海釣り初心者が知っておきたい潮の種類と動きと知識とについて!

   


 
海釣りには情報収集と様々な知識が欠かせません。情報とは、最新の釣れている魚やエサについて。知識とは、釣り場の環境や魚の習性などがありますが、今回ご紹介するのは「潮」についてです。潮の種類や潮の動きが、釣りにどんな影響があるのでしょうか?
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


潮の種類と海釣りにはどんな関係がある?

海の水は止まっているわけではない、という事はごご存知のとおりです。そして常に満ちたり引いたりする潮には更に大小の潮の動き方があります。
 
それが、1日に2回訪れる干潮と満潮と、数日単位で訪れる大潮や小潮など、2種類の潮があります。
 

〇釣りに影響する潮とは?

一番釣りに影響するのは「干潮」「満潮」です。月が影響して1日に2回、水位が上がったり下がったりしますよね。この潮が動くときに、魚も動いて釣れ易くなります。
 

〇他にも潮にはどんな種類がある?

もう一つ、釣りに影響するのは「小潮」「長潮」「若潮」「中潮」「大潮」という潮があります。1ヶ月に2回月が満ちたり欠けたりしますよね。この満ち欠けに合わせて、2週間単位で潮の動きが少しずつ変わり、釣りに影響します。
 

〇潮が大きく動く日と動かない日がある?

「大潮」が最も大きく潮が動きます
「中潮」→ 「小潮」→ 「若潮」の順番に大きく潮が動きます
「長潮」が最も潮が動来ません
 
一見、大潮がベスト、中潮がその次、若潮からは釣れない?と思われがちです。確かに大きく潮が動く日は釣れやすいと言われていますが、でも狙う魚の種類次第という部分もあるんです。潮の動きがあったら絶対に釣れる!という訳ではないことを覚えておいてくださいね。
 
 


海釣りで潮が動くとどんな影響がある?

2種類の潮があることが分かりましたが、それがどんな影響があるの?と思いませんか?
 

〇魚のいる場所が変わる!

潮が動いて満ち引きすると水位が変わります。水位が変わるという事は水深が変わるので、魚が居心地の良い場所に移動していくんです。こうして釣れるポイントが時間ごとで変わるので、「潮の時間をチェック」する必要が出てくるんです。
 
そんな潮の動きと釣果の変化から上げ三分という言葉がが使われているんですよ。詳しくは「海釣りの上げ3下げ7とはどんな潮の状態?」をご参照ください。
 

〇大きな潮の動きはどんな影響がある?

人間も動物も、満月の日は出産に影響すると言われています。実際に満月になると「牛の出産数が増えた」という報告があるんです。そして魚も同じで、大潮のときに産卵すると言われているんです。
 
魚の産卵は決まった時期に産卵しますが、期間中の大潮のときが狙いやすいということです。また、産卵前は栄養が蓄えられているから美味しい、産卵後は積極的に捕食するから釣れやすいなどといわれているんですよ。
 
 

スポンサードリンク

海釣りの情報と干潮はなぜ大切?

なぜ、こんなに潮の話をしているかというと、大潮のときの満潮と、小潮のときの干潮では水位が4~5m変ってくるんです。また、水位の変化は地域でも差があるんです。
 

〇潮の差は地域でどれくらい違いがあるの?

大潮の日の東京湾では、平均約2m上昇します。一方有明海では平均約5m水位が変化します。エサの水深が5mも変わったら、ものすごく釣果に影響が出ますよね。
 
また、瀬戸内海では潮の動きに合わせて「渦」ができます。しかも大潮と小潮で流れる速さが変わり、渦の規模も異なることを考えれば、無視できないことだと思いませんか?
 

〇安全確保に影響する?

特に磯釣りをするときには、潮の干満は非常に重要になります。岩場を渡って釣っている間に潮が満ちて海に取り残された、泳ぐことになってしまった。なんてことが無いように、潮の時間を知っておく必要があるんです。
 
釣りをしていると集中して、つい周囲の変化に気づかなくなるという人もいるので、注意してくださいね。
 
 


最後に・・・

簡単に潮情報をまとめると、2種類のチェックを忘れずに!
「毎日2回起こる満潮と干潮時間のチェック」
「2週間ごと変わる大きな潮の動きのチェック」
 
ただし、大潮の満潮前後だから釣れる!という訳ではありません、釣れやすい条件が二つ揃ったというだけ、つまり釣れる確率が上がったと、思ってくださいね。それでは、これからも釣りを楽しんでください。
 
 

 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。