鯉のぼりをあげる期間と洗って片付けるまでの取り扱い方法!

   

 

  
子供のいるご家庭では、鯉のぼりをあげることが多いと思いますが、「いつ~いつまで」あげたらいいのか困ったことがありませんか?また、片付けるときに気を付けることなど、鯉のぼりをあげる期間と片付け方について紹介しますね。
 
 


 
スポンサードリンク


鯉のぼりはいつからいつまであげる?

「鯉のぼりはいつからいつまであげたらいいの?」「鯉のぼりをあげる、行事としての決まりは?」、この様に鯉のぼりを、いつあげたらいいの?いつまであげておくものなの?と疑問に思われることがよくあります。
 

鯉のぼりをあげる時期の決まりは?

他の行事と違って、鯉のぼりをあげる時期に決まりはありません
地方性が強いので、あげ方、あげる時期や期間がバラバラなんですよ。
 

どんな時期に鯉のぼりをあげている?

これが、日本全国の鯉のぼりをあげている期間!という訳ではありませんが、大雑把にまとめてみました。

●春彼岸が終わったら出す・・・3月23日頃~
 
●4月に入ったら出す・・・4月上旬頃~
 
●4月中旬に出す・・・4月中旬頃~
 
●5月に入ったら出す・・・5月1日
 
※春彼岸
彼岸は、仏様(仏教)に関わる日なので、鯉のぼりをあげる習慣とは関係ありませんが、季節の切り替えとして目安になります。
 
※4月中旬・上旬
特に決まりはないので、4月中の出しやすい日に鯉のぼりをあげてください。
 
※5月に出す
二通り考え方があります。一つは5月1日~5日や10日頃まで「短期間飾る」という考え方。
 
もう一つが、旧暦の端午の節句は5月末頃なので、その約1ヶ月前から飾ります。一般的には現代の暦で、5月5日を端午の節句としています。
 

一般的にはいつからいつまであげるの?

一般的には、「4月中旬頃~5月中旬頃」、鯉のぼりをあげています。この「頃」という、なんとも曖昧(あいまい)な表現をしているのは、決まりがないから、都合の良い日、天気の良い日など、自分たちにとって都合の良い日を選んであげて構わないからです。
 

片付ける日はいつ?

端午の節句が終わったらすぐに片付ける、端午の節句から数日後に片付ける、1ヶ月はあげているなど、ご家庭ごとの都合で構いません。ただし、鯉のぼりを片付けるときには、取り扱いに気を付けくださいね。
 
 


鯉のぼりを片付けるまえの洗い方は?

生地の素材によって、洗い方は多少異なるかもしれませんが、基本的には”手洗い”してください。
 

洗い方

1、家庭用プールやお風呂の浴槽などに水を張ります。
2、台所用の洗剤を水に加えて、やさしく浸け洗いします。
3、汚れがひどい場合は、優しくもみ洗いしてください。
4、洗い終わったら、綺麗な水ですすぎます。
5、絞らないで干します。
 
※洗剤は漂白剤は避けてくださいね
※多少の色落ち、金箔落ちは仕方ないと思ってくださいね
※ギューギュー絞ると痛んでしまいます
 

クリーニングに出す?

ドライクリーニングに出すと、色が変色したり、模様が剥げる場合があります。また、金具部分が破損する可能性もあるのでお勧めしません。
 

ナイロン製でも色落ちする?

化繊の場合、長年雨風にさらす/使えば多少色がくすむことはありますが、基本的に雨で色落ちすることはないので、出しっぱなしで構いません。もし汚れや色落ちが気になる場合は、雨の日は取り込むと、汚れと傷み防止ができます。
 
 

スポンサードリンク

鯉のぼりのしまい方!気を付けることは?

一定期間干しておいた鯉のぼりには、多少でもホコリや汚れがついています。また、やや湿っているという場合もありますが、そんなときは・・・・
 
綺麗にする・・・「洗う/乾拭き」
汚れがひどい→ 洗濯→ 干す
目立った汚れがない→ 乾拭き
 
湿り気があるとき・・・「干す」
しっかり乾かしてください。
 
鯉のぼり以外・・・「絞った布」「乾いた布」
ポール・ロープ→ 汚れを落とす
滑車・矢車→ 汚れを落とす。可動部と結合部に油をさす。
※油を挿したら、もう一度綺麗な布やペーパータオルで拭いてください。表面を油でコーティングするイメージです。
 
片付ける
「汚れを落とす」「乾燥」「油をさす」、この三つの作業が済んでからしまってください。保管場所は、濡れない場所や湿度の高くない場所にしてくださいね。
 
 


最後に・・・

鯉のぼりは、一般的には1年に1回しか出さないので、保管に気を付けてください。翌年出したら傷んでいた・・・、なんてことがあるかもしれません。まとめると・・・・・
 
「汚れを落として、乾燥させて片付ける!」
「湿度の低い場所で保管!」
 
それでは、毎年端午の節句には鯉のぼりをあげて、かわいがってくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。