イワシ鰯という魚の漢字と名前の由来と語源辞典

   

 
20 イワシ 
 
 
イワシの語源と漢字の由来は幾つか説がありますが、どんな経緯でイワシとなったのか、何故鰯という漢字が付けられたのでしょうか?
日本では太古の昔から食べてきたイワシ・鰯の名前の語源や、漢字の由来について紹介します。
 
 

スポンサードリンク

 

イワシ・鰯の語源・由来

■イワシの名称の由来

・イワシは直ぐに弱って、簡単に死んでしまう魚だから、ヨワシ(弱)という言葉がなまって「イワシ」になったという説。
 
・弱いという字は、弱(いわ)けという読み方から転じて、イワケ→イワシという説。
  
・童という字も「いわけなし」とも読めるため、幼い者は心身が弱いので、この魚を童児に見立てて「イワシ」と名付けられたという説。
 
・下級の者が食べる魚だったので、卑しい=イヤシから言葉が転じて「イワシ」になったという説。
 

■昔の別名 ムラサキ

イワシの事を、昔の女性の言葉で“ムラサキ”と呼んでいました。鮎を色に例えると藍色と言われていたので、紫色をした魚だからイワシのことをムラサキと呼んだのです。
また、イワシの鱗をとって見ると、やや紫色に見えるからイワシのことをムラサキと呼んだという説もあります。
 
 

スポンサードリンク

 
 

ワシ鰯の漢字と名称について

ニシン目・ニシン亜目・マイワシ属、ウルメイワシ属、カタクチイワシ属を総称してイワシと呼びます。
また正確には、この3属とサルディナ属を合わせて4属のイワシの仲間がいます。
 
漢字:鰯 
学名:Clupeiformes Clupeoidei 
英名:Sardine, Round Herring, Anchovy 
漢名:鰮魚・沙丁魚・撒丁魚
 
 

■ごまめとも呼ばれたイワシ

昔、イワシは「ごまめ(五万米)」とも呼ばれていて、字のごとくお米を作る田んぼを作るときの祝い用の魚として用いられたから、また、干鰯という干したイワシを肥料にしたからだという説もある。
 
いずれにしても、このイワシを、(主にカタクチイワシ)別名“田作り”とも呼んでいました。
 
別の由来として、後水尾天皇が頭つき一尾という儀式を行ったとき、正月の祝肴として最も安いイワシを用いたため、農民達も田植えの祝肴として用いたので「田作り」と呼んだという説もあります。
  
 
 

イワシ・鰯の産地と旬の時期

■イワシの旬の時期

種類と場所によって旬の時期が違います。
ニシン科の「マイワシ」と「ウルメイワシ」、カタクチイワシ科の「カタクチイワシ」。この3種類のイワシを日本では「イワシ」と呼んでいます。
 
マイワシ 7月~11月
カタクチイワシ 9月~1月
ウルメイワシ 10月~2月
 

■大量と旬の時期のずれ

例えば、マイワシの場合は青森県では7月が大量、鳥取県では4月中頃が大量など。しかし旬という、食べておいしい時期は7月~11月なので、大量に捕れる時期と美味しい時期が、必ずしも一致していないこともあります。
 
 

■カタクチイワシの禁漁期間

イワシの中でも、カタクチイワシだけは禁漁期間が設けられています。
瀬戸内海では6月頃が解禁時期となっています。
 
 

■陸揚げ量の多い漁港

1、銚子漁港 (千葉県)
2、波崎漁港 (茨城県)
3、飯岡漁港 (千葉県)
4、片貝漁港 (千葉県)
5、大津漁港 (茨城県)
 
 

■イワシの用途

・煮干しとは、イワシを茹でてから干したもののことです。
 
・しらす干は関東、ちりめんじゃこは関西の呼び名で、どちらもイワシの稚魚を茹で上げて乾かした/干したものの事。
 
因みにしらす干しは生乾きで、ちりめんじゃこは完全に乾燥したものを指します。
 
 
 

最後に・・・

昔日本では雑魚扱いの魚でしたが、今では人気の魚の一つとしてその立場が確立されました。
また、世界中に生息しているので、海外に行って魚を食べたい!と思ったらイワシを探してみてください。ヨーロッパ、北米、オセアニアでも缶詰やお魚屋さんなどでよく見かける魚ですよ。料理方法や味付けは日本とは違いますけど・・・・・。 
 
  
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の語源辞典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。