クーラーボックスの臭いがつかない対策と臭いをとる方法!

   


 
クーラーボックスやクーラーバッグを使ったあと、臭いに困ったことがありませんか?魚や臭いのきついものを取り出して解決すれば簡単ですが、内側にこびりついた臭いは厄介ですよね。そんなときの対策方法と、内側についた臭いを取る方法について紹介しますね。
 


 
スポンサードリンク


クーラーボックスの臭い対策は?

魚を入れた後のクーラーボックス/バッグには、どうしても臭いがついてしまいますよね。慣れれば魚くさい程度で済みますが、別な目的でクーラーボックスを使うときに匂うと気になりませんか?
 
そこで、「臭いが付きずらい使い方」をすれば、毎回洗って乾かす手間が要らなくなります。
  

臭いがつかない対策方法
●魚は「ジップロックに小分け」に入れる。
 
●氷などを入れる前に「サランラップやポリ袋(大きなゴミ袋)を敷く」、魚や貝が直接クーラーボックスの内側に触れずにすむ
 
●使い終わったあと「完全に水気を切る」。水気がついたまま長期間放置すると、独特の臭いが染みつくことがある。
 
釣り以外でも、ピクニックやスポーツ観戦など使い終わったら水気を切る。肉や野菜を入れてBBQに行ったときも、肉汁や野菜汁が付かないように気を付けるだけで、かなり違いがでるんですよ。
 
それに、ジップロックやポリ袋を使えば、使用後に洗う手間が省けますからね。
 
 


クーラーボックスの臭い取りにはキッチンハイターとスポンジ?

どんなに気を付けても、使用すれば臭いや汚れは付くのは仕方ありません。そんな時は、お決まりのキッチンハイター!代わりに洗剤でも構いません。
 

臭いがついたときの洗い方は?

クーラーボックスを使い終わったら洗うだけです。洗い方は簡単で「キッチンハイター適量と水適当に入れて、スポンジで優しくこする」、たったこれだけの作業で完了!
●キッチンハイターを使用
●キッチンハイターが無ければ液体洗剤を使用
●スポンジの柔らかい/細かい方の面を使う
 

洗うときに気を付けることは?

優しく洗ってくださいね。内側に傷がつくと、そこに水や臭いの元がこびりつくことがあって、臭いを落とすのが大変ですからね。
●荒い目の方は使わない
●ゴシゴシ強くこすらない
 
  

スポンサードリンク

クーラーボックスの臭いを取るには重曹?

掃除やあちこちの汚れを落とすとき、洗剤の変りに重曹が有効なのは有名ですが、二つの利点「消臭効果」「汚れ取り効果」があるんです。
 

重曹を使った洗い方は?

重曹を使った洗い方は最も手間が掛からない”放置”タイプの洗浄なんです。

1、クーラーボックスにぬるま湯をたっぷり入れる
 
2、重曹を適量入れてよく混ぜる
 
3、数時間放置
 
4、ぬるま湯を捨てて水ですすぐか、スポンジで優しくこすってからぬるま湯を捨てて水ですすぐ
 

重曹で洗うときに注意することは?

重曹は粉末状ですよね。だから、完全にぬるま湯に溶けきらない間にスポンジでこすると、クーラーボックスの内側に傷がつく可能性があります。

●重曹をぬるま湯の浸け洗いがベスト
 
●しつこい臭いと汚れのときは、スポンジの柔らかい方でそうっと優しくなでるように洗う
 
 


最後に・・・

クーラーボックスは遊びに行くときの道具(ツール)の一つです。だから、ときには豪快に使うことも重要!多少の傷は使用していれば仕方ありません。でも臭い対策は、ちょっと気を使ってあげれば、防ぐことも洗うことも簡単!それでは、どんどん使って遊びに精を出して下さいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。