リールの種類とパーツ名と調節・釣具の専門用語!

   


 
釣に欠かせないリールには、いくつか種類があります。どんな種類があるのか参考にしてください。また、リールについている各パーツの呼び名や、ドラグという唯一、調節が必要な部品があります。そんなリールの種類、部品名、調節について紹介しますね。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


リールにはどんな種類がある?どんな用途で使い分ける?

リールと、糸や綱や紐を巻き取る道具全般の事ですが、釣りの場合は釣り糸を巻き取る道具のになります。
 
さて、ここからが問題。このリールという道具にはいくつか種類があります。どんな種類で、どのように使い分けたらいいのか紹介しますね。
 

スピニング・リール

最も一般的で、使い勝手の良いリールです。ルアー釣り、サビキ釣り、投げ釣りなど、殆どどんな釣りでも使う事が出来きて、シンプルな作りが特徴です。サイズと用途別の参考に・・・
 
超小型→ ワカサギ
小型→ 小物釣り、海・川・湖は問わず
中型→ 大型の淡水魚や海でちょい釣り
大型→ 海で投げ釣り、太い糸を巻いて防波堤で釣るなど
 

ベイトリール/ベイトキャスティング・リール/両軸受けリール

正式名称を「ベイトキャスティング・リール」と言います。糸が出入りする方向と、糸を巻く方向が同じなので、巻き上げる力が強いというのが、このリールの利点であり特徴です。欠点は、慣れないと糸が絡見やすいなど、取り扱いが難しいことです。
 
日本では略して「ベイトリール」、日本語では「両軸受けリール」とも呼びます。
 

スピンキャスト・リール

スピニング・リールとベイトキャスティング・リールの中間の作りで、更に簡単にしたもの、と想像すれば間違えないでしょう。
 
ワンタッチで操作できるところから、初心者向けとして世界中で親しまれていますが、日本ではあまり定着していません。
 

電動リール

ベイトキャスティング・リールとほぼ同じ構造ですが、電動でセットした深さまで落とせるという事と、手を使わず電動で巻き上げてくれるのが電動リールです。
 
ここまでくればお分かりの通り、船で沖に出て数百メートル底を狙うのに適したリールです。
 

センターピン・リール/片軸受けリール/フライ・リール

フライフィッシングに使うリールで、1950年頃、イギリスで始まりました。とってもシンプルで慣れると使いやすい反面、竿との相性が重要になる道具です。
 
 


リールのパーツ名!釣りの専門用語を知ろう!

釣りの話をするとき、どうしても部品名など専門用語を使わないと、意思が伝わらない時があります。それぞれ簡単に部品名の紹介をしますね。
 
スピニング・リールを参考に紹介しますね。部品名だけでもこれだけ色々あります。いきなりこれらの部品を呼ばれても、ピンとこないですよね。触りながら覚えるといいですよ。

・リールフット
・ストッパーレバー/ストッパー
・ハンドルノブ/ハンドル
・スプール
・ドラグノブ
・ベイル

名称の参考例


 
 
他にも、リールにはこれだけ種類があります。
勿論、他にも大小の差、形状の違いなどがありますが、参考にどうぞ!

 

スポンサードリンク

リールで唯一の調節ドラグとは?どんな意味と使い方?

フライフィッシングのリールを覗いて、ほぼ全てのリールは調節が必要です。この調節を「ドラグ」と言います。
 

なぜドラグ調節が必要なの?

糸に一定以上の負荷がかかると切れてしまいます。これを防ぐために、糸を引っ張ると出ていくシステムのをドラグ調整と言います。
 
例えばスピニング・リールの場合、ベールを下ろすと糸が出て行かないようになっています。ドラグを緩めると簡単に出ていき、ドラグを締めるとなかなか糸が出て行かなくなります。
 

調節の目安はどうしたらいいの?

糸の太さや強度に合わせて、ドラグを強めたり弱めたりします。ただし目盛りがあって、その数値に合わせて調節というものではありません。最初は慣れた人に、確認してもらうと良いですよ。
 
糸を引っ張る→ 糸が伸びない程度の強さで引っ張って、ようやく出ていく程度に設定
 
 


最後に・・・

釣り具は奥が深いので、アレも、コレもと言っていたらキリがありません。先ずはお手軽なものを一つ手に入れて、徐々に道具を増やして釣りの幅を広げてくださいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの仕掛け

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。