ハタハタの旬の時期と味は秋田と鳥取でどう違う?いつが旬?

   


 
ハタハタ料理では、秋田県のしょっつる鍋やみそ田楽などが有名ですが、旬の時期はいつ頃なのでしょうか?また、有名は産地は、兵庫県や鳥取県の方が多く水揚げされています。そんなハタハタの旬の二つの旬の時期と味の違いを説明しますね。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


ハタハタの旬は2種類ある?

ハタハタは日本海の東北から中国地方にかけて捕れますが、これだけ離れていると季節が違ってきますよね。そう考えれば、旬の時期がずれるから旬の時期も違うと思うかもしれません。でも、他の理由で二つの旬の時期があります。
 

どうして年に2回旬の時期があるの?

捕る時期が違うのは、”産卵前”と”産卵後”に捕ります。そこに西と北で季節の違いがある事から、ハタハタは「冬と春が旬」となります。因みに、卵持ちのハタハタと卵は「ブリコ」で、子なしのハタハタは「シロハタ」と呼びます。
 

ブリコとシロハタの旬の時期はいつ?
ブリコ・・・11月下旬~1月末頃
 
シロハタ・・・3月頃~5月
 
 


秋田のハタハタの旬はいつ?

ハタハタ料理で有名なのか、鍋料理で有名なハタハタなのかは横に置いておいて、しょっつる鍋は有名です。この鍋の主役”ハタハタ”の旬は、いつなのでしょうか?
※しょっつる鍋については、別記事「しょっつる鍋は何を使ったどんな料理?」をご参照下さい。
  

スポンサードリンク
秋田のハタハタの旬は?

「11月下旬~1月末頃」となり、ブリコを持っている時期が旬となります。ハタハタの名前の由来は、冬の雷の時期に多く捕れるからで、雷の魚という意味で「鰰」という字がつけられました。

子持ちのハタハタ/ハタハタの卵→ ブリコ
 
秋田のブリコ旬の時期→ 冬(11月下旬~1月末頃)
 
 


鳥取のハタハタの旬はいつ?

今度は、秋田から南西に離れた、鳥取のハタハタの旬の時期はいつなのでしょうか?因みに、この魚の水揚げ量は、兵庫県、鳥取県、秋田県の順となります。
 

鳥取県のハタハタの旬は?

ブリコに対してシロハタを捕るので、「3月頃~5月」が旬の時期となります。ブリコは美味しいので人気が有りますが、この地域に来るハタハタは産卵前後になるので、卵は持っていません。

子なしのハタハタ→ シロハタ
 
鳥取のシロハタ旬の時期→ 春(3月頃~5月)
 

水揚げ制限されるハタハタ!

産卵場所となる、秋田を始め新潟以北では、一時期禁漁となりました。今でも小型(15cm以下)のハタハタは逃がすようにしています。昔はブリコを持った”冬が旬”でしたが、今は卵を持っていない”春が旬”と考えられます。

ブリコ・・・冬は規制で食べる機会が減った
 
シロハタ・・・春に最も多く出回る
 
 


最後に・・・

冬のお魚屋さんにハタハタが並んでいたら見逃さないで下さいね。1年で最も多く水揚げされるのは春。それでは、冬から春にはハタハタをお楽しみくださいね。
 
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 魚の諸々話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。