住宅街での庭バーベキューは何が近所迷惑?簡単な苦情対策!!

   

 
24 住宅街での庭バーベキューは何が近所迷惑?Top
 
 
お庭でBBQと聞いたら、楽しそう!自分もそんなうちに住みたい!今いる家でやりたい!と思う人も少なくないと思います。
でも都会やちょっとした住宅街では、嫌がられることが多いですよね。BBQは何が近所迷惑で、どんな対策が採れるのか紹介しますね。
 
 

スポンサードリンク

 

庭バーベキューは良い悪い?近所迷惑?

自宅の庭やベランダでバーベキューが出来たらいいですよね。それに普段とちょっと違うスタイルで食事をするのもちょっと新鮮なので、生活が一層楽しくなります。
 
でも近所の人達から嫌がられることの多いBBQ(バーべキュー)は、「自宅で料理しているんだから好きにしていいじゃないか!」という意見と、「近所迷惑だからすぐに止めろ!」という両極端の意見に分かれます。
 

〇料理をしたい人の主張

・自宅の敷地内だから好きにして構わない
・生活の中で多少の煙は仕方ない
・外で食事の何が悪い?
 

〇BBQが嫌な人の主張

・騒々しいから近所迷惑
・洗濯物が臭くなる
・部屋の仲間で匂いが入ってくる
 
どちらの意見ももっともなんですよね。だけど過激な人は「今すぐ止めないと警察呼ぶぞ!」と怒鳴り込んでくることを考えたら、庭バーベキューが良いのか悪いのか迷ってしまいます。
 
 

〇自宅BBQは違法?合法?

そこで、自宅でBBQが違法行為?警察に通報されたら逮捕か?という観点で見てみると・・・・、
 
公園や河原には、「バーベキューの禁止条例」がある所が多いです。この条例は、ゴミ、騒音、煙、臭いをまき散らして近所迷惑になるからです。
住宅にはバーベキューの禁止条例というものはありません。(焚火に関しては別な問題もあるので、別にしておきますね。)
ただし、野焼きは消防法で禁止されていますので、ちゃんとバーベキューグリルで行ってくださいね。
また、悪臭防止法というものがありますが、主に工場やごみ処理場を指しています。ある程度の生活の臭いは当たり前。
 
こうして見ると、BBQ自体は問題ないということです。
 
 

〇通報されたら?

自宅でBBQをする事を取り締まる法律がないんですから、警察が来ても取り締まることはできません。
大抵は、「近所迷惑にならない程度に気を付けてください」程度の注意をもらうくらいでしょう。
 
「バーベキューもできる庭付き!」「バーベキューがバルコニーで楽しめる!」なんて、住宅を販売するうたい文句になっている場合もあるくらいです。
だから、バーベキューをしたからといって違法行為にはならないはずです。
 
それではバーベキューの何が嫌がられているのでしょうか?
  
 

スポンサードリンク

 
  

庭バーベキューの苦情の原因は?

庭でバーベキューをしたときに嫌がられる3つの行為があります。

 
・煙
・臭い(匂い?)
・騒音
 

 

〇煙が嫌がられる場合

・洗濯物や干した布団が臭くなる!
・家の仲間で煙くなる!
 
確かに人様の出した”煙”はあまりいい気分はしないですよね。例え焼き魚の匂いであっても、部屋に入ってきたら「美味しそう」と「煙臭い」の両方が頭に浮かびます。
もしこれが”たばこの煙”なら腹が立つ人も多いはずです。この煙は健康を害すものなんですから当然といえば当然です。
それならバーベキューは?流石に煙をもうもうと上げていたら近所迷惑ですよね。
 
 

〇匂いが嫌がられる場合

・他人のバーベキューの匂いが臭い!
 
こればかりは防ぐ方法がありません。肉じゃがの匂い、サバを焼いた匂い、カレーの匂い、どの匂いが漂ってきても「近所迷惑だ!」とはならないのに、なぜバーベキューは?
そう考えると、バーベキューの匂い自体はある程度は仕方ない、つまり好き嫌いの問題ということですよね?ただし、油が飛んでくる、煙が来るというのは別と考えた場合に限りますけど。
 
 

〇騒音が嫌がられる場合

・外で騒がれてうるさい!
・深夜まで騒いでいる!
・音楽をかけていてうるさい!
 
