マグロはどんな方法で獲っている?代表的な3つの漁法とは?

   


 
マグロは刺身や寿司ではダントツの一番人気ですが、近年は個体数の規制や漁獲高の減少などから、サーモンや鰤やイクラなどの人気に押され気味ですよね。そんなマグロはどうやって捕獲されているかご存知ですか?今回は、そんなまぐろの漁法を紹介しますね。
 


 
スポンサードリンク


マグロ漁の一つ延縄漁法

 日本では主流のマグロ漁法となります。この「延縄漁(はえなわりょう)」とは、日本で考えられた漁法で、具体的には、和歌山の紀伊半島から千葉の房総半島周辺に移り住んだ漁師達が考え出したといわれています。
 今では、日本中でこの漁法が行われていて、インド洋、南太平洋、大西洋などでも行われています。
 

延縄漁とはどんな仕掛け?

「幹縄・枝縄・釣り針」と「ブイ・エサ」で構成された仕掛けです。

幹縄の上ににブイを取り付ける
 ↓
幹縄を横に伸ばしてその上にブイを付ける
 ↓
幹縄の下に枝縄を40~50m間隔で取り付ける
 ↓
枝縄に釣り針を取り付ける
 ↓
釣り針にエサ(サンマやイカなど)を取り付ける
延縄漁の利点と欠点は?

一匹ずつ吊り上げるので体が傷つく事はありません。また一定の大きさ以上のマグロが掛かります。他にも、表面に傷が入ることで味も価値も下がるので、高級魚といわれるマグロの価値を最大限に高めることが出来る漁法となります。
 
一方で、マグロのエサをウミガメや海鳥が食べに集まることもあります。貴重な生物が糸に絡まり、針にかかって死んでしまうという事もあるのが大きな問題となっています。
 

延縄漁の仕掛けの大きさは?

一つの仕掛けに2000~3000針あるといわれています。つまりそれだけの数のサンマやイカのエサ代が大変なことになりますけど。幹縄の長さは、小さな仕掛けで数10m、大きな仕掛けになると100kmくらいになります。
 
 


マグロ漁の一つ巻き網漁法

網を使って魚を獲るというと、船で魚の群れを追いかけて網で囲って獲る。というイメージがありますよね。でもマグロの泳ぐ速さは船より早いはずですが・・・。
 

網漁法とはどうやってマグロを獲るの?

魚を網で囲います。この時、網の直径は数百m~1㎞となります。でも、これだと底から逃げられてしまいますよね。

大きな網を数隻の船で引く
 ↓
網で囲って円を作る
 ↓
底を絞って、円を絞る
 ↓
囲みを小さくしたら引き上げる
網漁法の利点と欠点は?

網漁法は素早く、エサにかかるコストが安く、一度に大量にとることが出来ます。また、海鳥やウミガメが間違ってかかって命を失う事がありません。
 
欠点は「傷がついて味と値段が落ちる」「必要以上に獲り過ぎる」「小さいサイズも獲ってしまう」「他の海洋生物も獲ってしまう」という事ですが、缶詰用のマグロの多くはこの方法で獲られたマグロが多いです。
 

スポンサードリンク

マグロ漁の一つ一本釣り漁法

「一本釣り」は、最もシンプルな方法になります。4~6mの竿を投げますが、その後、手巻きの場合と自動巻き上げの場合があります。
 
100㎏近くする魚を引き上げるのは困難で時間もかかります。その代わり、傷が少ないので高い値段で取引されることが多く、他の海洋生物を傷つけることが少ないので理想的な漁法といえます。
 
一方。海出る費用や、人間の作業時間に換算したコスト、実際に釣り揚げて得られる収入を考えると、非常に効率が悪い釣り方となります。
 
 


最後に・・・

こうしてみると、一本釣りと網縄の二つの釣り方を合わせたような「延縄漁」が盛んに行われていることが頷けると思います。さて、お刺身やお寿司を食べるとき、この3種類の方法の漁を思い浮かべて話題にしてみてはいかがでしょうか?
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の諸々話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。