釣り用語のボウズとオデコとつ抜けとはどんな意味?

   


 
釣りの世界ではちょっと縁起の悪い言葉ですが、「ボウズ」「オデコ」や、なんだかすっぽ抜けて魚に逃げられそうなイメージの「つ抜け」という言葉があります。それぞれどんな意味で使われているのでしょうか?
  

スポンサードリンク

  
スポンサードリンク


釣り用語でボウズとはどんな意味?

釣り用語には様々な理解に苦しむ言葉がありますが、その一つに「ボウズ」という言葉があります。引っ張ってもなんなので、単刀直入に言いますと「一匹も釣れないこと」を指します。例えば、海釣りに行って帰宅。奥様や彼女さんとの何気ない会話で・・・


奥様/彼女 「今日の釣りはどうだった?」
  
男 「ボウズだった・・・」
 
※ここで注意!
「釣れたの?釣れなかったの?」などと問い詰めてはいけません。
ああ、釣れなかったんだと理解して優しくしてあげてください。
本人はがっくり、イライラ、悔しくも、手ぶらで恥ずかしいのです。
 
※勿論、奥様/彼女さんが釣りに行って、男衆がお出迎える場合も同じですよ!
 

どうして釣りではボウズというの?

この言葉の語源はどこから来たのか?この問題は解決されていません。有力な説を紹介しますね。


・釣果が無い→ 魚っ気が無い→ 毛が無い→ 毛が無い人→ 坊主
 
・釣果が無い→ 殺生していない→ 坊主
 
・百人一首の”坊主”めくり→ 僧を引くと持ち札を全て出す→ 何もない→ 釣果が無いから坊主

 


釣り用語ではオデコの語源は?

もう一つ、「オデコ」という言葉があります。この言葉も、「ボウズ」と同じ意味で「一匹も釣れない」ときに使います。


オデコ= ボウズ→ 釣果が無い事

 

なぜ釣れない事をオデコというの?

この言葉の語源は二つあります。もしかすると他にも語源はあるかもしれませんが、代表的なのは次の通り。因みに、ボウズほど広く使われていません。


・オデコには毛が無い→ 毛が無い人→ 坊主
 
・やっちゃった!オデコを叩く→ 釣れなかった!→ オデコ

 

スポンサードリンク

釣り用語でつ抜けとはどんな意味?

今度は「つ抜け」という釣り言葉を紹介します。冒頭でも言いましたが、なんだかすっぽ抜けて魚に逃げられそうな、縁起の悪そうなイメージがあります。ところが、実は反対に良い意味で使う言葉なのです。
 

つ抜けはどんな時に使う言葉?

日本語で数字を数えると、「ひとつ(1)、ふたつ(2)、みっつ(3)・・・ここのつ(9)」と、9までは最後に”つ”がついて、10以降は”つ”が付きません。そこから「つ抜け」という言葉が始まりました。


・つ抜け
10匹以上釣れている事= 大量のこと

 

家に帰ってきて「つ抜け」といわれたら?

先程のボウズと反対の状況です。だから、喜んだり、褒めてあげてくださいね。例えば・・・


奥様/彼女 「今日の釣りはどうだった?」
 
男 「つ抜けだったよ!」
 
奥様/彼女 「すごいじゃない!楽しんできておかずも手に入るなんて一石二鳥ね!」

※奥様/彼女が釣りに行った場合も同様に、男衆は褒めちぎってあげてくださいね。
 
 


最後に・・・

ボウズとオデコは全く釣れなかった時に使われる言葉、つ抜けは大漁のときに使う言葉、という事をお分かり頂けたと思います?
 
そして、もし「つ抜け」の日に釣りに行った人が、くつろぎながら宙を眺めていたら、そっとしておいてあげてくださいね。釣りに行った余韻に浸っていて、心ではまだ釣りを楽しんでいるんですよ。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。