12月1日の鉄の記念日の始まりと由来!いつ誰が制定した記念日?

   


 
日常生活のいたる所で使われている「鉄」。その鉄を記念した日がありますが、いつ頃、誰が、どの様な目的でこの様な記念日を制定したのでしょうか?また、どうして12月1日が鉄の記念日なのかを説明しますね。
 

スポンサードリンク

 
スポンサードリンク


鉄の記念日の始まりと制定したのは誰?

人類が鉄を作り始めたのは、紀元前約1180年のトルコ周辺といつ説が有力と言われています。日本で最も古い鉄は、縄文時代末期(紀元前3世紀頃)が福岡県で発見された物、生産は弥生時代後半から飛鳥時代前半と言われています。残念ながら、遺跡の発掘調査から様々な説があるので、「いつ」と決定した説はありません。そんな鉄の記念日とは?
 

鉄の記念日は何を記念しているの?

日本には独自の製鉄技術はありましたが、「江戸時代、日本で最初に洋式高炉に火が入れられた日」を記念しています。
 

鉄の記念日はいつ誰が制定したの?

この記念日は、「1957年12月1日に日本鉄鋼連盟」が制定。この洋式高炉は「近代製鉄の父・大島高任」という人物が造りました。
 
※日本鉄鋼連盟は、1948年に設立された一般社団法人です。
 
 


鉄の記念日の由来は?

日本に洋式高炉が作られる前は、「蹈鞴(たたら)という製造方法」が使われていました。たたらとは、空気を細い先端から吹き出させる「鞴(ふいご)」のことで、製鐵のときは足で踏む大きいサイズの物を使いました。「鞴を踏む= 蹈(ふむ)+ 鞴(たたら)」ここから、蹈鞴という言葉になり「たたら製鉄」と呼ばれるようになりました。幕末頃最盛期を迎えます。
 

スポンサードリンク
洋式高炉が日本に入ってきた背景は?

幕末~明治の初め頃といえば、開国するかしないかで戦争があり、物と文化が日本に流れ込んできた頃でもあります。つまり金属の需要が急激に高まった頃です。
 
たたら製鉄の炉は、細長い「約長さ300cmx 幅90cmx 高さ110cm」という大きさに、木炭と一緒に加熱、一度鉄を作ると炉を壊して、また炉を作り直します。

一方、洋式高炉は、円柱型で「外周5.5×5.5mx 高さ2.7m」となり、木炭や石炭の代わりにコークスになり、炉は繰り返し使用されます。
 
こうして、より経済的に効率良く鉄が作れるようになり、現在では、電気炉の一種アーク炉に進歩していきます。
 

どこで洋式高炉が始まったの?

日本最初の高炉は「岩手県釜石市」に作られました。当時はまだ江戸時代だったので「南部藩」となります。残念ながら、この高炉は22年間活躍して廃炉となります。
 
 


鉄の記念日には何があるの?

折角の鉄の記念日ですが、全国で統一されたイベントは行われていません。各地で記念イベント的な活動がある程度です。
 
その中で、唯一毎年イベントが開催されているのは、日本で最初に洋式高炉が導入された「釜石市の鉄の歴史館」で鉄の週間があります。12月1日を含めた土曜日~日曜日の間、いくつかの企画が行われます。
 
→ 「鉄の歴史館ってどんなところ?」(釜石市・鉄の歴史館HP)
 
→ 「釜石市周辺の観光
  
 


最後に・・・

世間ではあまり知られていない「12月1日の鉄の記念日」ではありますが、ご興味のある方は釜石市のへ行かれてみてはいかがでしょうか?現在、日本初の洋式高炉は国指定史跡になっていますよ。
 
何はともあれ、鉄の大量生産が始まったのは「1957年12月1日」、日本の鉄生産は6世紀頃となります。
 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 - 四方山話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。