春の移動性高気圧の仕組みと特徴と代表的な気象現象は?

      2017/03/08

 

 
春に天気予報を見るか聞いていると、春の移動性高気圧という言葉が耳に入ってくることがあります。この移動性の高気圧とは、どんな仕組みをした高気圧のことなの?どんな天気を引き起こすの?など、春独特の移動性高気圧について紹介します。
 
 


 
スポンサードリンク


春の移動性高気圧はどんな気圧のこと?

季節によって独特の天気がありますよね。その天気に真っ先に関わってくるのが「気圧」!そしてその気圧には「高気圧」と「低気圧」があるのはご存知の通りです。
  

□移動性高気圧とは?

春だけでなく秋にも、ある一定周期で天気が変化しますよね。このとき、高気圧と低気圧が交互に、または入り乱れて日本付近を移動していくから天気が変化しやすいんです。
この高気圧のことを「移動性高気圧」といいます。
 

□移動性でない高気圧とは?

高気圧の多くは、夏は太平洋高気圧、冬はシベリア高気圧のように移動しません。これらの高気圧は、その場で勢力が強まって広がったり、弱まって収縮したり、発生・消滅したりします。
 
低気圧と高気圧の仕組み→ 「気圧と天気の関係は?高気圧と低気圧とは?
  

□なぜ移動性の高気圧が発生する?

温かくなると、シベリアの寒気団の勢力が弱まると、中緯度の日本付近で気団がぶつかって、気圧の谷や尾根が作られます。
  
このとき、気圧の谷に「低気圧」が、気圧の尾根に「移動性の高気圧」が発生。そして、この気圧の谷や尾根に沿って偏西風が発生するんです。
  

□春と秋は似た天気!気圧の場合は?

春と秋には、同じような原理で移動性の高気圧が発生します。簡単に違いをまとめると・・・
春・・・北の気団が弱まって起こる移動性高気圧
秋・・・北の気団が強まって起こる移動性高気圧
 
全く同じという訳ではありませんが、この様に大雑把に考えると分かりやすいでしょう!
 
 

スポンサードリンク

春の天気と高気圧と低気圧の関係は?

低気圧とは、周囲より気圧が低くて、常に移動をしているので「移動性低気圧」とはいいません。
 
高気圧とは、周囲より気圧が高いことですが、対流圏の上部まで温度が高い「温暖高気圧」と、地表近くだけが温度の低い「寒冷高気圧」の2種類あります。
 
2種類の高気圧を分かりやすく紹介すると、真冬には大陸で、真夏には太平洋で勢力を増す高気圧のことですね。
 

□春と秋に移動する高気圧とは?

春と秋には、それぞれの勢力が弱まるので、入り乱れて移動していきます。先ほど説明した「気圧の谷に低気圧」が、「気圧の尾根に高気圧」が発生&移動していくからです。
 
因みに、この高気圧の特徴は、直径約1000kmという大きさ、移動速度は早いときで1日/約1000km(40km/h)というときもあります。だから3日~4日という、変わりやすい天気になるんです。
 

□移動性高気圧の周期は?

これまでのことを考えると、高気圧から低気圧に空気が流れ込む→ 1か所だけでなく周囲全体の気圧の低い部分に空気が流れ込みます。
 
だから、日本付近を必ず規則正しく「高気圧→ 低気圧→ 高気圧→ 低気圧」と来るわけではないということですよね。
 

□どんな気団が春・秋の移動する高気圧に影響する?

日本に影響を及ぼしている気団は全部で5つ!
 
冬→ シベリア気団。冷たくて乾燥している
夏→ 小笠原気団、赤道気団。温かくて湿っている
梅雨→ オホーツク気団。冷たくて湿っている
春・秋→ 揚子江気団。温かくて乾燥している
 
 




春の移動性高気圧の代表的な気象現象は?

春と秋は、晴れると温かくて乾燥しているから気持ちいいですよね。
でも、天気が崩れると途端に真冬のように冷え込むときがあります。
 

□春の移動性高気圧の東側

移動する進行方向の前半の東側は、上空から空気が流れ込むので「晴天」「風が弱い」という天候となるので温かい日になります。
 

□春の移動性高気圧の西側

移動する進行方向の後半の西側は、南寄りの湿った空気が流れ込むので雲が広がって天気が崩れます。
 

□春の移動性高気圧のときの夜は・・・・

冷たい空気の性質を持っているので、日中は暖かくても夜になると急激に温度が低下することが良くあります。(絶対ではないですよ。)
  
このときに放射冷却現象が発生して、地表の熱が奪われるので急に冷え込みます。これが「霜=晩霜/遅霜」と呼ばれる現象です。
  
  


最後に・・・

春の移動性高気圧の前半の日中は、洗濯日和、日光浴日和、布団干し日和などですが、後半は天気が崩れやすいので要注意!
 
それでは、機会がありましたら、春の移動性高気圧を天気予報でチェックして見てくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 天候・天気

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。