靴の記念日はなぜ3月15日?日本の靴はいつどこで始まった?

   

 

  
靴の日という記念日があるのをご存知でしょうか?最近では様々な記念日が作られていますが、この日は、日本で最初に西洋風の靴が作られた記念日なんです。そこで、いつ?どこで?日本で靴づくりが始まったのかなど、靴に因んだ日について紹介しますね。
 
 


 
スポンサードリンク


3月15日は靴の日の記念日

冒頭でもご紹介した通り、「3月15日は靴の日」という記念日になります。
この日に、日本で初めて西洋風の靴の生産が行われた日なんですよ。
 

□3月15日は靴の日の歴史について

海外の履物、「西洋草履= 洋靴」が日本に入ってきたのが幕末で、当時は、日本人の足には合わない履物と言われていたんです。
 
明治に入ってすぐの頃、御用商人だった西村勝三が、兵部省(今でいうところの軍部)に所属していた大村益次郎に勧められて造靴場が建てられました。
 
こうして、1870年の東京築地入船町に日本で最初の、国産西洋靴の製造が開始。
1932年には、日本靴連盟が結成されて、入船町は「靴発祥地」として記念碑が建てられました。
 
 

□9月20日も靴の記念日?

1992年、銀座の女性用の靴屋さん「ダイアナ」が語呂で定めた記念日といわれています。
「9月2日= 9・ク+ 2・ツー= クツ」→ 「靴の日」
※参考: 日本記念日協会
   
 


日本で最初に西洋風の靴を生産したのはだれ?

明治初期の頃の靴といえば、開国と軍が作られた頃。そして大量生産されたのは軍靴でした。
 

西村勝三という人物 (1836~1907)

●佐野藩士の父、佐倉藩士の長女の母の間に生まれる。
 
●佐野藩(現在の栃木県)の藩士でしたが脱藩。
 
●横浜に移って、佐野藩の正田利右衛門と貿易業を開始。
 
●築地で、大村益次郎の勧めで革靴の製造を開始。
 
●伊勢勝製靴場として事業開始→ 桜組に改称
→ 皮革は「日本皮革株式会社」として事業開始
→ 靴は「日本製靴株式会社」として事業開始
 
●現在は・・・・・
日本皮革株式会社→ ニッピ株式会社
日本製靴株式会社→ リーガルコーポレーション株式会社
 

西村勝三の像

1984年(昭和59年)3月15日、千葉県佐倉市・佐倉市民体育館前に設置されました。
興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?
 

設置場所:
〒285-0016 千葉県佐倉市宮小路町3
043-486-1041

 

スポンサードリンク

日本の西洋風靴の発祥地はいつ?どこ?

横浜で貿易事業が成功した後、東京の築地で靴の製造業を開始しました。ここまではご紹介した通りです。

現在の築地といえば、魚市場のある混雑した市場町というイメージがありますよね。
それでは、当時の築地はどんな場所だったのかというと・・・・
 
築地居留地
横浜が開港された後、東京にも西洋風の街並みが作られるようになりました。それが「築地」なんです。
 
外交官が滞在、教会や西洋式の学校、ホテル、商館が立ち並ぶ街が急速に作られ、当時は最先端の西洋風の街と港町として栄えたんです。
 
築地の入船町の靴製造所
1870年(明治3年)3月15日に「入船町」に、西洋風の靴工場を建てました。
最初は軍靴の発注を受けていましたが、”洋服”が日本に入り始めた頃だったので、後に紳士靴や婦人靴の製造も手がけて、日本に現在の”靴”を定着させる第一歩を手掛けた会社に成長したんです。
 
革製品と洋服の事業
靴の事業が軌道に乗り出すと、靴以外の革製品、靴に合う洋服にも事業を拡げました。
こうして、銀座に日本で最初の洋服裁縫店がオープン、靴と洋服を日本に広める第一歩を手がけた会社になったんです。
 
築地入船町はどの辺り?


 
→ 「築地入船町周辺の観光情報
設置場所:
〒285-0016 千葉県佐倉市宮小路町3
043-486-1041
 
口コミとホテル情報にどうぞ♪



最後に・・・

もし靴の日に、東京を代表する魚市場「築地」に遊びに行く機会があったら、一度周辺を練り歩いてみてくださいね。
 
靴の歴史の探索を兼ねて、魚料理を食べてくるのも乙な楽しみ方かもしれませんよ。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。