海釣りの計画に必要なのは情報集め!調べる内容と必要な知識とは?

      2018/01/10


 
始めて海釣りをするときは、殆どの人が誰かにいつどこで何を釣るのか計画してもらったと思います。でも少しずつでも自分で計画を立てるようになると更に楽しみが広がるものです。そこで、海釣り初心者が始める釣行計画の立て方について紹介しますね。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


海釣りの計画なら先ずは情報集め!

どんな準備が必要かは、釣りのスタイルによって変わってきます。例えば、釣れても釣れなくても読書をしながら釣り糸を垂らしていればいい、日焼けや昼寝をしながら釣り竿を出していればそれで満足!そんな人達は、サビキの仕掛けとオキアミで、五目釣りを楽しめば良いだけです。
 
でも、狙った魚を釣りたい!美味しい魚を釣って持って帰って食べたい!という楽しみ方もありますよね。それでは、狙って釣る場合は情報集めが肝心!
   

釣行計画の手順!

1、魚の情報

釣り計画を立てるとき、一番最初に行うのが「今何が釣れている?」という情報収集です。アジを釣りに行ったとき、一生懸命防波堤で竿を出しても、沖にいたら釣れるはずないですよね。「釣れている魚の情報収集」から始めます。
 

2、どこで情報を得たらいい?

情報発信場所は、様々なところから入手できます。「釣り場周辺の釣具屋、釣り船屋のホームページ」「スポーツ新聞の釣り欄」は、ほぼ毎日、様々な最新情報が集まっていますよ。

欠点は、情報を探し慣れていないと、目的の情報に辿り着くのに時間がかかることですが、見慣れれば、釣りの最新情報の宝庫ともいえるでしょう。
 
「釣り雑誌」は、週刊/月間誌が多いですよね。8月の釣りは~、夏の釣りは~、など期間的な情報が入ってくるので、時間をかけて翌月や次の季節の計画を立てるのに役立ちます。欠点は、近日の最新情報が手に入らない事です。
 
「近所の釣具屋さん」には、釣り好きが集まっています。横のつながりや社内のネットワークで色々情報を持っています。つまり口コミ情報が集まっていると思ってください。
 

3、何を釣りたい?

釣れている魚と、釣りたい魚が一致していれば良いのですが、アジを釣りたいのにイカが釣れている!なんてことがあったとします。そんなときは、イカ釣りに変更するか、アジが釣れる場所を探すという選択肢ができます。「何を釣りたいの?」「釣れている魚を釣りに行く?」のどちらかを選んでください。
 

4、注意することは?

情報を発信する人達によって、得意な釣りエリアが異なる場合があります。船釣り屋は沖の情報を持っていますが、磯釣りは行っていないので磯釣り情報は持っていません。情報発信場所を選んでください。
 
沖に出て釣りたい場合は「船釣り屋さん」
磯や防波堤で釣りたい場合は「釣り場近くのエサ屋さん、釣具屋さん」
 

5、仕掛けを揃える

ここまで情報を集めたら、魚の種類や釣りのスタイルに合わせて「仕掛け」「エサ」を手に入れれば、当日に釣りを楽しんできてください!
 
 

スポンサードリンク

最後に・・・

海釣りは、感覚だけで釣るのは難しいんです。重要なのは、釣る前の情報収集が大きなカギを握っているんですよ!だから、魚を釣り上げる腕を磨くのと同時に、釣りの情報を得る腕も磨いてくださいね。
 
因みに、海釣りに必要な情報は魚だけではありません。もう一つ重要な情報があります。それは「潮」の動きなんです。興味のある方は別記事を参照してください。
 
  

 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 未分類, 釣りの話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。