ナブラとナグラとナライという海や釣りの専門用語の違いは?

   


 
釣りに限らず、海に出るとナブラ・ナグラ・ナライという似た呼び方の専門用語があります。それぞれ、これらの言葉からは予想しづらい使い方をしていますが、どんな意味なのでしょうか?一つずつ紹介します。
 


 
スポンサードリンク


海でナブラとはどんな意味

大きく分けて「ナブラ」とは、二種類あります。一つは、物理学のベクトル解析の専門用語のことで「英語でnabla・ナブラ」といいます。はい、魚や海とは全く関係ありません。
 
そろそろ本題に入りますね。
 

海でナブラと言ったら?

カツオの様な大型の魚の群れが小魚の群れを追うと、水面がバシャバシャと波立ちます。また水面近くに小魚が集まると、海鳥が集まってきます。こんな状況を「ナブラ」といいます。
 
青魚の群れが大型の魚に追われて水面で波立つ様のこと。種類に限らず魚の群れが水面で波立つ様のこと。などといわれています。つまり・・・

海で小魚が追われて水面が波立つこと
 
因みに、この水面で魚の群れが波立つ様が、まるで沸騰しているかのように見えるところから、英語では「ボイル」といいます。そこから、海に限らず湖で沢山釣れる事や魚の群れを「ボイル=沢山釣れる事」という事があります。
 
日本で「ナブラ」といえば、海の沖合で魚が波立つ事
英語で「ボイル」といえば、日本と同じですが湖で魚が波立つ事
 


海でナグラといったらどんな意味?

今度は聞きなれない「ナグラ」という言葉についてです。この言葉も二通りの意味があります。
 

ナブラとナグラ?

「ナグラ」とは、海で魚が集まる事を指すときがあります。他に「ナムラ」「ナブラ」とも言います。つまり、先ほどの魚の群れが集まる「ナブラ」と同じ意味でナグラとも言います。
 

海の波の事もナグラ

一部の地域では、うねりのある波の事を「波座・ナグラ」といいます。うねりの他に、高い波の事も指す場合もあります。
 

スポンサードリンク

ナライとどんな風?

ナブラ、ナグラに続いて「ナライ」という同じような語呂の言葉があります。ナライとは一部の地域で、冬の季節風のことを指す言葉です。。
 

風の呼び方

東北から関東にかけて使われる言葉ですが、様々な使われ方があります。地域によって多少呼び方は変わりますが「北東・北・北西の冬の風」と、広くとらえておくと良いですよ。

「西風= ナライ」
「北風= ナライ」
「東北の冬の風= ナライ」

因みに、他にも季節の風の呼び名があるので、いくつか紹介しますね。

「東風をコチ」
「南風をハエ・ハヤ」
「東南の風・イナサ」
など
 


最後に・・・

釣り用語の「ナブラ」「ナグラ」、波の一種の「ナグラ、」地方の風の「ナライ」、どれも海で使われる言葉ですが、全く異なる意味となります。さて、これで一つ紛らわしい言葉は解決できたでしょうか?
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。