するもん汁は何を使ったどんな郷土料理?シイラを使った作り方!

   


  
郷土料理の一つに”するもん汁”という料理があります。名前だけ聞くと何がなんだか分からないと思います。そこで、ちょっと聞きなれない“するもん汁”は、一体どこの郷土料理で、どんな料理で、どうやって作るのか紹介します。
 


 
スポンサードリンク


するもん汁はどんな料理?

この呼び名から予想すると、土地の名前に由来しているか、キャラクター名を思い浮かべるかもしれませんが、どれも違います。
 

するもん汁は料理方法が由来?

「するもん」は魚のすり身の事です。つまり、「魚のすり身の汁= つみれの汁」という郷土料理の事になります。
 

どんな魚を使った汁のこと?

決まった魚料理の事ではありません。どんな魚を使っても構わず、地の魚をすり身にして汁に入れて構いません。
 
 


するもん汁はどこの郷土料理?

魚のすり身料理だけなら、全国各地に様々な料理があります。それでは、このするもん汁はどこの料理なのでしょうか?
 

どこの郷土料理?

一か所の土地というわけではありませんが、主に房総半島周辺の郷土料理となります。因みに、有名漁港というと、勝浦が筆頭に挙がるのではないでしょうか。
 

房総付近ではどんな魚を使っているの?

イワシやサンマが多く水揚げされているので、これらの魚のすり身を汁に入れています。また、ちょっと珍しくて、「シイラ」のすり身を使うこともあります。
 
今度は、「シイラ」を使ったすりもん汁の作り方について紹介しますね。
 
  

スポンサードリンク

するもん汁の作り方は?

魚のすり身汁なら、つみれを作って汁に入れれば完成では?と思われるかもしれませんが、折角なので、シイラを使った作り方を簡単に紹介しておきますね。
 

すりもん汁の材料は?
シイラ

ショウガ
大根
人参
豆腐
玉ねぎ
  
味噌
醤油
みりん
 

すりもん汁の作り方は?
1、鍋に水を張って昆布を入れる。「出汁をとる」ため
 
2、三枚におろす
 
3、皮を剥ぐ
・皮と身の間に包丁を入れて引く
 
4、「身を細かく切り、すり鉢」で擦る
 
5、擦った身に「卵・味噌・おろしショウガ」を入れる
 
6、「大根、ニンジン、玉ねぎ、豆腐」などを入れる
・大根とニンジンはいちょう切り
・玉ねぎはお好みの食べやすい形で
・豆腐お好みの形で
 
7、出汁”1”に、具の”6”を入れて火を通す
 
8、「醤油とみりん」で味付けして、「すり身」を入れる
・すり身は、一口サイズに丸めてから入れる
・すり身の形はお好みでどうぞ
 
 
 


最後に・・・

この料理を簡単にまとめると次の様になります。
「するもん汁はしょうゆベースの汁」
「魚のすり身を入れる」
「お好みの具を入れる」
 
勿論、さらにアレンジしてみそ汁にしたり、ごま油を垂らして香りをつけたり、ネギや葉物野菜などを加えても構いません。それでは、新たにするもん汁を食卓のレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 料理

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。