雨の強さと降り方を表す表現方法の違いと順番!災害注意の目安は?

   


 
天気予報で雨の降り方を話すと、「強い雨」「激しい雨」という言い方をしますよね。でも強い雨や激しい雨とはどれくらいの雨量のことを指しているのか分からなくないでしょうか?そこで、雨の降り方と降雨量の表現の仕方について紹介します。
 

スポンサードリンク

 


雨の強さと言い方の順番と基準は?

雨の降り方を表現する言葉に順場があります。また、その表現する言葉には降雨量の目安もあります。例えば、強い雨とは1時間に何mm降ることなのか、という基準を紹介しますね、
 

天気予報の言い方と降雨量の関係は?

雨の降り方を説明するときに2通りの方法がありますよね。例えば・・・
「1時間に〇mmの雨が降ると予想されます」
「激しい雨が降ると予想されます」
 
正確に伝えるには、具体的に「〇mm」表現としないといけないですよね。でも、強い雨や激しい雨と言うと、なんとなく雨の降り方がイメージできます。だから、表現の仕方と雨量に基準を設けて、イメージしやすい言葉で伝えてくれているんです。
 

雨の強さと表現の仕方
1時間の雨量(mm) 天気予報の言い方
10~20mm やや強い雨
20~30mm 強い雨
30~50mm 激しい雨
50~80mm 非常に激しい雨
80mm以上 猛烈な雨

 
 


雨の降り方の表現の仕方と目安は?

強い雨や激しい雨と雨量の関係がハッキリしたところで、実際の雨の降り方や屋外の様子はどうなのでしょうか?
 

一般的な降り方のイメージと外の様子

強い雨とか、1時間に何mmの雨とか、私生活で使う表現と、外の様子になります。
 

スポンサードリンク
1時間の雨量(mm) 一般的な雨のイメージ 外の様子
10~20mm ザーザーと降る 地面一面に水たまりが出来る
20~30mm どしゃ降り 地面一面に水たまりができる
30~50mm バケツをひっくり返したように降る 道路が川のようになる
50~80mm 滝のように降る 水しぶきで、辺り一面が白っぽくなり、視界が悪くなる
80mm以上 息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感じる 水しぶきで、辺り一面が白っぽくなり、視界が悪くなる

 


雨の強さと災害注意の目安は?

これまでの説明で、大体の雨の降り方と表現が理解できたと思いますが、最期に災害対策の目安について紹介しますね。
 

雨の降り方の表現と災害対策の目安は?

あくまでも”目安”の紹介です。これだけの雨が降ったからといって、必ず災害が起こるわけでも、起こらないわけでもありません。自分なりの早めの判断が大切ですよ。
 

1時間の雨量(mm) 災害が起こるかもしれない目安
10~20mm 大して強い雨ではないけど、長く降り続けるときには注意してください
20~30mm 側溝や小さな川から水が溢れだす。崖崩れの可能性が出てきます
30~50mm 都会の下水道があふれる。山では地面が緩くなり、山や崖が崩れる可能性が高まります。避難の準備が必要。
50~80mm マンホールから水があふれ、地下鉄では水が流れ込みだします。土石流を含めて様々な災害が発生してもおかしくありません
80mm以上 雨が原因で大災害が発生せする可能性が高まります

 
 


最後に・・・

これからは、天気予報を見ているとき「強い雨」や「猛烈な雨」と聞いたら、雨量と災害リスクを思い出して、対策をとってくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 天候・天気

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。