旅券の日とはどんな記念日?パスポートの発行と更新方法について

   

 

 
最近は、様々な記念日が年々増え続けていて、その一つに旅券の日という記念日があります。この日には、旅券について再認識、そして旅券内容の確認をして欲しい!という日ですが、もし、これから発券、更新するならどうしたらいいのか紹介しますね。
 
 


 
スポンサードリンク


旅券の日とはどんな記念日?

なぜ2月20日が旅券の日?

「旅券の日」とは、1878年2月20日に外務省が第1号の「海外旅券規則(7カ条)」が公布した日なのと、日本の法令上初めて「旅券」という言葉が使われたのを記念した日のことです。
 

どんな切っ掛けで始まった?

外務省が「旅券の重要性と知識」を、日本人に改めて知ってもらいたいということで、公布120年目の1998年に制定されたんです。
 
 


パスポート・旅券の期限と発行について!

有効期限は大丈夫?

有効期限は大人の場合は2種類、子供の場合は1種類しかありません。
期限が切れる前に更新してくださいね。

●大人のパスポート有効期限・・・10年/5年
●子供のパスポート有効期限・・・5年のみ(20歳以下)
 

パスポート発行に必要な書類は?

申請する場所で入手する書類と、事前に用意する書類と、本人確認ができる書類が必要になります。

●申請する場所にある書類
 
一般旅券発給申請書・・・1通
 
 
●事前に準備する書類
 
戸籍謄本か戸籍抄本・・・1通(申請の6か月前発行されたもの)
 
住民票の写し・・・1通(申請の6か月前発行、国外申請のときは不要)
 
写真・・・1枚(縦45mm x 横35mm、縁なし、無背景、裏に名前の記載)
 
 
●本人確認できる書類
運転免許証・写真付き住基カードなど・・・1枚
 
学生書や社員証明書、健康保険や印鑑証明など・・・2枚
 
※1枚で済む証明書と、2枚必要な証明書があります。どちらかをご用意ください。
 

パスポートの切り替えに必要な書類は?
一般旅券発給申請書・・・1通 (10年/5年) 
 
住民票の写し・・・1通
 
写真・・・1枚(縦45mm x 横35mm、縁なし、無背景、裏に名前の記載)
 
有効旅券・・・返納して失効処理
 
戸籍上変更がある場合・・・1枚(戸籍謄本又は抄本の原本)
 
 

スポンサードリンク

エアーチケット・航空券と旅券の違いの確認!

海外に行こう!と思ったら、飛行機に乗る券が必要ですよね。
この”券”について、よく混同されがちなので確認しますね。
 

旅券と航空券の確認!

搭乗手続きをするとき(飛行機に乗るとき)「搭乗券をご用意ください」
旅行出発前に「航空券の手配はお済でしょうか?」
 
旅行に行く前後には、この様な会話がよく出てきますが、
カタカナ英語から日本語に直すとどちらも”券”がつくから紛らわしいんですよね。

パスポート・・・旅券(海外での身分証明書)
エアーチケット・・・航空券(飛行機に乗るための予約券)
ボーディンングパス・・・搭乗券(飛行機に乗るための搭乗券)
 

搭乗券と航空券の確認!

「搭乗券」は空港で搭乗手続きをするときに「航空券」と引き換えします。
ちょっと紛らわしですけど・・・

予約するのに必要・・・「航空券」
実際に乗るときに航空券と交換・・・「搭乗券」
 
 


最後に・・・

普段から自分のパスポートの有効期限について確認しておけばいいだけですが、折角の記念日なのでちょっとパスポートを開いてみてはいかがでしょうか?
 
でも、パスポートを開いたとたん、旅行に行きたくなるかもしれないのでご注意ください♪
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。