伊勢エビは網の仕掛けから抜け出せる?習性について!

   


 
伊勢エビ漁の一つに網漁がありますが、生き物の習性という観点から見ると、どれだけ効果があるのでしょうか?魚と違って伊勢エビには足と触覚があるので、もしかしたら抜け出せる?なんて考えられないでしょうか?そんな伊勢エビの習性について紹介しますね。
 


 
スポンサードリンク


伊勢エビは網の仕掛けから抜け出せる?

伊勢えびや他の海のエビを捕るのに網を投げ込んで、おもりで沈める。翌日、網を引き揚げてみるとエビやら貝やら、色々かかっている。というのが一般的な網漁のイメージです。
 
でも、伊勢海老のように大きくて、実はすばしっこっくて、力強いエビはどれだけ網に対して賢いのでしょうか?
 

伊勢エビの体について


 

伊勢えびの網を使った実験

水槽を用意して、漁師が使う磯建網(おもりを底に落として仕掛ける網)を使って伊勢えびの行動を観察する実験が行われました。実験をしたのは「魚との知恵比べ」の著者・川村軍蔵氏です。
 
水槽に網を入れておくと・・・・
→ 観察中、第1触覚や足が触れると後退する
→ 棒でつついて体に網に絡めたが、足を使って自力で脱出
→ 網に絡まっても、30分~翌日には脱出
 
「伊勢えびは網が体に絡まっても脱出できる!」ということが判明しました。
 
  


伊勢エビの網漁とは?

ところで、実験では網漁で使われる網を使用して、伊勢エビの習性を観察していますが、網漁について簡単に説明しますね。
 

建網を使った漁法とは?

網の下部におもりを付けて、潮に流されないように沈めた仕掛けです。網の数は1枚、2枚、3枚と目的の魚やエビなどによって数が変わります。
 
仕掛ける時間は、夕方仕掛けて翌朝あげる、朝仕掛けて夕方あげる、仕掛けてから数時間であげる、など場所と対象の生物によって異なります。
 

網で捕って、伊勢エビの個体数は減らないの?

網で捕る方法は1回で大量に引き上げられるから効率的ですよね。でもその反面、稚魚や他の生き物まで引き上げてしまうことがあります。また、大量に効率よく捕れる半面、早く魚やエビの個体数が減少するのでは?ということも考えられます。
 
ところが、伊勢エビの個体数が減らないのには二つの要素があるから減少していないといわれています。
 

漁協組合が制限しているから

「みえぎょれん」さんを参考に挙げてどんな規制をして、どんな努力をして個体数の維持・向上を図っているか紹介します。
 
●「数量制限」をして、値段が高騰しすぎない、下落しすぎないように一定量だけしかとらないようにしている。
 
●「サイズ制限」を行っているのと、小さいサイズが捕れたら禁漁区へ再放流して、規定サイズになるまで捕らないようにしている。
 
●「禁漁区域と期間」を設けているので乱獲されないようにしているのと、禁漁区域内で大きく育つようにしている。
 

網から逃げ出しているのかも・・・?

先ほどの実験から、網から「自力で脱出できる」のが伊勢エビなので、多くの伊勢エビが仕掛けから脱出して、自然繁殖して増えているのかもしれない!とも考えられます。
 
 

スポンサードリンク

伊勢エビの漁にはどんな方法がある?

伊勢えびはスーパーで買ってくるもの!というのが都会や山に棲んでいる人の認識だと思いますが、海に棲んでいる生き物なんですから、様々な方法で捕られているわけで・・・・。それでは、どんな方法があるのか、わかる範囲でここにまとめますね。
 
「釣り」で釣り上げることができます。エサや仕掛けは人や場所によって異なると思いますが、目安として・・・


ハリス・ミチ糸・・・6号くらい
 
竿とリール・・・糸の強度に合った短めの竿
 
エサ・・・アオイソメ、アカイソメ、魚の切り身、イカ(以外な事に・・)
 
釣り方・・・岩礁地帯やテトラポットに落として、かかったら一気に引き上げる!

 
「網」の場合は、遊漁つまりレクリエーションとは呼びづらいので、漁師以外の人が行うことには疑問があるかもしれませんが・・・・。網で捕るという方法があります。
 
「タコで捕る!」といわれると何のことか分かりづらいと思いますが、伊勢エビの天敵は「タコ」なのです。タコの足を伊勢エビの住家に差し込むと・・・飛び出して来たところを捕まえる!という方法です。
 
「フリーダイビング」というとちょっと格好いい呼び方ですが、いわゆる素潜りでとることです。

他にもまだ伊勢エビをとる方法があるかもしれませんが、そこは自分だけの秘伝の技ということにしておいてくださいね。
 
※禁漁区・禁漁期間では捕らないでくださいね。
 
 


最後に・・・

ザリガニでも伊勢えびでも、仕掛けを作っても逃げられるという経験からすれば似たようなものです。一方は高級なエビ、もう一方は小川や田んぼのアゼに潜んでいる生き物と、金銭的価値からすれば大きな違いがありますよね。
 
でもそんなエビの習性を知れば、素人でもエビの仕掛けに挑戦したり、エビの観察をしたり、禁漁区域と期間以外で違法にならないようにエビの仕掛けに挑戦してみたり、ザリガニ捕りに応用したりできるかもしれません。それでは、こんな知識を活用して、エビの観察や実験に役立ててくださいね。
 
  

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の諸々話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。