釣り針の各部位の呼び名と針の種類と特徴の違い!

   


 
釣りに欠かせない道具の一つに釣り針。その小さな針の各部位には名称があります。また、釣具屋さんに行くと、沢山の種類の釣り針が並んでいます。なぜ、どんな種類があるのか代表的な種類を参考に釣り針を紹介します。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


釣り針の各部位にはどんな名称がある?

釣具屋さんに行くと、様々なサイズ、色、形の釣り針がありますよね。ファッションで見た目を変えているのではなくて、どれも「魚の口」「魚の注意を惹く」という目的で作られています。
 

大きさや形の違いは?

魚の種類、口の大きさ、口の形に合わせて釣り針は作られています。だから全く違う見た目の針が出来あがります。例えば次のような形容が会う針があります。

・細長い
・大きく曲がっている
・先端から返しの部分が長い・短い
・大きく角ばって曲がっている
・など・・・
針の部位の名称は?

針の部位には、ちゃんと名称がついています。

・チモト
・ケン
・ジク
・コシ
・カエシ
・針先
・フトコロ

 
 


釣り針にはどんな種類と特徴がある?

代表的な釣り針を紹介しますが、ここでご紹介する針以外にも沢山の種類があります。海釣りに行くときの参考にしてくださいね。
 

袖バリ

ハリス(細い糸)が着いて売られていることが多い種類。小さなタナゴやメジナなど、堤防など足元に落として釣る小魚釣りに多く使われます。
 

流線

虫系のエサを付けて、遠くへ投げるのに向いている種類。投げた勢いでエサが抜けないよう、細長く、ケンが付いた作りになっています。シロギスで使われることが多い種類。
 

グレ

ジクが太いのが特徴で引きが強い魚に使われます。メジナ(グレ)、マダイ、イナダ釣りで多く使われます。
 

伊勢針

ジクが太目の基本的な釣り針。貝類をエサにするときに向いていて、クロダイやコイ釣りなど広く使用されています。
 

チヌ

クロダイの別名をチヌといいます。正にクロダイ釣りに最適な針ですが、マダイ、ヒラメ、イサキ釣りなどでも使われています。
 

丸セイゴ

虫エサをを付けるのに向いた針の種類。出世魚のスズキの幼魚をセイゴからつけられた名前で、セイゴ釣りの他、ヒラメ、カサゴ釣りなどでも使われます。
 

ムツ

ハリ先が大きく内側に曲がっていて、針掛かりが良く作られているのが特徴。歯の鋭い魚、カマス、ムツ釣りなどに向いた針。
 

スズキ

エビ系のエサを使うのに向いた種類の針で、外見は大きくてコシが角ばっているのが特徴。主にスズキやマゴチ釣りに使われます。
 

スポンサードリンク

釣り針のひねりって?どんな意味があるの?

昔から、釣り針を縦にして見ると”真直ぐ”に作られています。でもたまに、釣り針を縦に見ると”ねじれて”いる物があります。
 

なぜ捻じれているの?

魚の種類によってエサの食べ方が異なります。例えば、「エサを一口でガバッ」「エサを突いて突いてパクッ」「エサをついばんでで吐き出すを繰り返す」などです。

・エサを一口でガバッ/エサを突いて突いてパクッ
→ 針が真っすぐでも、合わせると針がかかりやすい

・エサをついばんで吐き出す
→ 針が斜め/横を向く
→ 真直ぐの針→ 針が掛からず、すっぽ抜けやすい
→ ひねり針→ 捻じれて針の先が上を向いて、掛かりやすい

それぞれのデメリットは

 
先ほどの説明だと、ひねり針は良いこと尽くしに思えてきますが、反対にデメリットもあります。

 
デメリット→ 捻じれている分、貫通する力が弱い
 

ひねり針は必要?不必要?

魚の種類、潮の流れなどに合わせて、ひねり針が選ばれています。状況に合わせて仕掛けを変えるのと同じように、魚や環境に合わせてひねり針を使うかどうか、決めると良いですよ。
 


最後に・・・

釣り道具で話題になりやすいのが、先ずは釣り竿とリール、釣りに慣れてくると仕掛け、最後に釣り人を悩ませるのがエサと釣り針ではないでしょうか。それでは釣り具を研究して、釣果アップをめざしてくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの仕掛け

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。