 
他にも細かく上げたら色々出てくると思いますが、大体上記に挙げた内容をが迷惑に思われているんです。
それでは、このような迷惑と思われる行為を防ぐ方法、理解してもらう方法は無いのでしょうか?
 
 
 

庭バーベキューの煙対策!

先ほども少し触れましたが、気を付ける事で出来ることと、出来ないことがあります。
例えば「匂い」ばかりは対策の使用もありません。秋刀魚やサバを焼いて煙が換気扇から出てきて匂うから「近所迷惑だ!」とはあまり言わないですよね。
匂いと、ある程度の煙は防ぎ様がないんですから・・・・。
 
 
そこで、対策出来ることは二つ「煙」「騒音」対策です。
 

〇近所迷惑対策

1、電気お魚焼きグリル使用!
 コンセントに刺して使う”お魚焼きグリル”があります。
これなら火を起こすときに出る大量の煙を防げます。因みに海外のバーベキューは”網”で焼く事を指す場合が殆どです。日本のように鉄板を使うのは”炒める”ことになるのでバーベキューとは言いずらいですのですが・・・。お魚焼きの網で我慢してくださいね。
 
  
2、炭に火をつけてからグリルに入れる!
 紙や着火剤などを使って火を点けるときと、途中で火を消すときに一番煙が出ます。だから、台所のコンロの火で焼くお魚焼きの網などを使って、「炭に火をつけて」からグリルに移動させます。(落として火傷や火事にならないように気を付けてくださいね)
また、着火用のバーナーもあるので、バーナーだけで火を点けるというのもいいでしょう。
  
 
3、薪を使わない!
 薪が燃え始めるときに”煙”が出るので、炭だけにすれば最小の煙で済みます。炭は最後まで燃やし切る。途中で火を消すと煙がでます。
 
 
4、時期と時間を見計らう!
 夏の暑い時期や、帰ってきて窓を閉めて冷房を点けそうな時間帯をなるべく狙う。また騒音対策として、遅くても夜8時か9時頃までには終わってください。
 
 
5、布団や洗濯物を干す昼間は避ける!
 休みの日は、日中に布団や洗濯物を干す人が多いです。この時間に煙をだすと匂いが付きやすいので避けた方がいいでしょう。
 
 
6、大声や音楽の音量!
外で話をしているだけで、結構隣の家まで声が響くものです。音楽や声の大きさに気を付けてくださいね。
また室内だからと言って深夜近くまで騒いでいたら、別な意味で近所迷惑なので、夜9時頃には静かにしすることが大切です。
  
 
7、補足!
もし自宅に友人を呼んで大人数でBBQをするなら、事前に近所に伝えておくといいでしょう。
また大きな肉や大量の魚を焼くには火力が必要ですよね。そうなると”薪”が必要な場合がでてきます。薪を使えばどうしても”煙”がでてしまうので、先に「ごめんなさい」とご近所様にお伝えしてから焼き始めるといいでしょう。
 
ただし、こんなことは年に何度もないとおもいますので、大量の煙がでる時は、できるだけ施設を使うことをおすすめします。


 
 
 

最後に・・・

夏になると外で食べるご飯が美味しいですよね。BBQは毎日でもしたい!という人もいるくらいです。
 
質素に小さな電気お魚焼きグリルで、「ちまちま」焼きながら食べている分には、そんなに煙もでないでしょう。そして苦情も少なくて済みます。でも、やっぱり盛大に炭火で焼いた肉や野菜は美味しいですよね・・・・煙はでるけど。
 
また、家で魚を焼いたとき大量に煙を出したら嫌がられるものです。同じように、気を付けるのは「大量の煙」と「騒音」です。
 
これからも、ご近所様の迷惑にならないようにバッチリ対策を練って、バーベキューを楽しんでください。
 
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。