船の名前に丸という字がつく理由と由来!海外の船の場合は?

   


 
釣りでも観光でも定期船でも、船に「〇〇丸」という名前が付いているのを見たことがあるか耳にしたことがあると思います。なぜ〇〇丸ばかりなのか不思議ではありませんか?また、海外にも船名に定番があるのでしょうか?そんな船の名前について紹介しますね。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


どうして船の名前には丸がつくの?

船の名前の最後に「丸」が着くのは、1900年(明治33年)に法律で、日本の船には「丸」を付けるように推奨されていたからです。推奨内容は次のように記載されていました。
「船舶の名称には成るべく其の末尾に丸の字を附せしむべし」
 

なぜ法律で「丸」を推奨していたの?

この推奨は、日本船に対する行政的な保護対策と考えて下さい。勝手に名前を付けないように、束縛しようとした法律ではありません。
 
当時の日本は開国したばかりで、外国船と日本船を取り締まる法律や、海上の国際ルールに合わせて、法律の整備が進められている最中でした。そこで、船舶の登録、船の国籍証明、日本の船という目印として「丸」を名前の最後に入れるように推奨していたんです。
 

今も「丸」が必要?

既に、2001年にこの項目は削除されています。だから船の名称は今まで以上に個人の好みで決めて構いません。今でも「丸」が使われているのは、これまでの慣例でだからなんです。
 
 


丸が付く船の名前の由来と歴史は?

日本の船に「丸」が使われている理由が分かったところで、いつ頃から「丸」が使われ始めたのでしょうか?
 

船の「丸」はいつ頃使われるようになったの?

現在分かっている最も古い文献は、1187年の仁和寺に残っている資料に「板東丸」が出て来るといわれています。他には、1600年頃朝鮮出兵のために秀吉が作らせた「日本丸」は有名な船ですし、江戸時代の大名船「安宅丸」も、当時は重宝された船です。
  

「丸」が使われ始めたのはなぜ?「丸」の歴史

丸の文字が使われるようになったのには諸説があります。


・まろ/麿、麻呂の発音が変化したという説
 
・平安時代頃には河川を利用した運送業が栄えます。この船の運送業の組織を「問(とい)/問丸(といまる)」と呼びました。そこから船には丸がつくようになったという説。
  
・「まる」とは、排泄をするという動詞の古語。汚いものは災いや悪いものが寄り付かないといわれていたので、災い除けに「まる= 丸」を使い始めたという説。
 
・〇は一周して必ず最初の地点に戻ってきます。出向してからまた必ず戻ってくるように縁起を担いで「丸」とつけたという説

 

※麻呂/麿まろとは?どんな言葉?

「自分のことを指す一人称」と「接尾辞」として使われていました。この接尾辞とは、今の~さんのようなもので、その言葉単体では意味をなさない言葉です。つまり、船に名前を付けて、~さんという、丁寧な呼び方でもあります。
 
 

スポンサードリンク

英語ではどんな船の名前が定番?

因みに海外、主にヨーロッパ文化では、女性の名前を着けるのが主流となっています。残念ながら定説は不明ですが、いくつかの諸説を紹介しますね。


・ポセイドンが男だから、その伴侶の女性として名付ければ守って貰えるという説。
 
・船が目立つようにペイントします。赤と白を多く使うところから、化粧をした女性を連想するという説。
 
・船の操作を女性に例えたからという説。
 
・出港するときや冠水式など、船のお祝いをするときの装飾した姿を、女性のドレスアップに見立てたのが船を女性に例えた始まりという説。

 
この様に幾つか説がありますが、大切な妻や娘の名前を付ける場合もあるので、船という大切な仕事道具を、家族の一部として見ているという考えもあるかもしれません。
 

マルシップとは?

因みに、英語でマルシップという言葉がありますが、日本の船にはマルがつくからマルシップといいます。または、日本国籍の船を、海外で外国人に貸出し、日本企業がチャーターする船の事です。
 
 


最後に・・・

船の名前にも歴史があるのが分かりましたが、これからは人の名前と同じように、色々凝った名前の船が登場することになるかもしれませんよ。新しそうな船を見る機会があったら、是非チェックしてみてくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。