五目釣りとはどんな釣り?五目の語源と他の使い方は?

   


 
釣り用語で「五目釣り」という言葉があります。何だかこの釣り方は、沢山釣れそうな響きですが、どんな釣り方なのでしょうか?また、食べ物や碁でも「五目」という言葉が使われますが、本来どのような意味で使うことが出来るのでしょか?
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


五目釣りはどんな意味?

釣り用語の五目釣りとは、「複数の種類の魚を狙う釣り」という釣り方の事です。釣りに行けば複数の魚が釣れるのは当たり前ですが、基本は何を釣るのか狙いを定めて釣りに行きます。狙いの魚を「本命」、狙いが外れた魚は「外道」と呼びます。
 
つまり、予め何を釣るのか決めずに釣りに出かけて、何でもいいから釣っちゃおう!という釣りの事なんです。
 

五目釣りに場所は関係ある?

堤防で釣る、船で釣る、岩場、砂浜と、海での釣り場はいくつもあります。狙いを定めないで釣るのが五目釣りなので、「どこで釣っても五目釣り」となります。基本は海釣りです。
 
淡水魚で海釣りと同じように、同じ仕掛けとエサで何種類も釣れれば、五目釣りになります。残念ながら、湖や川の魚を釣るには、異なる針、糸、竿、エサが必要になります。だから、五目釣りにはなりません。
 
 

スポンサードリンク

五目の意味は?

当たり前のように”五目”という言葉を使っていますが、改めてどんな意味なのか問われると、はっきりしない様な気がしませんか?辞書によると次の通りになります。

・5品目のこと
 
・種々のものがまじっていること
 
・五目並べの略
 
・様々な具材の入った料理のこと
 
五目とは、「数が多いという意味でない」「何種類も混じっている」「五という数字にちなんだ料理、ゲーム」となります。
 
 


五目はどんな使い方が出来る?

五目釣りは、何が釣れるか分からないけど「何種類でも釣る」という使い方です。この”五目”は、他にどんな使い方があるのでしょうか?
 

料理では?

五目そば、五目稲荷、五目寿司、五目ごはん、などがあります。ところが、料理の場合は二通りの使い方があって、「五品目入っている料理」「数は関係なく沢山具が入っている料理」があります。
 

料理以外では?

五目釣りは先にあげた通り、他には碁の一つの「五目ならべ」、専門を決めず何でも教える人間の「五目師匠」「五目講釈」などがあります。どちらも五品目でなく、「いくつも種類を混ぜる」という意味の使い方をしています。
  
 


最後に・・・

釣り用語の五目釣りに始まり、料理、ゲームなどがありましたが、生活の中で似たような場面に出くわしたら、新しい造語で五目〇〇と作ってみてはいかがでしょうか。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 釣りの話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。