サンゴの日3月5日に考える豆知識!珊瑚は生き物?植物?

   

 

 
珊瑚といえば海の宝石!と連想しますが、この珊瑚には記念日があります。語呂合わせで決められたといわれていますが、3月5日が記念日!せっかくの記念日なので、ちょっと知識を深めてみませんか?そんな珊瑚について紹介しますね。
 
 


 
スポンサードリンク


3月5日はサンゴ・珊瑚の日!

海に生息するあの”珊瑚”には、記念日があるのをご存知でしょうか?この珊瑚の日は、どんな記念日なのか紹介しますね。
 

瑚の日の由来について

世界自然保護基金(WWF)という、世界最大の自然保護団体の日本支部が1996年に定めた「サンゴ」の記念日です。
 
何かを記念しているわけではありませんが、「サンゴ= 3と5の日= 3月5日」という語呂をとって定められたといわれています。
 

この日はどんな活動をしているの?

1996年に、この記念日が制定されてから、沖縄県石垣島・白保にサンゴ礁保護研究センターの建設促進運動が開始されました。
 
また、2012年から3月5日を含んだ1週間をサンゴウィークとして、イベントや展示が行われたり、海中や浜辺の清掃活動が行われたりしています。
 

沖縄の白保とはどんな所?

手っ取り早く、地図で紹介しますね。沖縄県石垣島の東側に位置する地区となります。
  


 
石垣島の周辺観光や現地情報→ 「こちらを参照」してくださいね。
 
 


珊瑚は生き物?植物?

一昔前まで、珊瑚は海中に生息する”植物”と考えられていたんですが、近年の研究成果によると”動物”の一種だと発表されています。
 
そうはいっても、実は18世紀にはすでに動物だということが判明していたといわれているんですけどね・・・・。
 

サンゴ・珊瑚はどんな生き物?

サンゴ・珊瑚とは
→ 「サンゴ虫」という動物
→ 「刺胞動物門・花虫類」という種類
→ 英語では「coral」
 
近い種類にイソギンチャクがいますが、親戚のような関係と思えば良いでしょう。
もう少し遠い関係にクラゲやヒトデやウミエラという生物がいるんです。
 
因みに、人間は管状に体が形成されていますが、この動物の体は袋状にできています。
だから肛門がなくて、口から捕食と排泄を行う生物なんですよ。
 
この”口”の周囲にある”数本の腕”でプランクトンを捕まえて食べ、同時に光合成をするものいます。
「八放珊瑚は8本の腕」「六放珊瑚は6本の腕」を持つ動物として2種類に分類されます。
  

サンゴとサンゴ礁との違いは?

サンゴとは生物を指しています。サンゴ礁とは生きている珊瑚と珊瑚の死骸でできた環礁地のことです。数百年~約1000年かけて成長・繁殖・死骸が積み重ねられて作られてきたんですよ。
  
  

スポンサードリンク

珊瑚の種類と宝石について!

サンゴは、宝石や鑑賞用の生物として自宅や水族館などで見ることができますが、どんな種類がいるのか大雑把に紹介しますね。
 
アカサンゴ 
小笠原列島、沖縄周辺、土佐沖に多く生息。血赤といわれるくらい真っ赤な色をしていて、世界ではかなり高価な種類になります。
 
ベニサンゴ 
地中海方面に生息していて、赤い小ぶりな珊瑚となります。
 
ボケサンゴ 
Angel's Skin(エンジェル・スキン)と呼ばれるピンク色をした、桃色珊瑚に似た珊瑚となります。産出量が少ないのでとっても高価なものとなります。
 
シロサンゴ 
真っ白な色をしていて、太平洋など各地に多く生息する珊瑚です。数多く取れるのが価格的な価値は他と比べるとちょっと安価となります。稀にちょっとだけピンクがかったものもとれるとか・・・。
 
モモイロサンゴ 
南シナ海・沖縄周辺に生息していて、中心付近は色が抜けたような白をしていて、大きな珊瑚に成長するのが特徴。イボモモイロサンゴ、ゴトウモモイロサンゴなどがあります。
 
 


最後に・・・

一部では、珊瑚は観賞用か宝石の原材料と見ていると思います。でも、見方を変えると重要な役割があるんですよ。そう、陸上の植物と同じように「二酸化炭素を吸収して酸素を排出する」大切な生物なんです。
 
この珊瑚の日には、最寄りの水族館でサンゴを見に行くなど、ちょっと珊瑚に興味を持ってみてくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の諸々話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。