5月5日はどうしてわかめの日?どんな種類のわかめがある?

   


 
身近な食材、海藻の一種のわかめには記念日があります。子供の日と同じ、5月5日がわかめの記念日です。でも、この日とわかめにはどんな関係があるのでしょうか?また、魚と同じようにいくつかの種類があるのでしょうか?そんなわかめについて紹介します。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


5月5日のわかめの日はどんな記念日?

子供の日の5月5日ですが、「わかめの記念日」でもあります。いつ頃、だれが始めた記念日なのでしょうか?
 

いつ始まった記念日?

1983年(昭58年)に日本わかめ協会が定めました。また、この記念日を通じて、わかめの消費を進めようとキャンペーンを行うなど、積極的なイベント活動を行ってきました。
 

どんなイベントが行われたの?

イベントの始まりは、記念日に制定した最初の年には、東京都内・銀座で始まったといわれています。また、大阪や名古屋などでも「わかめ祭り」を行ったり、博覧会海藻を紹介するなど行われてきました。
 
 


わかめの日の由来は?

何が切っ掛けで、5月5日をわかめの記念日にしようと思ったのでしょうか?また、わかめにはどんな伝統の習慣があるのでしょうか?
 

わかめの日の由来は?

5月の上旬頃は、新わかめの採取が落ち着く時期となります。また丁度、この頃から新わかめが多く出回る時期でもあります。他にも、説は多々あるかもしれませんが、旬の時期で最もわかめが美味しくなる時期だからです。
 

スポンサードリンク
わかめにまつわる伝統行事は?

お正月の昆布飾りは別として、早朝に新わかめを捕るという神事があります。和布刈(めかり)神社という、200年に「隼人明神」「早鞆明神」として建設、1809年に和布刈神社改名された由緒ある神社です。
 
そんな神社では、冬至の日にわかめの記念祭が行われます。その後、旧暦1月1日の朝3時頃海に入って和布(わかめの類)を取り、神前にお供えします。
 
 


わかめには種類があるの?

先程、わかめの類という言葉が出てきましたが、わかめにはどんな種類があるのでしょうか?因みに、わかめを含め、海藻とは植物の一種となります。
 

わかめとはどんな植物?

植物学的な視点で言うと、わかめには「1種類」しかありません。コンブ目・チガイソ科・ワカメ属のわかめという植物になります。
 

わかめには種類は無いの?

産地によって水温や水流など、環境に違いがあります。日本では主に3タイプの違いに分けることができます。

南部わかめ・・・北海道・東北の冷水で育った北方型
 
鳴門わかめ・・・鳴門海峡の急流で育った鳴門型
 
わかめ・・・山陰地方の日本海で育った南方型
南部/三陸わかめ・・・濃緑色で、葉肉が厚く、柔らかい食感が特徴
 
鳴門わかめ・・・茹でると明緑色で葉肉が薄く、シャキっとした触感が特徴
 
わかめ・・・南部と鳴門わかめの中間の色と食感
 
 


最後に・・・

1種類しかないわかめにも、生息環境によって色と葉肉の厚さが異なるので食感が異なります。そんなわかめを5月5日の「わかめの日」に、食べ比べてみてはいかがでしょうか?
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。