春一番と南岸低気圧はどんなメカミニズムで起こる現象?

   

 

 
冬になると、天気予報で春一番という言葉を耳にしたことがあると思いますが、この言葉を聞くと春を感じますよね。そこで、なぜ春一番と呼ばれるのか、この天気の仕組みと、もう一つの冬を代表する南岸低気圧とはどんな天気なのかについて紹介しますね。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


春一番とはどんな意味?どんな天気?

春に吹く、最初の強い南風のことを「春一番」と言いますが、もう少し正確に言うと・・・・

●立春~春分の日の間
●日本海に発達した強い低気圧が通過
●8m/s~の南から強い風が吹く
これらの3つの条件が揃ったときの天気の現象を「春一番」と気象庁で定めています。因みに、「立春~春分の日」とは「2月~3月中旬」のことを指します。
 

春一番が吹くとどうなる?

春におこる嵐で、日本海一体が荒れた天気になります。
本州では冬が終わったかのように、気温が上昇します。
 

春一番が治まると春になる?

「春一番= 日本海側の嵐」が治まると急に冬に戻ったかのように寒くなります。
だから、春が来るわけではなくて、冬の小休止と思えば分かりやすいですよ。
 
 


春一番という天気の仕組みについて!

どうして、このような大風の吹く春の嵐が起こるのか、その仕組みについて説明しますね。
 

春一番の仕組みとは?

「中国大陸の乾いて冷たい気団」と、「太平洋で温められて湿った気団」がぶつかって、日本海で低気圧が急速に発達します。
 
このとき、太平洋から日本海に向かって、温かくて湿った空気が流れ込んできて「春のような気温」「大風」が起こります。
 

いつ頃から春一番と呼ぶようになった?

この冬の小休止とも言える春の嵐が起こったとき、日本海で漁をしていた漁船が遭難したことがあります。ここで、ちょっと「春一番」が使われるようになった経緯の歴史を振り返ってみますね。
 
1859年3月17日(江戸時代末期)、長崎県壱岐市郷ノ浦の漁師53名が遭難により命が失われる事故がありました、
 
このときに吹いた強い風を、この土地で「春一番」と呼んだと伝わっています。また、北陸地方から西でも同じように、「春一」や「春一番」という言葉が使われていたと伝わっています。
 
1963年2月15日、朝日新聞で春の突風についての記事が掲載されました。この日が、日本で最初に「春一番」という文字が世間に出た日と言われています。
 

現在の春一番の使われ方

こうして、春一番の仕組みや歴史を振り返って見てみると、「春の嵐を告げる気象用語」のことであり、「春の到来を感じさせる季語」の二つの使い方をしているんです。
 
太平洋側では、温かい大風が吹くので、「もうすぐ春だな・・・」と思うかもしれないですよね。ところが、日本海側では急速に発達したとんでもない嵐が発生して、典型的な”フェーン現象”が発生するので要注意な天気なんですよ。また、この春一番が過ぎると冷え込んで、大雪になることが良くあるんです。
 
 

スポンサードリンク

冬を代表する天気の春一番と南岸低気圧とは?

春から冬にかけて起こる代表的な現象が二つあります。
また、春一番の後は、雪が振ったり、冬が逆戻りしたりするのが特徴なんです。
 

●気温が上がって大風が吹く現象→ 春一番
●太平洋側に雪をもたらす現象→ 南岸低気圧
南岸低気圧とはどんな天気のこと?

東シナ海で発達した移動性の低気圧が、日本の太平洋側に沿って移動する現象のことです。
 
東シナ海からの「温かくて湿った空気の低気圧」が、本州に沿って北東に移動するとき、大陸から「冷えて乾燥した低気圧」からの風が流れ込むので、太平洋側では大雪になるんです。
  
 


最後に・・・

春一番が吹く頃、風を除ければジャケットを脱ぐような気候が楽しめますが、その前後に大雪をもたらす低気圧が来ることが良くあります。
 
それでは、体長を崩さないように、またもう少し続く寒さに供えつつ、温かい準備を続けて春をお待ちくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 天候・天気

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。