鱧が梅雨の水飲んでおいしくなるというのはどんな意味?

   


 
梅雨時期の旬の魚と言えば「鱧・はも」というのは関西方面では当たり前!そして、この時期の鱧には「梅雨の水を飲んでおいしくなる」という言葉が使われます。でも、この言葉はどんな意味なのでしょうか?また有名な産地と店があるのはどこなのか紹介します。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


梅雨の水飲んでおいしくなる魚とはどんな意味?

梅雨時期に美味しくなる魚は沢山いると思いますが、なぜか鱧は「梅雨の水飲んでおいしくなる」という格言があります。一体どんな意味なのでしょうか?
 

鱧の美味しい季節?

鱧の旬の時期は、大体「梅雨時期の6~7月頃」で、産卵は夏頃になります。なぜ産卵時期を紹介するかというと、多くの魚の産卵前が最も美味しい時期と言われているからです。産卵後は栄養が子供にいって、身が細くなったり、味が抜けたりしてしまうということでもあります。
 

格言の由来は

だから、「梅雨時期に入る頃に最も美味しくなる季節になる= 梅雨の水飲んで」と季語を加えた、旬の魚という意味で鱧に対して使われてきた言葉となります。
 
 


梅雨が旬の魚はハモ?

梅雨時期は大体5月下旬~7月中旬となります。そう考えたら、何故鱧ばかり取り上げられるのでしょうか?また他にはどんな魚が旬となるのでしょうか?
 

スポンサードリンク
何故鱧には取り上げられるの?

日本各地の人達からすれば、「たかだか鱧がどうしたの?」程度の扱いで、美味しいらしいけど騒ぐほどのものでは無い。というのが一般的な意見だと思います。でも昔の関西では、新鮮な海の魚が手に入りづらいけど、鱧が旬の時期になる頃行われる祇園祭、天神祭りには欠かせない魚だったといわれています。だから、梅雨時期の関西方面では鱧が重宝されていました。
 

他にも旬の魚はいる?

地域によって多少ズレはありますが、広島付近の「アコウ」、愛媛付近の「スズキ」なども鱧と同じように、「梅雨の水をのんでおいしくなる」と言われている、この時期が旬の魚です。
 
 


鱧が有名なのは淡路と京都?

鱧と言えば関西方面が有名ですが、どの辺りが有名な産地で、食べに行くとしたらどの辺りが有名な街なのでしょうか?
 

鱧が有名な産地はどこ?

鱧が捕れる地域は「瀬戸内海」「大阪湾沖」周辺が有名な鱧漁の地域で、特に淡路島の南の沖で捕れる鱧の質が良い事は昔から有名です。
 

どこの町へ食べに行ったら良いの?

鱧料理が有名な町と言えば「京都」「大阪」が真っ先に挙がるでしょう。勿論、瀬戸内海各地の、鱧漁を行っている漁港周辺でも食べることは出来ると思いますが、この二つの古い町では昔から梅雨時期に食べられてきました。もし梅雨時期に行くことがあれば「鱧料理」を検索して食べて見てはいかがでしょうか?
 


最後に・・・

それでは、それぞれお住まいの地域の梅雨頃が旬の、「梅雨の水をのんでおいしくなる」お魚を堪能してくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の諸々話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。