春が旬のしじゅう飯はどんな料理?作り方としじゅうの意味は?

   


 
しじゅう飯という郷土料理がありますが、一体どんな料理かご存知でしょうか?そして、しじゅうとは、どんな意味なのでしょうか?そんな、しじゅう飯はどんな料理で、どんな作り方、どこの地域の言葉なのか、また、しじゅうについて紹介します。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


しじゅう飯とはどんな料理?

「しじゅう飯」とは、どんな料理で、しじゅうとはどんな意味なのか説明しますね。
 

しじゅうとは?

「四十」のことを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?残念ながら数字のことではありません。しじゅうとは方言で、「アイナメ」という魚のことを指します。だから、しじゅう料理といえば、アイナメ料理のこととなります。
 

しじゅう飯とは?

直訳すると、「しじゅう飯= アイナメご飯」。つまり、春から初夏が旬のアイナメを、ご飯と一緒に炊いた料理のこととなります。
 
引き続き、簡単な作り方を紹介しますね。
 
 

 


しじゅう飯の作り方は?

炊きこみご飯の味付けは、基本のしょうゆベース、アイナメの下ごしらえは「3通り」あるので、簡単に紹介しますね。
 

アイナメの下ごしらえは?

次の3つの方法は、お好みで構いませんが、目安は欲しいですよね。「~25cm/丸ごと、解す、3枚におろす」、「25~40cm/解す、3枚におろす」、「40cm~/解す、3枚におろして切り身」と覚えておくといいですよ。丸ごと炊くのは、炊飯器に入らないから小さいサイズというだけです。

丸ごと炊く場合
1、下ごしらえする
・腸を出す
・サッと洗って水けをとる
 
2、塩を振って焼く
 
3、焼いたアイナメをご飯に入れる
身をほぐして炊く場合
1、下ごしらえする
・腸を出す
・サッと洗って水けをとる
 
2、塩を振って焼く
 
3、身を解しながら、骨を取ってご飯に入れる
切り身にして炊く場合
1、下ごしらえする
・腸を出す
・サッと洗って水けをとる
 
2、3枚におろす
 
3、おろした身をご飯に入れる
・おろした、生の身2枚(お好み)
・おろした2枚を焼く(お好み)
しじゅう飯の作り方は?
1、「アイナメの準備」を済ます
 
2、お米に「調味料」「アイナメ」を入れる
・塩・しょうゆ・料理酒・・・少々
・昆布・・・少々
 
3、炊きあがったら完成!
 
※丸ごと焼いた場合、炊きあがってから身を解します。つまり、「先に解して炊く」か「炊きあがってから解すか」の違いしかありません。
 

出汁はどうしたら良い?

アイナメの炊き込みご飯の時、もう一つ選択肢があります。「水」「昆布とカツオ/鯖/煮干しの出汁」「アイナメのアラの出汁」で炊くことができます。
 
折角なら、おすすめは「アイナメのアラと昆布の出汁」で炊くと、味も、香りも楽しむことができます。ところで、この「しじゅう」とは、一体どこの方言なのでしょうか?
 

スポンサードリンク

しじゅうの意味は?どこの方言?

京都付近ではアイナメのことを「しじゅう」と言います。だから、「しじゅうの刺身」「しじゅうの焼き物」といえば、全部アイナメ料理のことを指すことになります。

アイナメの旬は?

旬とは、おいしい時期、食べごろの時期となりますが、日本各地でアイナメが取れる時期は、地域によって異なります。大体「春~初夏」が旬を目安とするといいですよ。

春~初夏に京都へ行くなら・・・・

この時期に、もし京都方面に行くなら、旬の食べ物の一つに「しじゅう料理」があるので、ご興味のある方は食べて見てはいかがでしょうか?
 
 


最後に・・・

春から初夏にかけてお魚コーナーに並びやすいアイナメ。炊き込みご飯が食べたい!と思ったら、アイナメの炊き込みご飯を一品に加えてみてはいかがしょうか。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 料理

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。