潮干狩りのときはどんな服装?帽子と上着と履物のコツ!

   


 
潮干狩りのときは、余程行き慣れていたり、浜辺の近くに住んでいたりしないと、どんな服装で行ったらいいのか迷うと思います。そこで、潮干狩りの最中の服装はどうしたらいいのか紹介するので、参考にしてくださいね。
 


 
スポンサードリンク


潮干狩りの服装!かぶり物!

潮干狩りの服装で大切なのは、「動きやすいこと」「汚れても構わないこと」「そして日差し対策」の3点に注意をしながら、どんな可愛い/格好いい服にするのか決めてくださいね。
  

潮干狩りで首から上で大切なことは?

ビーチは日差しが強いですよね。この日差しからは、「日焼け」と「暑さ」の二つのダメ―ジから体を守るために身に着けると思ってくださいね。
 
だから、直射日光を遮るために「帽子」を被って、日差しから目を守るために「サングラス」が必要になるんです。
 

潮干狩りで首から上で必要なものは?
帽子・・・ハットがベスト!広いツバのハットを選ぶといいですよ。
 
サングラス・・・目を保護するのにとっても重要!
 
日焼け止め・・・水面や地面からの照り返しは帽子では防げません!
  
 
動きやすい服ならアウトドア用品がべスト!



潮干狩りのときのトップスと手袋は?防寒も必要?

服装で大切なのは、「快適なこと」「汚れても構わないもの」「日焼けを防げるもの」を優先して考慮してくださいね。その後から、ファッションを考えると良いですよ。
 

潮干狩りで快適な服とは?

早いところでは、3月頃から潮干狩りが楽しめます。それから初夏まではあちこちのビーチや干潟で楽しめますが、3月とゴールデンウィークと初夏では気候が全く違いますよね。また、濡れることを前提にした場合と、風の強い日の場合でも快適な服装が変わってきます。
 
そこで、「動きやすいこと」「行く日の天候」「海風があること」「日差しが強いこと」「濡れる/汚れること」の5点を前提に着るものを選んでくださいね。コツは「重ね着」をすること!中は水着と半袖のTシャツなどを着て、上からフーディーやウィンドブレーカーを羽織り、暑いときは脱ぐ、涼しくなったら着て調節すると快適度が増します。
 

潮干狩りで快適に過ごす服装の例は?
化繊のTシャツ
速乾性がある、乾くときに体温を奪わないので快適度が増します。
 
長袖のTシャツ
日焼け対策をしたい人は、薄手の長袖のTシャツ
 
フーディーウィンドブレーカー
天気の良い日は中が蒸れるのが欠点。風があるときは薄手でも体温が奪われないので快適!
 
ベスト
アウトドアでは効力を発揮します!腕は風にさらされても我慢できるけど、胴体が冷えると寒く感じます。
 
手袋
むき出しの手で熊手を握って掘って構いませんが、手作業をする場合も出てきます。そんなとき「手を保護する物」があればさらに安心!手の甲の日焼け対策にもなります。
 
※ここで紹介した全ての服を用意する必要はないですよ。例えば・・・
 
「Tシャツ+ フーディー/ウィンドブレーカー/長袖のTシャツ/ベスト」
「水着+ 長袖のTシャツ+ フーディー/ウィンドブレーカー/ベスト」
 
この様に、上から羽織るものと、中に着るものを組み合わせて行くのも一つの手です! 
 

スポンサードリンク

潮干狩りはどんなズボン?履物は?

行き帰りの道中、パンツやシューズは普段着でも構いませんが、潮干狩りの最中はミスマッチになることが多いと思います。
 

潮干狩りのときに履くものは?

道中はスカートやパンツなど、好きな服装で構わないし、シューズもおしゃれサンダルでもブーツでも構いません。現地に着いてから着替えればいいだけです。でも、着替えは面倒くさいですよね。
 
そこで、潮干狩り中のオススメは、「短パン/7分丈パンツ」「ストレッチの効く素材」「汚れでも構わないもの」「スポーツ/ビーチサンダル」が基本!女性の場合はショートパンツで行って、汚れても構わない布を腰に巻くパレオで潮干狩りなんて服装もアリです。
 
シューズも、現地についてからビーチサンダルやスポーツサンダルに履き替えるか、そのまま履いてお出かけするといいですよ。素足で潮干狩りでも構いませんが、貝の破片などで足を切る可能性がありますからね。
 
何か履いている方が安全度が増しますが、もしサンダルでお出かけする場合は、予備でソックスがあると帰りに冷えたときに助かるときがあります。
  

潮干狩りで快適なパンツ履物
水着
下着代わりに着て行く。帰りに着替えるという手もあります。
 
ショートパンツ
足元が濡れる/汚れるので、短かいパンツで潮干狩りをします。短くても七分丈くらいまでと思ってくださいね。
 
パレオ
短いパンツで行ったはいいけど、寒い!かわいくない!スカートが良かった!など色々あるでしょう!そんなときに役に立ちます。ただし汚れても構わないものが理想的です。因みにスカートは不向きですよ。
 
サンダル
ビーチサンダルやスポーツサンダルなど、濡れても構わない履物を用意してください。勿論、汚れても構わない靴でも構いませんよ。でも洗うことを考えたらサンダルの方が楽ですよね。
 
 


最後に・・・

最後に、あったら良いものは、念のための「着替え」、体や足を拭く「タオル」、汗をかくかもしれないので「タオル」、帰りに磯臭い手を綺麗にするために「除菌タオル/ティッシュ」、切り傷などいざというときのために「簡単な救急用具」などがあるといいですよ。
 
それでは、潮干狩りで優先するのは快適性!ファッションに関してはお好みで!潮干狩りを楽しんできてくださいね!
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。