釣り糸のポンドは何が基準で決まる?号数との関係は?

   


 
釣り糸にはlb・ポンドという糸の基準と、号という糸の基準があります。どちらも数字が大きくなると大きな魚を対象にした糸になり、数字が小さくなると小さな魚が対象となりますが、これらのポンドと号とは何が基準で、大小の数字が決まるのでしょうか?
 


 
スポンサードリンク


釣り糸のlb・ポンドはどんな基準で決まる?

「lb・ポンド」とは、見てお判りの通り、海外から来た言葉です。本来は主に重さの単位を表す言葉です。例えば、体重や車両や荷物などです。それでは、釣り糸のポンドとは何の事なのでしょうか?
 

lb・ポンドの語源は?

ラテン語の「libra」という重さを表す単位が由来で、二つのアルファベットの「lb」が現在も使われています。因みに、イギリスの通貨・ポンドも同じ語源となります。(日本語ではポンド、英語ではパウンド・poundと呼びます)
 

釣り糸のポンド何が基準で決まるの?

先程から、ポンドは重さを表す単位と紹介してきました。釣り糸の場合も同じで、「引っ張ったときに切れる重さ」が基準できまります。つまり、「ラインの強度= どれくらいの重さで切れるか?」ということになります。
 

lbをkgにすると?

日本では一般的でないlbです。日本の重さの単位のkgに換算すると「1lb= 約450g」「100g= 0.22lb」となります。つまり、釣れる魚の大きさや重さがどれくらいが平均なのか?それに合わせて糸を選んでいるということです。
 
 

スポンサードリンク

糸の号数はどんな意味?

日本の釣り糸は、主に「号」という単位で標示されています。それでは、この単位は何を基準に決められているのでしょうか?
 

釣り糸の号とは?

号数の基準は、釣り糸の「太さ」によって決まります。太くなるにつれて数字が多くなり、細くなると数字が小さくなります。因みに、糸は細ければ細いほど、魚の警戒心が減少、または気づかれずに餌に食いつきます。
 

1号はどれくらいの太さ?

細い釣り糸には、例えば0.5号の様に小数点で表すものから10号など、大きな数字のものまであるので、1号という太さを基準に説明します。「1号=0.165mm」「2号=0.235mm」「3号=0.285mm」~「10号=0.520mm」と一定に太くなるわけではありません。
 
 


釣り糸の号はポンドに置き換えるとどうなる?

これまでの説明でお判りの通り、釣り糸の「強度・ポンド」「太さ・号」の2種類の単位であらわされています。
 

lbと号の関係は?

目安として簡単にご紹介します。「1号=4lb」「2号=8lb」~「10号=40lb」と1号ごと4lbづつ増えていきます。
 

釣り糸の強度と太さは世界で統一されている?

残念ながら、どちらもブランドによって異なります。また、世界基準で号とlbの関係が決まっているわけではありません。だからA社とB社で、同じ1号でも太さが微妙に異なる場合や、同じ号数なのに強度が異なる場合があります。二つの単位の関係は「目安」として考えて下さい。
 
 


最後に・・・

糸と針と竿、そして餌があれば魚が釣れますが、より多く釣るには魚に合った糸を選ぶのが第一歩。ちょっとこだわってみてはいかがでしょうか?
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの仕掛け

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。