黒牛舌とはどこに生息していてどんな料理がある?珍しい魚の紹介!

   


 
黒牛舌と書いてクロウシノシタという魚がいます。この魚が捕れる産地では珍しくはありませんが、都会では非常に珍しい名前の魚ですよね。そこで、このクロウシノシタとはどんな魚で、どの辺りに棲息していて、どんな料理があるのか紹介しますね。
 


 
スポンサードリンク


黒牛舌ってどんな魚?

黒牛舌・クロウシノシタという魚は、都会のスーパーのお魚コーナーで見る機会が滅多にないと思います。釣りにしても、クロウシノシタ狙いで目を血走らせて、全国津々浦々から嬉々として出かける対象の魚ではありません。それでは一体、このクロウシノシタとはどんな魚なのでしょうか?
 

クロウシノシタはどんな魚?

正式な学名は「カレイ目・ウシノシタ科・タイワンシタビラメ属・クロウシノシタ」、英語名は「black cow tongue」と言います。つまり、カレイの親戚の様な一種で、薄くて平べったくて体長約30cm、細長いのが特徴の魚です。
 

クロウシノシタは他にも呼び名はある?

有明海辺りでは「クツゾコ」、下関辺りでは「ゲンチョウ」とも呼ばれています。確かに靴の中に敷く「中敷き」のようです。
 
 


クロウシノシタは釣れる?どこにいる?

それでは、このクロウシノシタはどこで捕れて、どの辺りに棲息しているのでしょうか?また、釣るとしたらどんな場所を狙えば良いのでしょうか?
 

スポンサードリンク
どの辺りで捕れる魚?

北海道南部付近~シナ海南部付近の沿岸部に棲息する魚です。カレイやヒラメなど底引き網を引くと、一緒にこのクロウシノシタが入っていることがあることから、底魚の一種ということが分かります。
 

どんな場所で捕れる?釣れる?

日本沿岸の「砂泥底」「水深約20~60m付近」にいます。基本的にはカレイやヒラメと同じような場所となります。因みに、捕食するのはエビ・カニなどの甲殻類、貝類、小魚などです。釣りの時はイソメ系の餌で狙えます。
 
 


クロウシノシタにはどんな料理があるの?

高級魚のシタビラメの一種で、大きなサイズは直接、料理店などに運ばれるか、東京などの市場に運ばれます。小型のサイズの場合は、値がかなり低いと言われています。それでは、どんな食べ方をしているのでしょうか?
 

どんな食べ方をしている?

舌平目と言えば、フランス料理でも有名なムニエルや、和風なら煮つけが有名ですよね。だから、このクロウシノシタも同じような食べ方が主流となります。他にも、ワイン蒸し、テンプラ、ヒラメのカツなどもいけますよ。
 

小型のクロウシノシタの別な食べ方は?

味の良い魚なので様々な食べ方が楽しめますが、「すり身」にして食べる地域があります。さつま揚げにしたり、つみれにしたり、煮つけにしては小さいな、というときにはこんな食べ方もおすすめです。
 
 


最後に・・・

クロウシノシタという珍しい名前の魚ですが、舌平目の一種の美味しい魚の一種。機会があったら食べてみてはいかがでしょうか。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 料理

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。