しらすが美味しい季節はいつ?有名な産地とおすすめの食べ方は?

   


 
しらすとは、魚の種類ではありません。稚魚、つまり小さなサイズの魚の事です。そんなしらすにも、ちゃんと美味しい季節がありますがいつ頃なのでしょうか?また、どこが有名な産地で、そんな産地ではどんな食べ方がオススメなのか紹介しますね。
 


 
スポンサードリンク


しらすの旬の季節はいつ頃?

しらすと聞けば、お店では真っ白くて、軽く干された、小さな魚を思い浮かべると思いますが、あれは、干したしらすのことです。そんなしらすは、どんな種類の魚で、いつが旬なのでしょうか?
 

しらすはそんな魚の種類?

カタクチイワシ、マイワシ、イカナゴ、アユなどの稚魚で、殆ど色素がな白っぽい半透明の状態の魚の事です。
 

しらすはいつが旬?

一般的に旬とは、おいしい食べ頃の季節の事で、殆どの食材が一年に一度訪れます。でも、しらすの場合は、「春と秋」に多く収穫される季節なので、「一年に二回の旬」と思って下さい。
 

何月頃を目安にしたらいいの?

四国、紀伊半島、相模湾、三陸では、水温や環境の違いから、全く同じ月が食べ頃、多く水揚げされるというわけではありません。大体「4月~6月頃」「9月中旬~12月上旬頃」と覚えておくといいですよ。
 
 


しらすが有名な産地はどこ

殆ど全国のスーパーでは、量の違いはあっても、ほぼ一年中しらす干しが販売されていると思います。でも、水揚げされたばかりの、最上の鮮度の良いしらすを食べたいと思う人がいます。それでは、どの辺りが有名な産地なのでしょうか?
 

スポンサードリンク
しらすが多く水揚げされる産地はどこ?

太平洋と瀬戸内海の沿岸で捕れます。勿論、マイワシの稚魚やイカナゴの稚魚など、魚種の違いはあります。有名な地域は次の通り。
「愛媛県・宇和海の川之浜漁港など」
「淡路島・岩屋港など」
「三河湾・篠島・日間賀島・師崎など」
「静岡県・静岡市の用宗港・清水港・由比漁港・田子の浦など」
「神奈川県・江の島」
「宮城県名取市・閖上漁港」(しらす漁の北限と言われています)
 

どこで美味しいしらすが食べられるの?

漁港内の食堂で食べられる場合や、しらすパークの様な観光地、また、漁港近くの町中の食堂などで食べられます。こればかりは老舗から新店など、状況が刻一刻と変わるのでマメなチェックをお願いします。
 
 


しらすの美味しい食べ方のオススメは?

普段、家庭で食べているのは「しらす干し」になります。鮮度の良いしらすの、美味しい食べ方は「生」か「茹でたて」か「調理仕立て」になります。
 

生での食べ方は?

ご飯に乗せて食べるか、しらすだけで食べるというのが一般的な生しらすの食べ方です。肝心なのは味付け!ポン酢、醤油か生姜醤油、麺つゆの素、大根おろしに醤油
 

調理したしらすの食べ方は?

鮮度が良いなら釜揚げがおすすめ!ご飯に乗せて食べるか、しらすだけで食べるなら、ポン酢や醤油、大根おろしなどで味付けしてください。楽しむコツはアイデア次第!シソを刻んだり、塩と黒コショウと酢なんて奇抜なことを実践するのもアリ!
 
もう一つ、しらすのかき揚げ!うどん・蕎麦・かき揚げ丼など一工夫するのもアリ!また、しらすとチャーハンや野菜の炒め物、和え物もアリです。
 
 


最後に・・・

しらすの旬は年二回、「4月~6月頃」と「9月中旬~12月上旬頃」です。それ以外の時期は、魚の産卵や成長期なので禁漁期間になるので、水揚げ仕立ては食べられません。それでは、
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 料理

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。