母の日に贈るのは花だけでも構わない?他にもプレゼントは必要?

   


 
海外から来た記念日の一つ母の日は、カーネーションを贈るのが習わし。でも、日本では形のある物や食事など、様々なプレゼントも贈る人がいます。それでは、母の日に花だけ贈るのでは良くないのでしょうか?また、どんな花を贈ったら良いのかなど紹介します。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


母の日に花だけ贈るのはありきたり?

母の日には何を贈ろうか?毎年悩むことがあるかもしれません。また、花だけでは当たり前すぎて嫌がられるかも?贈り物だからキチンと何か使える物を贈った方が良い?と思う人がいるかもしれません。
 

母の日の花とは?

この記念日は、自分を育ててくれた母親に感謝をする日なので、感謝の度合い=贈り物の値段や価値。という図式にには当てはまりません。アメリカから伝わったのは、母の好きだった白いカーネンションを贈ったのが始まりと言われています。
 

花を贈るのが重要!

お礼をするとき、手ぶらで挨拶ではちょっと気まずいとき、お見舞いに行くときには花を持参すると思います。この記念日も似たような感覚で、「お母さんいつもありがとう」と花を贈ると良いと思います。
 
つまり、花だけではありきたり?ということにはなりません。花と感謝の言葉を贈るというのが、母の日の基本ではないでしょうか。
 
 


母の日の花は何がいいの?

私たちは、当たり前のように白いカーネーションを贈っていますが、近年では他の花を贈る人も増えています。それでは、母の日にはカーネーションの他にどんなを贈ればいいのでしょうか?
 

スポンサードリンク
季節の花か母が好きな花でも構わない?

白いカーネーションが基本なんだから、何が何でも基本に沿わなければ!という必要はありません。「母に感謝」が最優先なので、気持ちを込めて「この時期に咲く花」「母が好きな花」を贈るのがベスト!なぜなら、この記念日の始まりは「母が好きなカーネーションを贈った」というのが始まりだからです。
 

日本の伝統は気にしないで良い?

日本の仏教式の葬儀の時には菊やユリなどを添えます。だから、祝い事の時に菊の花はタブーというイメージがあると思います。でも、菊の花言葉は高貴や高潔といった良い意味。また、海外では母の日に菊を贈る国もあります。基本は「母が好きな花」「時期的に綺麗に咲く花」なので、もし母親の好きな花なら菊を贈っても構わないということになります。
 
 


母の日には花以外のプレゼントも必要?

花と感謝の言葉がメインと言っても、やはりそれだけではちょっと・・・という場合、どうしたら良いのでしょうか?やはり花と何かを贈らないといけないのでしょうか?
 

もう一つ贈ると良い物は?

祝いの日ではなくて、感謝する記念日なので特別な物は必要ありません。でも言葉以外に感謝を表すことが出来るものがあります。それが日本では「手紙」、アメリカなどでは「グリーディングカード/一言添えたカード」になります。
 
英語圏の人たちは、クリスマス、誕生日、結婚記念日など、カードと一緒に贈り物を贈る習慣があります。日本でも昔から一言添える習慣があるので、花以外に贈るなら「カード」を添えてみてはいかがでしょうか?
 

贈り物だけではつまらない!という場合は?

もっと形のある物を贈りたい!何か特別なことをしたい!と考える人がいると思います。そんな人は、母親が好きな物を贈ったり、母親が行きたい場所にお出かけしたりしてください。
 
 


最後に・・・

母の日は、誕生日のような祝いの日ではありません。「ああ、そうだ。今日は母に感謝しないと」と思い出す記念日です。それでは、この日には花とカードと感謝の気持ちを贈って下さいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。