梅雨入りと梅雨明けはどんな条件が揃ったとき発表される?

   


 
梅雨入りと梅雨明けは、いつどうやって決まっているのか疑問に思いませんか?特に、雨が少ない梅雨期間、雨が多いのに梅雨入りしていないときなど、何が梅雨なのか分からないですよね。そこで、どんな状況になると梅雨になるのか紹介しますね。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


梅雨入りの条件とは?

私たちの感覚で「梅雨」というと、雨が多く降ることや沢山降ることをイメージしますよね。それは間違えではないんですけど、気象学的にはもう少し違った基準があります。
 

梅雨入りとは

梅雨とは、「梅雨前線が日本の近くで停滞するようになること」を言います。そして梅雨入りとは、「その年の春とこの先の天気を予想して、雨が多くなり始める日」を指します。
 
そして梅雨前線とは、「冷たいオホーツク海高気圧」と「湿度が高くて湿った太平洋高気圧」がぶつかってできる前線のことで、この前線がいつ日本の上空に来るのかは、その年によって変わります。
 

なぜ梅雨入り宣言が必要?

雨が降りやすくなると水害が発生しやすくなります。また、大雨になれば更に災害が発生する確率が上がるので、注意をするために梅雨入り宣言を行うと、気象庁ではいわれています
 
つまり、沢山の雨が降ったり、合計雨量が一定以上になったりするのと、梅雨は関係ないということなんですね。

 
・気圧とは?→ 「高気圧と低気圧について」 
 
・前線とは?→ 「秋雨前線と気団について
 

 


梅雨明けの条件とは?

今度は、反対に梅雨明けについて、どんな条件が揃ったら梅雨明けとなるのでしょうか?雨が連続して降らなくなったら梅雨明け?なんてイメージがありますが、実のところどうなのでしょうか?
 

梅雨明けするのはどんな条件が揃ったら?

平年だと7月中旬頃、東北の北部付近に停滞していた「梅雨前線」が、前線の形が崩れます。こうして前線が無くなると梅雨明けとなります。
 
ただし、梅雨が明けたからと言って雨が降らないわけではありません。太平洋高気圧と大陸性の冷たい低気圧や、冷たいオホーツク海高気圧などが一時低にぶつかって雨が降ることも珍しくありません。
 

梅雨明け日に期限はある?

梅雨前線がいつまでも停滞する冷夏の年や、梅雨前線ができたかできないのか不確かな年など、いつ梅雨明けにしたらいいのか分からないときがあります。
 
いつまでも天気が定まらず前線が停滞したままの年は、夏が終わり秋になるまでを梅雨としています。つまり、梅雨明けの期限は「立秋の二日後まで」になり、秋からは「秋雨前線」になります。
 
 

スポンサードリンク

梅雨の期間は2種類考え方がある?

現在の梅雨とは、ここまでの説明によると、梅雨前線で出始めた5月頃の沖縄から、梅雨前線が無くなる7月頃の東北の約3か月間、各地では約1ヶ月半の期間の事でしたよね。つまり、気象状況に合わせて決めています。
 
もう一つは、昔の梅雨の考え方になります。「暦」として、二十四節気(にじゅうしせっき)の「芒種の壬(みずのえ)の日~夏至の庚(かのえ)の日」と呼んでいました。つまり、現代の言葉に要約すると、毎年カレンダー上で決まった期間の事となります。
 
そこで、現在の梅雨と古い梅雨にはメリットとデメリットが考えられます。
 

それぞれの梅雨のメリットは?

●天候で決める・・・雨の降りやすい天候を伝えることで災害を減らすことができる
 
●暦で決める・・・昔は、梅雨入りする芒種が苗を植える日の目安でした
 

それぞれの梅雨のデメリットは?

●天候で決める・・・古い暦に沿って毎年決まった時期に行事が行えない
 
●暦で決める・・・時季外れの大雨による災害のリスクが高まる
 
 


最後に・・・

私たちのイメージの梅雨とは、昔の「暦」に沿った期間という部分があるのではないでしょうか?一方、現在は梅雨前線が出始めたときから無くなるまでの、「天候次第」の期間の事を指しているということです。
 
だから梅雨入り後、前線が弱まって雨が少なくても、前線が活発で連日雨でも、梅雨前線が北上するか無くなるまでが、「梅雨の期間」となるんです。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 天候・天気

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。