インフルエンザの予防接種を受ける時期と回数と効果期間は?

   


 
秋が終わる頃になると、インフルエンザの予防接種で病院が込みますよね。だから早めに打っておこうと思う人やノンビリ冬になってから打とうという人がいますが、一体いつ頃がベストな時期なのでしょうか?そんな予防接種についてご紹介します。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


インフルエンザの予防接種を受ける最適な時期は?

先ず最初に、インフルエンザの予防接種を受ける時期に決まりはありません。最も感染が広まりやすい「冬の12月~2月頃」に効果が発揮される野が」」効果的です。
 

いつ頃から打って貰える?

病院とワクチンの準備次第ですが、9月頃から予約を開始して10月になってから接種することが出来ます。
 

いつ頃接種するのがベスト?

「10月下旬~11月上旬頃」はちょっと時期が早いです。「11月中旬~12月上旬頃」接種するのがベスト!因みに、インフルエンザのピークは「12月~2月頃」に、最も感染が広まります。
 

1年に何回打つの?

基本的には年1回となります。毎年インフルエンザの種類が変わるので、毎年新しい種類の薬を開発しないといけないからなんです。
ただし、冬の初めに受けても、一定期間を過ぎるか別のウィルスに感染すれば当然効果はありません。再度予防接種を受けるか、別な予防接種を受けることになります。
 

普段から予防生活を!

マスクをする、手を洗う、加湿器等で湿度を上げる、疲れは溜め込まないようにして、ウィルス予防生活をするといいですよ。
 
 


インフルエンザ予防接種の効果の期間は?

インフルエンザの予防接種を打っても一定期間で効果が無くなります。また接種してもすぐに効果が現れません。
 

予防接種の効果が現れる期間は?

個人差がありますが、一般的には注射を打ってから効果が現れるのは「約2週間」と言われています。だから、もっと早く効果が表れる場合と、もう少し時間がかかるという場合があるので、それを計算に入れて打ってもらうと良いですよ。
 

予防接種の効果の持続期間はどれくらい?

これも個人差がありますが、一般的には「4か月~6か月」で効果が無くなります。平均すると「約5か月」となります。
 

予防接種は絶対効くわけではない?

インフルエンザの感染しないわけではありません。感染しても症状が軽くなるまたは、発症しないだけなんです。だから、「あっ調子悪いな」と思ったら、感染を広めないように安静にしてくださいね。
 

スポンサードリンク

子供のインフルエンザ予防接種の回数は?

大人も子供も2回と言う人や大人は1回で十分という人など、様々な意見が飛び交っています。
 

大人の予防接種の回数は?

秋に1回予防接種を受けると、効果が切れるまで2回目は必要ありません。
 
例えば効果持続期間の平均5か月として

●10月1日に接種→ 2月下旬~3月上旬頃効果が切れる
 
●11月1日に接種→ 3月下旬~4月上旬頃効果が切れる
 
だから、早く摂取してしまった人は、効果が切れ始める2月下旬頃にもう一度接種する人がいるわけです。勿論、冬の後半は気合で乗り切っても構いませんよ。
 

子供の予防接種の回数は?

大人と違って、子供は「一冬に2回接種」します。子供とは「6か月~13歳未満」を指します。予防接種を受ける期間は大人と一緒ですよ。
 

子供の予防接種の間隔は?

1回目と2回目の間隔は「3~5週間」が目安です。最低でも2週間間隔を開ける必要があります。
 
 


最後に・・・

インフルエンザの予防接種をまとめると次のようになります。

●10月接種可能
 
●11月中旬頃の摂取がベスト!
 
●大人・・・1回(2回でも構いません)
 
●子供・・・2回
 
それでは、体調を崩さないようインフルエンザ対策はバッチリ行ってくださいね!
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。