釣りの時の紫外線対策はいつから何をするのが有効?

   

スポンサードリンク

都会で紫外線対策が話題になるのは、春の終わりから初夏の頃。この時期から急激に紫外線量が跳ね上がります。それでは、海や川などで釣りをする場合はどうなのでしょうか?いつ頃から、どんな紫外線対策が有効なのでしょうか?
 


 
スポンサードリンク


釣りの時の紫外線対策はいつから?

街中では、大体GW前後辺りから紫外線を気にし始めます。そして、5月に入るとしっかり日焼けした人と、日焼け対策をした人の差が出てきます。
 

紫外線を気にするのは陸地も海も同じ?

陸地の紫外線量と、水辺や雪上の紫外線量は全く異なります。水も雪も紫外線を反射するからです。つまり、直接頭上から来る紫外線は、陸も水辺も同じ。地面や水に反射して、下から来る紫外線は水辺の方が多い。ということになります。
 

海や川で日焼け対策はいつ頃から?

4月下旬~5月頃から紫外線量が増します。上からも下からも紫外線が来る、仮に2倍になるとすると、もっと早くから紫外線対策が必要になります。「3月下旬~4月上旬」には日焼け止めが必要になると思った方がいいでしょう。
 

紫外線対策には何が有効?

紫外線を防ぐには、二つしか方法がありません。肌を露出しない事(日に当たらない)と、日焼け止めを塗ること。
 
 


釣りの時の紫外線対策に日焼け止めは?

釣りをスポーツと呼ぶか、ゲームと呼ぶかは個人の好みにお任せします。アウトドアスポーツにおける暗黙のルールは、自然環境を壊さない。生態系へ影響を及ぼさないこと。かみ砕いて言い直すと、木の枝を折ったり、ごみを捨てないなどということになります。
 

日焼け止めクリームは生態系に悪影響?

近年、環境科学の研究によると、日焼け止めクリームに含まれるナノマテリアルと呼ばれる成分が、甲殻類、藻類、魚類、貝類などの成長に悪影響を与えていることが判明していると、「ナショナル・ジオグラフィックス」で掲載されました。
 

スポンサードリンク
日焼け止めクリームの使用はOK?ダメ?

アメリカの研究者達の間では、意見が二つに分かれています。理論的には悪影響を与えているけど、人が食べたり、生態系が壊れる心配はないという意見。深刻な問題に発展する可能性はある、海岸側の海洋生物に影響が出始めているという意見。どちらにしても、「日焼け止めクリーム」が原因になっていることは判明しています。
 
それでは、日焼け止めクリームは使っても良いのか?悪いのか?海水浴では体に塗ったものは、多少でも水に流されてしまいますが、自己判断で構いません。私的には、なるべく海に流さないように気を付けて下さいねという意見です。
 

釣りの場合の日焼け止めクリームは?

基本的に水に触れるのは「手」だけです。また、水辺は風があるので、真夏まで街着より一枚多く服を着るか、風を遮る服装をしています。自然と紫外線対策が出来ています。後の問題は「顔」。帽子を被っても、下から照り返す紫外線は防げません。多少の日焼け止めクリームを活用すると良いでしょう。
例えば、「ブリサマリーナ UVクリーム SPF50」(参考までに)
 
 


紫外線対策の服!素材と服の色は?

海や川で泳いで遊ぶときは、薄着になるので、多少の日焼けは仕方ありません。釣りの時は、ある程度着こんでいます。それならば、いっそのこと、更に紫外線対策を講じてみてはいかがでしょうか。
 

暑い日にはどんな服が有効?

アウトドア用の長いパンツ、上はラッシュガードか化繊の長袖Tシャツがおすすめ。化繊は汗を吸って速乾なので、快適度が増して紫外線対策にもなります。因みに、ピチッとしていると汗を吸って乾燥させやすいのと、ダブッと緩みを持たせて着ると風が抜けて快適という違いがあります。これは好みの違いとなります。
 

どんな色が紫外線対策には有効?

一般的なことかもしれませんが、「黒系は避ける」のがアウトドアの基本。光を吸収するので、より暑くなりやすいからです。「白系がおすすめ」で、白は光を反射するので、黒系より幾分マシになります。ただし、白は汚れが目立つのが欠点。そんな時は、ベージュや、薄い黄色など、明るい色が有効です。
 
 


最後に・・・

釣りの時はジッとしているので冷えやすいものです。少し厚着なのが基本ですが、3月下旬頃から紫外線対策をしないと、あっという間に日焼けするので、焼きたくない人は注意してくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。