光るホタルイカが見られる観光の時期とおすすめの服装は?

   


 
普段はスーパーで売られているホタルイカや、お店で調理されたホタルイカしか目にする機会がありません。でも、旬の時期に産地に行けば、光っているところを見ることができるんですよ。そんなホタルイカの観光の時期と、おすすめの服装について紹介しますね。
 


 
スポンサードリンク


ホタルイカ観光の時期はいつ頃?

ホタルイカは普段、海の深い場所。200m~600m付近に住んでいます。ただし、産卵期になると浅い陸地の近くに集まってくるので、漁も観光も最盛期となります。
 

産卵期と見頃の時期はいつ頃?

ホタルイカが陸に寄ってくる時期は春ですが、天候などの影響で日にちは多少前後します。だから、観光の日時も多少変更される場合があります。

ホタルイカの産卵期・・・「春」
 
沢山出回る旬の時期・・・「3月頃~5月頃」
 
漁の最盛期・・・「4月中旬頃~5月上旬頃」
 
観光の時期・・・「4月上旬~5月」
 

ホタルイカはどこで水揚げされるの?

富山湾の「新湊漁港・四方漁港・水橋漁港・滑川漁港・魚津漁港」では、定置網で水揚げされています。船に乗って観光できるのは主に滑川漁港となります。また、日本海側の兵庫県、鳥取県、福井県でも、大量のホタルイカが水揚げされています。
 

光るホタルイカを見に行く時間は?

光るホタルイカがよく見られるのは、ご存知の通り「夜」ですが、出航時間は「3am」、乗船手続きなどがあるので船着き場には「2:30am頃」到着するようにします。
 
春とは言っても日本海側の深夜・早朝なので、気になる服装や準備する物はどうしたら良いのでしょうか?
 
 

▽ ※ホタルイカお取り寄せ ▽




ホタルイカを観光するときの服装は?

地元の人には、ただ”寒い”でも、太平洋側の都会から行けば”極寒”と感じる人が多いでしょう。そんな都会の人達を基準にご紹介しますね。
 

用意する物と服装は?

暖かい服装といっても人それぞれイメージする服装が違うと思います。ここでは、濡れても、汚れても構わない、ライフジャケットを装着するなどの条件を元に、私的な服装のおすすめを紹介します。

・ニット帽(耳と頭を温める)
 
・スカーフやネックウォーマー(首筋を温める)
 
・レイン・スーツ、スキージャケット、濡れても構わないコートなど(風をさえぎる)
 
・フリースの上着、ウールの服(体を温める服)
 
・化繊の下着(体温を保持してくれます)
 
・汚れても構わないパンツとタイツ(中からも温める)
 
・滑りにくい靴と温かい靴下(足元は濡れている、足元から温める)
 

船上での注意事項は?
・雨でも出航する場合があるので雨具の準備が必要
 
・ライフジャケットが配られます(着用は必須)
 
・撮影はフラッシュ禁止
 

スポンサードリンク

ホタルイカ観光のツアーはある?

二つのホタルイカ観光、船から夜見る富山県と、お祭りを日中行う兵庫県を紹介しますね。
 

ほたるいか祭り

日中兵庫県の浜坂では、ホタルイカの様々な料理、イベント、お土産などが「浜坂漁港せり市場」で開催されます。簡単にイベント内容をご紹介しますね。
 
ホタルイカ料理
しゃぶしゃぶ、串揚げ、軍艦巻き、炊き込みご飯、かき揚げうどん、沖漬けなど
※催行者の都合により、メニューは変更する場合があります。
 
イベント
わんこほたる選手権、餅まき、クレーン吊りの釜揚げなど
 
ほたるいか祭りの開催場所 

・開催日時:4月第1日曜日

・会場場所
兵庫県美方郡新温泉町芦屋853-1

・お問い合せ先
浜坂みなとほたるいか祭り実行委員会 事務局(浜坂観光協会)
TEL:0796-82-4580 

※無料駐車場あり。路上駐車は禁止です。

 
その他:「浜坂周辺の観光情報
 

ほたるいか海上観光

毎年4月中旬頃から5月上旬まで開催されています。※天候等の事情により欠航・中止になる場合があります。ご了承ください。

ほたるいか海上観光の概要
ほたるいか海上観光の概要
・乗船する場合は「事前予約」が必要となります。
予約先: TEL.076-475-0100(海上観光専用ダイヤル)
 
・集合場所
ほたるいかミュージアム内 売店
 
・当日の流れ
受付「2:30am~2:50am」
出航「3am」
帰港「4:30am頃」
 
・観光内容
漁港出発→ 船上で定置網見物→ 漁港帰港
 
ほたるいか海上観光の場所

 
・ほたるいかミュージアムのある場所
富山県滑川市中川原410
TEL:076-476-9300 
 
・その他:「滑川漁港周辺の観光情報
 
 
▽ 宿探しのお供にどうぞ ▽




最後に・・・

それでは、普段は食べるだけのホタルイカかもしれませんが、旬の時期のホタルイカを見に行ってはいかがでしょうか。
 
※天候次第で、欠航、ホタルが光らない場合があるのでご注意下さい。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。