、一般的に感謝の気持ちを表すとき、一生懸命・丁寧に贈ってくれたプレゼントには、深い思い入れや有難みを感じます。
 
 
色紙のお値段が気になる方は参考にどうぞ!

 


色紙に寄せ書きをするときの書き方

色紙に寄せ書きをするときは、大抵、真ん中に大きなメッセージを書いて、その周りに一人づつメッセージを書きますよね。
 

正式な書き方や形式は?

色紙に寄せ書きをするときには、手紙の用な書き方や形式はありません。好きなように書いて構いません。
 
ただし、一つだけ年上の方に贈る場合は気を付けてください。普段からの付き合い方で多少異なりますが、メッセージは「敬語」で書いてくださいね。
 

書き方はアレンジできる?

●真ん中にメッセージと贈る相手の名前を書くのが一般的なスタイル。
●みんなの思い出の写真を真ん中に貼って、その周りにメッセージを書く。
●色紙に大きなメッセ―ジを書き込んで、それぞれ名前やサインだけ記入。
●趣味のもの、星好きなら天体のイラスト、釣り月なら魚拓などが中心にあってもいいですよ。
 

メッセージを書くときのコツ!

●どんなスタイルの寄せ書きにするのか最初に決めてください。
●中心を先に決めてから、寄せ書きを回すとみんなが書き易くなります。
●人数を確認して一人当たりのスペースを確認してから書き込みます。
 
 

スポンサードリンク

色紙に寄せ書きをするときのペンと種類は?

寄せ書きをするときに使うペンと、用意する色紙ついて紹介しますね。
 

どんなペンを使ったらいいの?

どんなペンで書いても失礼にはなりません。ただ、鉛筆だと何かの拍子で消しゴムで消えてしまう、サインペンだと滲むかもしれないというだけです。
 
無難なのは「筆ペン」「ボールペン」ですが、筆ペンの場合は書きなれていないと、綺麗な文字が書きづらいという欠点もあるので、気を付けてくださいね。
 

色紙の種類は選べる?

色紙というと真っ白いイメージがありますが、実は色がついていたり、縁がカラフルの物があったりします。
 
基本は「白地に金の縁」です。卒業、お祝い、新たな門出などのときには金の縁やカラフルなものなど、好きなものを選んでください。
 
不幸があって退職や、転校、転勤などの場合は「黒い縁」や「濃い色の縁」の色紙を選ぶといいですよ。
 

グリーティングカードでも構わない?

日本では「二つ折りの色紙」と呼ぶ場合がありますが、元々海外では「グリーディングカード」と呼んで、誕生日やクリスマスなど全てのイベントで贈る習慣があります。
 
また、「封筒とグリーティングカード」のセットで買うので封筒の買い忘れがないのと、二つに折るから持ち運びに便利なのところが良い点ですよ。
 
 
※こんなグリーティングカードもありかも・・・


 


最後に・・・

色紙というと昔ながらの、厚紙、白地、金の縁が定番ですが、カラフルなものを贈る場合、二つ折りを贈る場合など、様々なスタイルで贈っています。
  
年上に贈るときの注意点をまとめると
●色紙に形式はありません
●敬語で記入
●どんなペンで書いても構わない
●封筒に入れるか、包装紙で丁寧に包む
 
それでは、素敵な色紙に寄せ書きをして、贈ってくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。