シーラカンスとハイギョの種類と違い!肉鰭類とはどんな魚?

   


 
生きた化石といわれるシーラカンス。ハイギョと呼ばれる魚も生きた化石と呼ばれています。違いはどこにあるのでしょうか?また、古い種類の魚の分類には、肉鰭類と呼ばれる種類があります。この2種類の魚はどんな種類なのか解説しますね。
 


 
スポンサードリンク


シーラカンスとハイギョの違いは?

2種類の生きた化石と呼ばれる「シーラカンス」「ハイギョ」という魚がいます。古代から生き残っていれば、全て生きた化石と呼ばれるかもしれませんが、そこは横に置いておいて、どんな違いがあるのでしょうか?
 

シーラカンスとは?
学名:Coelacanthiformes
 
英名:Coelacanth
 
日本名:シーラカンス
シーラカンスは、白亜紀(約1奥4500万年~6600万年前)に絶滅したといわれた古代の魚の一種です。
 

シーラカンスの発見はいつ頃?

1938年の南アフリカ沖で、化石しか残っていないと思われていたシーランカンスが発見されました。これが生きているシーラカンスの最初の発見です。その後、1952年にインド洋西部のコモロ諸島付近で別種のシーラカンスが発見。いずれも深海に生息しています。
 

シーラカンスの特徴は?

・8枚のヒレ
「背びれ・第2背びれ」「胸びれx2」「腹びれx2」「尻びれx2」と、他の魚よりヒレが多い。
 
・コズミン鱗
象牙質とエナメル質で出来た硬い鱗の一種。生きた魚の中では、この鱗があるのはシーラカンスだけとなります。
 
・うきぶくろ(鰾)
他の魚と同じく、器官として付いていますが、空気を呼吸する機能は備わっていません。
 
出産:
胎生(たいせい。体内で孵化させて育てる)で、約20匹以上の胎仔、全長は約30~36cmが記録されています。
 

ハイギョとは?
学名:Protopterus
 
英名:Lungfish
 
日本名:ハイギョ・肺魚

ハイギョは、デボン紀(約4億年前)に現れた魚です。この種類の仲間は、淡水と海水に生息していたことが化石から判明していますが、現在確認されている全ての種類は、淡水に生息しています。
 

ハイギョの特徴は?

・2種類の呼吸器官
鼻と肺に類似した呼吸器官がある。またエラ(鰓)は、内エラと外エラが備わっている。
 
・卵
産む場所は種類によって異なるが、卵を産んで孵化させます。
 
・ヒレ
背びれはない。種類によってヒレの形は異なりますが、葉状・鞭状のヒレが備わっている。
 

シーラカンスとハイギョの違いは?

生息環境は海と淡水(川、湖など)、胎生と産卵、ヒレの有無と数など、全く異なる魚だという事が分かります。でも、この2種類の魚は、実はかなり近い種類、「肉鰭類」に分類されているんですよ。
 
それでは、肉鰭類とはどんな分類の事なのでしょうか?
 
 

 


肉鰭類とはどんな魚のこと?

シーラカンスとハイギョは、「肉鰭類」という種類に分類されています。それでは、肉鰭類について説明しますね。

肉鰭類とは?

肉鰭類・肉鰭網(Sarcopterygii)とは、サメやエイの軟骨魚網、シーラカンスやハイギョの肉鰭網、チョウザメやウナギの条鰭網、この3つに分類される内の一つです。

「脊索動物門→ 顎口上綱(がっこうじょうこう)→ 軟骨魚網/条鰭綱(じょうきこう/肉鰭綱(にくきこう)
 
「肉鰭綱→ シーラカンス亜綱/肺魚亜綱/四肢動物亜綱
 

硬骨魚綱は条鰭綱と肉鰭綱?

軟骨魚網に対して、硬骨魚綱と呼ばれていましたが、現在は硬骨魚綱から二つに分かれて条鰭綱と肉鰭綱と分類されています。
 

スポンサードリンク

シーラカンスやハイギョにはどんな種類がいる?

これまで説明してきた肉鰭綱の「シーラカンスとハイギョ」は、それぞれ1種類というわけではありません。
 

シーラカンスの種類は?

数か所で生きているシーラカンスは、「ラティメリア」という同じ種類となります。

シーラカンス科
ディプロケルキデス科
ハドロネクトル科
マウソニア科
ミグアサイア科
ラティメリア科(ラティメリア・現生)
ラウギア科
ラブドデルマ科
ウィテイア科
 

ハイギョの種類は?

世界中では、全部で6種類の生きているハイギョがいます。全て淡水魚となります。

― 生存している種類 ―
オーストラリアハイギョ 1種類
ミナミアメリカハイギョ 1種類
アフリカハイギョ 4種類
 プロトプテルス・アネクテンス
 プロトプテルス・エチオピクス
 プロトプテルス・アンフィビウス
 プロトプテルス・ドロイ
― 絶滅している種類 ―
ディアボレピス
ウラノロフス
ディプテルス
グリフォグナトゥス
スカウメナキア
ケラトドゥス
 
 


最後に・・・

シーラカンスとハイギョの総称が肉鰭類(網)、という事がお分かり頂けたと思います。同じ古代種の魚で、見た目は異なりますが、分類学上は親戚なんですね。
 
それでは、博物館や水族館などでシーラカンスやハイギョを見に行くときがあれば、参考になれば幸いです。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の諸々話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。