ひな祭りではまぐりを食べるのは何故?お吸い物以外でも構わない?

   


 
ひな祭に用意するお食事といえば、はまぐりのお吸い物は外せません。他には、桃酒や甘酒、雛あられが伝統的な食べ物です。でも、はまぐりはお吸い物でないといけないのでしょうか?ひな祭りのはまぐり料理について解説します。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク

 


ひな祭りは何故はまぐりのお吸い物?

ひな祭りは、女の子の成長を祝う節句ですが、その始まりはハッキリしていません。
 

伝統の食べ物の由来は?

「ひなあられ」は色に縁起が込められています。
白・・・清浄・子孫繁栄・長寿
緑・・・厄除け・よもぎの薬用
赤・・・魔除け
 
「桃酒/桃花酒」には災いを祓いう縁起が込められています。桃は邪気を払う力があると信じられてきました。その桃の花を入れた祝い酒のことです。
 
「はまぐり」は、平安時代に貴族の間で行われていた貝合わせから由来しているという説があります。「春の旬の食べ物」「二枚対の夫婦円満」「対となる貝だけが合うところから、女の子の将来の対となる相手が見つかる」などが願われています。
 

はまぐりのお吸い物は?

はまぐりの食べ方で、貝を付けたまま出せる料理は、お吸い物が定番。貝のだし、2枚貝がついたまま、火を通して具を食べる方法として食べられる料理として最適です。
 
ひな祭りの行事食、はまぐりのお吸い物は、こうしてみると本当にお吸い物でないといけないのでしょうか?
 
 

 


ひな祭りではまぐりの食べ方は決まっている?

ひな祭りで大切なのは「はまぐり」という事が分かりました。大切なのはお吸い物ではないということです。そう考えたら、他のはまぐり料理でも構いません。
 

はまぐり料理で気を付ける事は?

ところが、はまぐり料理なら何でも構わないという訳ではありません。夫婦が合うという意味で、「二枚の貝を合わせて出す」という「出し方」が重要なのです。
 

料理に決まりはある?

因みに、料理方法に決まりはありません。パスタでも、焼きでも、煮でも、オーブンでも構いません。二枚の貝を合わせて出して下さい。
 

スポンサードリンク

ひな祭りのはまぐり料理はどうして二枚合わせる?

はまぐりの貝は、対の貝殻意外、決して同じ形の貝の形には育ちません。だから、いくら他のはまぐりの貝と合わせようとしても、絶対に合う事がありません。
 

二枚一組のはまぐりと夫婦とは?

先程、少し触れましたが、一つの対意外、絶対に会う事の無い二枚の貝殻。そこから、良縁の夫婦。ピッタリ合う夫婦という発想がありました。そんな、夫婦になって欲しいという願いから、縁起食として「二枚の貝を合わせて出す」という習慣が始まりました。
 
つまり、「はまぐりを食べる」という旬の食材の楽しみと、「良縁が訪れて欲しい」という縁起の二つの意味があるから、はまぐりは二枚の貝をつけて出すという事が重要なのです。
 
 


最後に・・・

それでは、身近な食材「はまぐり」の旬の季節、ひな祭りに使う時は、必ず貝を二枚着けて出して下さいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。