6月3日の測量の日はどんな記念日?測量法と各地のイベントは?

   


毎日訪れる記念日の一つに「測量の日」という日があります。昔から灌漑工事やお城を建設するために測量が行われてきましたが、一体この日は何を記念していて、いつ頃始まったのでしょうか?そんな測量の日について説明します。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


6月3日の測量の日の由来は?

測量の記念日は6月3日になりますが、この記念日は、いつ・誰が・何の目的で作ったのでしょうか?先ずは、この記念日について紹介します。
 

いつ誰が始めたの?

1989年に国土交通省が制定した記念日です。当時の平成元年に、旧建設省が(国土交通省)提唱してから現在に至ります。
 

測量の日は何を記念するの?

現在の測量法が作られたのは1949年(昭和24年)6月3日でした。この法律が作られて40年という節目を記念して「測量の日」ができました。
 

測量の日の目的は?

近年、生活で地図を活用することは当たり前になっていますが、「測量」はまだ認識度が高いとは言えないと考えられて、「国民に対し、測量における知識の普及・啓発を図るため」にこの記念日を設けました。
 
 


測量法とはどんな法律?

それでは、測量法とは一体どんな法律なのでしょうか?ザッとその内容を説明しますね。
 

スポンサードリンク
測量法とはどんな意味?

日本測量協会によると、「測量は地表面上の地点の相互関係および位置を確立する科学技術である」と考えられています。
 

測量法とはどんな内容?

かみ砕いて説明すると、国や公共団体が費用を負担して土地を正確に測量。その結果を土地利用に活かすという内容になります。第1章から第8章まで、基本測量、公共測量、測量者業者、補足、罰則などに分かれています。(※参照:電子政府の総合窓口)
 
 


測量の日のイベントは?キャラクターはマッピー!

この日にはちゃんとマスコットキャラクターがいて、名前をマッピーと言います。全国にある地方測量部で「地図と測量に関するPR、普及・啓発活動」を行っています。
 

6月3日にはどんなイベントがあるの?

全国で統一されたイベントはありません。各地方の測量部が中心に様々なイベントが行われています。例えば、東京・憲政記念館構内にある日本水準原点施設公開や、歩測大会、国土地理院・地図と測量の科学館での特別企画などあるので、興味のある方はお住まいの沖縄、九州、四国、中国、近畿、中部、北陸、関東、東北、北海道の測量部のホームページをチェックしてくださいね。
 
 


最後に・・・

因みに、日本地図を完成させたのは、江戸時代の伊能忠敬(いのう ただたか)と言いう人物で、約17年間かけて徒歩で作成させました。それでは、6月3日の測量の記念日には、地図を見ながら測量気分で散歩してみてはいかがでしょうか。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。