海釣りのウキにはどんな種類がある?錘との合わせ方とウキ止めは?

   


 
昔から、釣りにはウキがつきものですが、川と海など釣り場所や、狙う魚の種類でウキの形や大きさが異なります。そこで、海釣りではどんな種類のウキがあって、ウキ選びの目安と、ウキ止めという道具について紹介します。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


海釣りのウキにはどんな種類がある?

海釣りで使われるウキは、「棒ウキ」「丸ウキ」「遠投用のウキ」の3種類に別けられます。
 

3種類のウキは何が違うの?

形の違い、大きさの違いは「狙う魚の違い= 水深/釣り場からの距離」「釣り場からの距離」などによって、仕掛けを変えなければいけないからです。
 

細ければ細いほど感度が良くなる
→ ちょっとした微妙なアタリを拾って合わせて釣る場合に力を発揮
 
丸いと波や風の影響を受けづらい
→ 波のある海では一般的なウキ
 

棒浮

利点と欠点を挙げると、風が吹ているときや波が立つ場所では使いづらくなります。その反面、湾内のような波が立ちづらい静かな水面の場所では使いやすいという特徴があります。
 
「錘が付いているタイプ」「錘を付けないといけないタイプ」の2種類があります。下に引っ張る錘が無いとウキが縦にならないので、購入するときには注意してくださいね。
 

丸浮

棒ウキより感度が悪くなる代わりに、多少波や風があってもちゃんと役割を果たしてくれます。磯釣りで使われることの多くて、まん丸いウキから、円錐形のウキなど、大体丸っぽいウキ全般を指します。
 
「中通しタイプ」「環つきタイプ」の2種類があります。中通しはウキの上から中を通して下に出すタイプ、環つきはウキの下に糸を通す環があるタイプのことです。
 

遠投用浮

30mくらい投げて、沖を回遊する魚を狙うときに使われる事の多いウキです。他のウキ同様、「中通しタイプ」「環つきタイプ」「錘が付いているタイプ」「錘を付けないといけないタイプ」があります。
 
また、遠くから見分けやすいように、カラフルなウキや羽付きのなウキなど、棒や丸以外に様々な形のウキがあります。
 

スポンサードリンク

ウキの浮力と錘の選び方の目安は?

ウキとオモリと竿には密接な関係があります。水には浮力がるので、オモリが軽過ぎれば深く沈まない、重すぎれば竿が傷みます。ウキも同様で、軽すぎれば棒ウキが立たない、重すぎればウキが沈んで役割を果たさなくなるという事になります。
 

ウキの目安
5B~6B/10mのタナ→ 5号~6号のウキ
 
沖で釣るときはこんな場合もある
大物狙いの遠投→ 10号~20号のウキ
 
 


ウキ止めの扱いの目安は?

ウキを糸に通しても、ただ通すだけでは、魚がエサをついばんでも糸が動くだけで、ウキは動きませんよね。そこで登場するのが「ウキ止め」といわれる道具で、「ゴム」と「糸」があります。
 
狙う深さのに合わせて、糸をにウキ止めとつけておくだけです。これで、一定以上糸が出ると、ウキが引っかかるようになります。つまり、ウキ止めは普段、リールの中に巻かれているという訳です。
 
ゴムと糸のウキ止めの長所と短所は?

・「ゴム」はリーズナブル代わりに、ガイドやリールに引っ掛かり易い
 
・「糸」はゴムより少し値段が高め、電車結びなど上手に結べないと引っ掛かり易い
  
  
 


最後に・・・

世間では竿やリールにばかり目がいきがちですが、今回ご紹介した「ウキ」はとっても奥が深く、昔から芸術品と呼ばれるような物まであります。竿とリールの扱いに慣れてきたら、次はウキの研究をしてみてはいかがでしょうか?
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの仕掛け

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。