土用の期間中にやってはいけない事とは?丑の日前後は要注意!

   


 
土用の丑の日といえば、暑い夏の日にウナギを食べることを連想すると思います。でも今回はうなぎではなくて、土用という季節が変わる日から18日前までの期間中、行ってはいけないとされる事など、土用の丑の日の風習を紹介しますね。
 


 
スポンサードリンク


土用の丑の日はなぜ土に触れてはいけない?

土用とは雑節の一つで、この期間中は土を動かしてはいけないというのが、昔からの決まり事でした。それでは、なぜ土を動かしてはいけないのでしょうか?
 

土用の期間中、なぜ土いじりがダメなの?

土用という言葉のとおり、この期間中は「土公神(どくしん・どこうしん)」という、陰陽道における土の神様、のちに仏教では「堅牢地神」(けんろうちしん)でもありますが、この土の神様が土用の期間中は土にいるといわれてきました。
 
だから、土を動かすと神様に失礼にあたるので、土に触れてはいけない/土を動かしてはいけないといわれてきたんです。
 

土用の期間とは?いつからいつの事?

「土用の丑の日」という一つの言葉が定着していますが、これは「土用」という期間と、「丑の日」という12日間に1度訪れる日を合わせた言葉なんです。そして、土用という期間は4つの季節の変わり目に訪れる、次の期間のことです。

冬土用・・・立春の2月4日頃~18日前
春土用・・・立夏の5月6日頃~18日前
夏土用・・・立秋の8月7日頃~18日前
秋土用・・・立冬の11月8日頃~18日前
 
詳しく雑節と土用とウナギについて知りたい方は、詳しくは別記事「土用の丑の日とうなぎの日とはどんな日?」をご参照くださいね。
 
 


土用中には土木工事や庭作業もダメ?

雑節とは農作業や生活などの目安にされていましたが、春土用を過ぎてから土を耕し、夏土用までには田植えを終え、秋土用には収穫を終えている時期となります。
 
春は、田植え前は土の神様がいて苗を植える準備。
夏は、田植えを完了させて根が張る頃、土の神様がきて植物が育つ時期。
秋は、収穫が終わって土を休ませる時期に入り、収穫を土の神様に感謝する時期。
 

なぜ土の神様が偉いの?

五行説(木・火・土・金・水)と陰陽説を合わせてた「陰陽五行説」を用いた占いなどが、日本の生活に大きく影響を与えていました。
 
このときの方位がとても重要で、全ての方位の中心であり、一番尊いのが「土」といわれてきたんです。
 
その最も尊いといわれる、土を司る神様がいる時期が季節の変わり目の前で、昔は「清明」「小暑」「寒露」「小寒」という4つの時期でした。現在は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前の18日間になります。
 

土用にはどんなことを避けるの?

土の神様がいる間は、土に触れてはいけないというところから「庭で土を起こす作業」「建物の土台に関わる工事」は禁忌となります。
 
ただし、土を動かさない建築資材の搬入や、庭作業道具の手入れや購入などは問題ありません。家を建てるときや庭作りをするときには、土用に作業をしないように注意してくださいね。
 

昔の土用も土を避けていた?

因みに、昔は土を掘り返す事が一切禁じられていたので、東宮の邦良親王がなくなられたときですら、「春の土用のため埋葬できない」と記録が残っています。

それくらい、たとえ死者の埋葬であったとしても土を掘り返してはいけないといわれていたので、家屋などの建築、畑仕事はなおさら禁忌とされていたんです。
 
 

スポンサードリンク

土用中でも禁忌の休息日の間日がある?

あれがダメ、これもダメといわれると、忙しい日々を送る現代人には何も出来なくなりそうですよね。安心してください。ちゃんと中休みのような日が土用期間中にあるんです。
 

土用の期間中に土に触れていい日がある?

一定期間中は神様がいるけど、一部の日には神様がお休みになるという日があるんです。この様な、あいまの日を「間日(まび)」といいます。
 
「土用の間日」とは、各期間の干支の日と決められています。例えば、春の土用中は、巳・午・酉の日など土に触れる作業をして良い日となります。
 

各土用期間中はいつが間日?

次の期間中は、土に触れる作業をして良い日です。安心して工事や庭仕事に精を出ししてくださいね。

冬土用・・・寅の日、卯の日、巳の日
春土用・・・巳の日、午の日、酉の日
夏土用・・・卯の日、辰の日、申の日
秋土用・・・未の日、酉の日、亥の日
 
 


最後に・・・

土用の丑の日にウナギは食べなくても構いませんが、お風呂に浸かって土作業は避けるというのが昔からの風習です。土の神様のいる、土用中の土作業には気を付けてください。
 
それでは、土用の丑の日の習慣を思い出した、海に入り、うのつく食べ物を食べ、お風呂に入って、1日を充実させてみてはいかがでしょうか。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。