シログチとテンジクダイ 通称イシモチの漢字と名前の語源辞典

   

 
18 シログチとテンジクダイTop
 
 
イシモチという海の魚がいますが、なぜイシモチという名前が付いたのでしょうか?名前や漢字の由来があるのでしょうか?
 
また、この魚は日本のどんな場所に生息していて、いつ頃が旬の魚なのか?どんな食べ方ができる魚なのかをも紹介します。
 
  

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

イシモチ石持・ニベ科とテンジクダイ科の語源・由来

頭部についている耳石が石に似ている、というところから、石(イシ)を持った魚という意味でイシモチと呼ばれています。
 
「イシモチ」には2種類いますが、テンジクダイは鑑賞方面で人気のある魚でスキューバーダイビングなどでは「イシモチ」と呼ばれることがあります。
 
一方シログチは食用として昔から「イシモチ」として広く呼ばれてきました。今でもイシモチが正式名称と思われているくらい定着した名前ですが、先ほども紹介した通り、「シログチ」が正式名。
 
 
シログチ・白愚痴(ニベ科)
ただし、一般的には正式名称を白愚痴(シログチ)と呼ばれています。釣り上げたときに浮袋を振動させた音が、「グウグウ」と”愚痴(グチ)”を言っているような鳴き声をしているからなのと、白い(シロ)体をしているので「シログチ」と名付けられました。

テンジクダイ・天竺鯛(テンジクダイ科)
一部の地域、例えば岡山や香川付近では、テンジクダイ(天竺鯛)をイシモチと呼んでいます。シログチと同じように、耳石が大きくて、石があるようなのでイシモチと呼ばれています。
 
 
 

シログチ白愚痴・イシモチ石持の漢字と名称

同じニベ科に”ニベ”という魚と”シログチ”という魚がいます。見た目が似ていますが、ニベの側面には黒い斑点があって、シログチには斑点が無いのが特徴。
 
一説によると、テンジクダイと区別するためにシロダイという名前にしたという説もあります。
  
 

■シログチ

 
18 シログチとテンジクダイTop
 
スズキ目 ニベ科 シログチ属
 
漢字:白愚痴 / 石持
学名:Pennahia argentata 
英名:White Croaker
漢名:石首魚・石魚・石頭魚・黄花魚・江魚・黒頭魚・春来魚・梅魚
別名:
東京・新潟・富山・鳥羽などではイシモチ、
茨城付近ではハダカイシモチ、
静岡ではシログチ、
関西ではクチ・グチ、
高知でシラブ、
和歌山でカマジャコ、
熊本でシラグチ、
長崎でキングチ・アカグチ・キグチ
 
このように呼ばれていますが、今では地方での呼び名も他の地域と混同するようになっています。
 
 

■テンジクダイ

この魚の特徴は、最大体長は10cmほどで小型魚、淡黄色をした体で、横縞が10本くらいある。また鑑賞用の他は、食用価値が非常に低く、練り物の原料にされることが多い。
 
18 テンジクダイ
スズキ目 スズキ亜目 テンジクダイ科
 
漢字:天竺鯛
学名:Apogon lineatus
英名:verticalstriped cardinalfish, Indian perch
別名:モチウオ、ねぶと、ねぶとじゃこ、いしもち、めんぱち、めぶと
  
 

スポンサードリンク

 
  

イシモチ(シログチ・テンジクダイ)の産地と旬の時期

■シログチ

旬の時期は通常12~2月子持ち5~7月
産卵期は6~8月。春から夏に浅海に集まってきて産卵。
主な産地は、鹿児島県、長崎県、愛媛県、香川県、東京湾
 
因みに、イシモチの卵巣は美味いといわれていますが、この魚は”子なし”という迷信があるので、「イシモチ女に食わすな」とう格言もあります。
 
 

■テンジクダイ

水深100m付近の砂底に棲息しているところを、底引き網で獲ります。釣りの対象にならず、食用の市場もかなり限定されているなど需要が少ない為、夏頃が食べ頃といわれていますが、旬の時期が曖昧な魚です。
 
関西から瀬戸内海地方では、唐揚げ、南蛮漬け、天ぷら、じゃこ天など、関東では練り物にして食べられています。
 
 
 

最後に・・・

イシモチには2種類、「シログチ」と「テンジクダイ」がいますが、それぞれ旬の時期と産卵時期、そして棲息範囲も全く異なる魚だということです。

でも、店頭に並ぶ「イシモチ」は普通は「シログチ」の事なので、身が美味しい冬の12~2月と、産卵時期の子持ちで5~7月がオススメです。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。