釣りオモリの号は何グラム?割ビシとガン玉の違いと重さは?

   


 
釣りにオモリは欠かせませんが、このオモリの大きさや重さを表すとき、号やBで表されています。また、オモリ負荷〇号の竿といわれるように、この単位は釣り竿や糸やウキを選ぶときに重要となります。そんなオモリについて紹介しますね。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


錘の負荷と号数と重さの関係は?

狙った種類の魚や、釣り場の環境に合わせて、竿選びをしますよね。例えば、海の沖や、防波堤や、渓流などです。
 
ところが、釣り竿には、錘の重さの耐久負荷値が設定されて作られています。だから、オモリが重すぎれば竿にダメージを与えたり、軽すぎると狙った深さに沈まないのでという事になります。そこで、オモリの号とグラムの関係を紹介しますね。
 

オモリの号とBとグラム

オモリ・錘の重さは、「号」と「B」という単位で表されています。ところが、私達が生活で使う重さの単位は、一般的には「g・グラム」ですよね。そこで、「号・B= g」を紹介します。

 
※号の目安について
「1号= 3.75g」「B= 0.55g」と覚えて置いて、各重さに合わせて計算すると良いですよ。
 
※注意!
号とグラムの重さの比重は、各社で違う場合があります。残念ながら、号とグラムの関係は決まっていなくて曖昧なのです。大体の”目安”と覚えておいてくださいね。
 

号はどこから来た単位?

昔の日本の重さは「*尺貫法」が使われていました。釣り糸も釣りの錘も同じ単位で作られていて、「匁(もんめ)」という単位でかんがえられてきました。


「1匁= 3.75g」
「1号= 3.75g」

 
尺貫法(しゃっかんほう)とは?
日本で作られた単位の「長さ= 尺」「質量= 貫」を合わせた呼称の事
 
 


釣りのオモリにはどんな種類があるの?

釣具屋さんに行くと、色々な形をしたを錘があります。格好よく見せるために形を変えているのではなくて「目的に合わせて作られている」からです。
 

錘の重さと水深の関係は?

基本的に、錘は水深と関係してきます。水には浮力があるので、深く沈めたい場合は重い錘、浅い水深なら軽い錘を使用します。


目安・・・
「1号= 1m」
「10号= 10m」
「100号= 100m」


 

どんな種類の錘があるの?

ここでは、4種類のオモリのタイプに分類して紹介しますね。

普通のオモリ
 
ナス型・・・1~30号の軽い錘で、サビキや落とし釣りで使用
 
六角・・・20~80号、20~50mの水深向け。通称・小田原錘と呼ばれる
 
銅つききオモリ・・・50~500号の沖釣りで使われる
 

中通しタイプのオモリ
 
ラグビーボールの様な円錐形をしていて、錘の中に管上の穴が開いています。この中に糸を通すタイプの錘です。比較的に軽い錘で、ゴム管を併用して使う事が多いです。
 
使用環境・・・ルアーを鎮めるとき、錘の下に餌を付けるときなど
天秤・テンビン
 
投げ釣りで使われる錘で、錘の重さを利用して遠くへ投げるのと、水の中へ沈める為の目的で使われます。大きさや形にも違いがあります。
 
「キス釣り用テンビン」
「ジェットテンビン」
「K型テンビン」
「沖釣り用テンビン」
 

ガン玉・割ビシ
 
ガン玉・・・丸い鉛玉で、糸の任意の位置に噛み潰して付けます
 
割ビシ・・・紡錐形の鉛玉で、糸の任意の位置に噛み潰して付けます
 
噛み潰し・・・ガン玉・割ビシのように、噛み潰して糸に付けるタイプの錘の総称
 

 

スポンサードリンク

割ビシとガン玉の重さと違いは?

先程、少しだけ紹介した「割ビシとガン玉」に触れましたが、1号より小さなサイズのオモリが中心となります。主に渓流や餌釣りでエサを沈めて、ウキとを使った微妙な重さ調節をする場合に使割れます。
 
実は呼び方が色々あって、人によって「噛み潰し」と呼んだり、「ガン玉」と呼んだり、「割ビシ」と呼ぶ場合があって人によって異なります。一般的には次のように使い分けられています。

総称・噛み潰し= 丸いのがガン玉、紡錐形が割ビシ

 

噛み潰しの重さは何グラム?

ガン玉の、号より小さな単位は「B」で表されています。
※ガン玉

 
割ビシは、「大・中・小」で表されています。
※割ビシ

 
その他のオモリ
板オモリ・・・やや細めの板状のオモリ
糸オモリ・・・針金状のオモリ
 
  


最後に・・・

こうしてみると、錘にも様々な種類がありますよね。釣る魚によって釣り竿を変えて、糸の太さを変えて、
ウキの種類やサイズを変えて、そしてオモリも同じように目的や環境に応じて使い分けます。
  
それでは、釣り具を研究して、沢山お魚を釣って楽しんでくださいね!
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの仕掛け

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。