梅雨と菜種梅雨の違いと梅雨がつく季語はどれだけある?

   


 
春と夏の間の長雨の時期を「梅雨」と呼びますが、梅雨と菜種梅雨は何が違うのでしょうか?また、他にも梅雨を表す言葉や、梅雨の期間中の天候を表す言葉には種類があります。そんな、梅雨の語源や、梅雨の期間中に関係する言葉について紹介しますね。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


梅雨と菜種梅雨は何が違う?

どちらも梅雨という言葉なので混同しそうですが、二つの梅雨という言葉は異なる時期を表しています。
 

梅雨とは?

梅雨とは、現在は長く降る雨の事を指していますが、昔は暦に沿った季節のことを指してもいたんです。
 
●梅雨の別語と読み方
梅雨/黴雨・・・つゆ、ばいう
五月雨・・・古語でさみだれ
 
●国語辞典にはどのように記載されているかというと・・・・

「6月前後の雨や曇りの日が多く現れる時期をいう頃。また、その時期の気象状況。北海道を除く日本および中国の揚子江流域。朝鮮南部に特有のもの」 日本国語大辞典・小学館

 
●梅雨の語源は二つの節があります。
中国からこの時期の雨を「梅雨(ばいう)」として伝わります。その後、江戸時代頃になってから「つゆ」と呼ばれるようになりました。
 
・雨が降ってカビが生える湿った時期から「黴雨」
中国では、黴(かび)の生えやすい時期の雨という意味から「黴雨・ばいう」と呼んでいたといわれています。そしてカビの「黴・ばい」から、この時期に熟れる「梅・ばい」という同じ発音の言葉があてられるようになったという説があります。
 
・梅が熟して落ちる時期の雨だから「梅雨」
この時期に梅が熟して落ちる時期だから「梅」、そしてこの時期に雨が降り続くところから「雨」の字があてられて「梅雨」となったという説。
 
●五月雨の語源は田植えに関連しています。
旧暦の五月頃(五月)、田植えの時期に降り続く雨だから「五月雨」
 

暦上の梅雨の期間は?

昔は、種まきを始める日と1年で最も日が長い日の期間を梅雨といっていたんです。昔は「期間」のことを指して、現在は「季節」のことを指しています。

●梅雨入り・・・芒種の後の壬(みずのえ)の日
●梅雨明け・・・夏至の後の庚(かのえ)の日
 
※芒種・・・現在の6月5日頃
※夏至・・・現在の6月21日頃

 

菜種梅雨とは?

菜の花のことを「菜種」といいますが、この菜種が咲く時期に降り続く雨のことを指しています。そして、この菜種が咲く時期は、毎年3月下旬から4月上旬頃になります。つまり、昔から使われてきた「梅雨」とは一切関係ないんです。
 

他にも春に降り続く雨の呼び名はある?

因みに、菜種梅雨はそんなに古い言葉ではありませんが、この時期の雨を指す別な言い方が昔からあるんですよ。菜種梅雨を始め、花が咲き始める時期に降り続く雨を指した、季語として使われやすい言葉なんですね。
 
●春霖・しゅんりん
「霖」とは雨が降り続く事を指している漢字。春に降り続く雨のこと
 
●春雨・はるさめ
植物の芽が出始める頃降る、細かい雨のこと
 
●催花雨・さいかう
早く花が咲くように、催促するように降り続く春の雨のこと 
 
 

スポンサードリンク

梅雨入りと梅雨明けと梅雨の期間中を表す言葉

梅雨入りと梅雨明けという言葉は、広く一般的に使われているからご存知の通りで、梅雨入りは「梅雨の季節に入ること」、梅雨明けは「梅雨の季節が終わること」。
 

梅雨入り/明けの他の言い方は?

●つゆのいり・入梅
つゆの期間/季節にはいること。
 
●つゆあがり・梅雨上がり
●つゆあき/つゆあけ・梅雨明
「つゆあがり」「つゆあき」は聞きなれない言葉ですが、どちらも梅雨の期間/季節が終わること   
●つゆあけとおか・梅雨明十日
梅雨が明けてから暫くの間、天気のいい日が続くこと
 

梅雨の期間中、季節や天候を表す言葉は?

●つゆき・梅雨期
梅雨の期間全体のこと。
 
●つゆかみなり・梅雨雷
梅雨の間、特に梅雨前なる雷のこと。
 
●つゆさむ・梅雨/つゆびえ・梅雨冷
梅雨の期間中、急に冷え込むこと。また梅雨の間、季節外れの寒さが訪れること。
 
●つゆくもり・梅雨曇り
梅雨の期間中、どんよりとした雲におおわれた日のこと。
 
●つゆばれ・梅雨晴れ
梅雨の期間が過ぎて晴れること。または、梅雨の期間中、一時的に晴れ間がのぞくこと。
 
 




他にも梅雨の季節を言葉はある?

梅雨時期に起こることを、よく「〇〇梅雨」と言いますが、他にはどんな言葉があるのか紹介しますね。
 
●つゆきのこ・梅雨茸
梅雨に生える茸のこと。一般的に茸は秋に生える植物ですが、湿度が高くなる梅雨時期にも生えます。
 
●つゆあおい・梅雨葵
立葵(たちあおい)という、植物のアオイ科の別名のこと。丁度、梅雨時期に花が咲き始めて、梅雨が終わるころ花が散るからです。
 
●つゆあかり・梅雨明
”つゆあけ”と同じ字を書きますが、”つゆあかり”と読むこともできます。梅雨の間、夕方雨が止んで空が明るくなること、薄日が差すこと。
 
●つゆのつき・梅雨の月
梅雨の期間中の晴れ間に出る月のこと。また、露(つゆ)に濡れた木々や葉に付いた水滴が光る様子を星に例えたもの。
  
●つゆのほし・梅雨の星
梅雨の期間中、雲の間から出る星のこと。
  
●つゆのよいばれ・梅雨の宵晴
梅雨の間の夕方、晴れ間がでること。
  
  


最後に・・・

梅雨とは6月~7月の雨の時期とばかり思ってきましたが、昔は時期を指していたんですね。また、季語としての梅雨という使い方が沢山あるので、是非普段から活用してくださいね
 
  

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 天候・天気

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。